短々落語「南の瓜」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「南の瓜」

(え~毎度ばかばかしい話を一席、お付き合いのほどを。世の中には、現物を持たず、先の将来にそれを決め値で売り買いする、なんてちょっと胡散臭い商い(あきな  )もあるようでして…)

かぼちゃ、唐茄子(とうなす)、パンプキン、どうだいどうだい、南京(なんきん)が安いよ。よっ、そこの旦那、かかぁへの土産話(みやげばなし)に一つどうだい?

かぼちゃ、いくらだい?
キロ百円でさぁ。

唐茄子は?
キロ百円でさぁ。

では、パンプキンは?
キロ百円でさぁ。

じゃぁ、南京は?
キロ百円でさぁ。

どれも同じなのかい。

当り(あた  )前田(まえだの)大車輪(だいしゃりん)キック、どれも南の瓜の呼び名ですがな。旦那、知らないのかい?こう見えて素人(しろうと)さんだね。

本当に同じ南の瓜で名が違うだけかい、折角なので貰おうかね、試しにかぼちゃとパンプキンを一つずつ持ってきておくれ。

旦那、馬鹿言っちゃぁいけねぇ、ここにはありませんぜ。

ここにないって、どういうことだい。

旦那いやだなぁ、南の瓜だけに、「からうり」と相場は決まってらぁな。


 

短々落語「南の瓜」

お後がよろしいようで。

短々落語「南の瓜」

(え~毎度ばかばかしい話を一席、お付き合いのほどを。世の中には、現物を持たず、先の将来にそれを決め値で売り買いする、なんてちょっと胡散臭い商いもあるようでして…)、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-07-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted