窓辺の呟き

窓辺の呟き

音澤 煙管

聞こえるのは、心の声……



頭が賢い悪いは別にして、
季節も感じる人である。

昨日のことは今日続く、
明日のことはわからない。

今生きてるから、
昨日以前の頭の中で。

昔の頭で今を過ぎると、
同じようなシーンに遭う。

決して重ならない重ねない、
過去に失敗しているからね。

苦い思いはしたくない、
だけど何となくまた苦くなる。

人生はそんなに甘くない、
人に近寄らない蟻んこみたい。

嫌なこと損すること、
人の時間はくだらない。

我儘に生きてこそ、
人であり人らしく居る。

らしくありたいと願う頃、
嫌なシーンに巡り遭う。

あ、まただ……
嫌な思いが先走る。

頭の中は二択の道が、
難逃れる道と二度目の苦さ。

こうしてまた生きて居る、
結果は飼い主に聞いとくれ?

ぼくは窓辺で日向ぼっこ、
猫のぼくには関係ないさ…… 。

窓辺の呟き

窓辺の呟き

我輩は、のんびりツイートする毎日である。

  • 自由詩
  • 掌編
  • アクション
  • ミステリー
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-07-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted