短々落語「粋な床屋」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「粋な床屋」

今日はどういたしましょう。

そうだね、2センチほど切っておくれ。

かしこまりました。

(チョキチョキと髪を切り始める)

入り口にあった盆栽(ぼんさい)、マスターが作ったのかい。

えぇ、なんせ髪切りがカット専門の10分になったでしょ、だから時間が余っちゃって。それで盆栽を始めたら、はまりましてね。あんな小さな鉢に(はち  )でも大自然の美を表現できますでしょ。で、段々とわが子のように可愛くなっちゃって。旦那(だんな)、もみあげは、どうしましょう。

そうだね、自然な感じで。ところであの盆栽に名前はあるのかい。

えぇお恥ずかしながら、こけももちゃんと呼んでます。

(髪を切り終え、鏡をだし後頭部を映す)
いかがでしょう。

うん丁度(ちょうど)いい。

横はいかがでしょう。

うむちょっと、もみあげをよく見せておくれ。(目を凝ら(こ )し)なんだいこれは。

えぇ自然な感じと言われましたので、「枯山水(かれさんすい)こけもも」風に仕上げました。お気に召しませんか。

いや粋だ(いき  )、もみあげに侘び寂び(わ さ )がある。


 

短々落語「粋な床屋」

お後がよろしいようで。

短々落語「粋な床屋」

今日はどういたしましょう。そうだね、2センチほど切っておくれ…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-07-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted