短々落語「鶴亀算」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「鶴亀算」

ご隠居ご免よ、与太郎の宿題(しゅくだい)ちと見てくんねぇか。(ほれっ)

「タコとイカが合せて3匹、足の数が合せて26本の時、タコとイカは夫々(それぞれ)何匹か。(なお)タコの足は10本イカは8本である」

どうだい、ご隠居。


八つぁん、これは「鶴亀算(つるかめざん)」で解けるぞ。


なんだい、鶴亀算って。


ちょいと例題(れいだい)で考えるよ。
「ツルとカメが合せて5匹、足の数が合せて16本の時ツルとカメは夫々何匹いるか」なんて例題があったとする。まずは全部をツルと考える。5匹全てがツルだと足の数は2本×5匹で10本。これは実際の16本に比べ6本少ない。この6本の差をツルとカメを交換する様に考えるのじゃ。6本差を埋めるにはツルとカメの足の本数差、2本で割った回数分つまり3回換えればよい。で5匹の内3匹がカメに換わり2匹はツルのまま。だからツルが2匹、カメは3匹となるのじゃ。わかったかい、八つぁん。


わかったよ、問題(もんだい)がタコの足だから鶴亀算じゃなく、たこ足算(あしざん)になるんだろ。


違う(ちが  )よ。


 

短々落語「鶴亀算」

お後がよろしいようで。

短々落語「鶴亀算」

ご隠居ご免よ、与太郎の宿題ちと見てくんねぇか。(ほれっ)…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-07-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted