短々落語「つるとかめ」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「つるとかめ」

昔々(むかしむかし)の事じゃった、かめが車内で立っていると、優先席が一つ空いたそうな。かめがそれを見つけると、我先(われさき)にと言わんばかりに向かったそうな。誰にも邪魔されず、やっとこさ腰かけようとした時じゃった、細身(ほそみ)のつるが、つつーと横から入り座ってしまった。流石(さすが)に甲羅にカチンときたかめはこう思った「ちぇ、席を譲る気なんぞ毛頭ない、このつるが!」とね。暫く(しばら  )して水天宮につくと、釣り人、そう浦島太郎風の男が、棚にある荷物、そう玉手箱風の(かめ)を置き忘れたまま席を立ったんじゃ。かめは、しめしめと思いその席に座ったんじゃ。と、棚から先の甕が落ちて、かめの頭に当たった。そして床に落ちた甕の(ふた)がパカッと開くと、そこから白い煙がモクモクと立ち上ってきた。すると、


すると、どうしたんだい。ご隠居。


すると髪の毛はすっかり抜け落ち、つる禿げ(は )となり、かめは老人に化けた。それでようやく周りが納得した、めでたしめでたし、という与太話さ。


 

短々落語「つるとかめ」

お後がよろしいようで。

短々落語「つるとかめ」

昔々の事じゃった、かめが車内で立っていると、優先席が一つ空いたそうな。かめがそれを見つけると…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-07-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted