タマがいなくなった日

小鳥遊 颯来

タマがいなくなった。
ばあちゃんを残していなくなった。
雨の降る朝、タマは一人で虹の橋を渡っていった。

車庫でもリード、ばあちゃんとの散歩もリード。
そのせいで、公園では、よく犬と間違えられた不思議な猫。
ある時は私に擦り寄ってきたり、またある時は、抱っこしていたらいきなり口元を引っ掻いてきたり。
私のことが好きなんだか嫌いなんだか、よくわからない、気まぐれ猫。
だけどタマは、私の癒しだったし、みんなの癒しだったと思う。

そんなタマがいなくなって、私はとても悲しくなった。
涙が止まらなくなった。

でもタマはきっと、虹の橋でまた元気になれる。
虹の橋で元気になって、ばあちゃんを待っていてくれる。

タマ、たくさんの癒しをありがとう。
タマがいなくなった日のことを、私はずっと忘れない。

タマがいなくなった日

タマがいなくなった日

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-06-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted