うたたね

桐原 水刃

 よく晴れた日の水際で、あなたの名前を呟きながら、いつまでも微睡んでいた。そんなささやかな耽美がまぶしく六月を彩った、讃美歌を歌うように。

うたたね

うたたね

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-07-16

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted