追悼の詩

音澤 煙管

追悼の詩

何度目の空だろう……


意味があるから、
この世に生まれてきたんだ。

訳があったから、
あの世へ旅立っていったんだ。

今生きて居る者は、
意味も訳も理由もあるんだ。

前世や後世を語る者たち、
君たちには生きる価値を、

解って居るのかい?
意味があるかい?
理由を語れるかい?


幼くして亡くなっていった者、
不慮の事故に遭った者、
どこかへ死に場所を探しに出て行った者、
あの世へ逝く前に叫んだ者、


皆んな、
ぼくらの仲間だったんだ……



泣いていた季節が終わり、
明るく暑い季節に変わったこの空を
ジーッと見上げて飼い猫のぼくが、
思った事だった……



あいつら、
あっちの世界で
元気にやってるかなぁ?

追悼の詩

追悼の詩

生きる意味には、訳があるんだ。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-07-16

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted