短々落語「なんか違う(違和感)」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「なんか違う(違和感)」

ご隠居、いるかい?

なんだい、熊さん。

ご隠居、話したい事があるんだけどちょっといいかい?

いいよ熊さん、話してごらん。

先日飲み屋で一人飲んでたら隣の会話を小耳に挟んだんだ。男はボンボンらしく初めての海釣りで口のでかい魚を釣った、こんな魚は見た事ない、世界中の海にいるのか知りたくなって世界一周した、そして彼女に自慢げにこう話したんだ、“世界は人種のうつぼ、だけど、人に会うたびにそんな魚はいない、うつぼをぬかすなって言われたよ(笑)”ってね、おいらはこいつ外国語もわかるんだ凄いな、なんて感心したけど、なんかこう違和感を感じてね、地下鉄をどこから入れたのかと同じくらい考えだしたら夜も寝れねぇんだ。

熊さんよ、それは釣った魚がうつぼで、坩堝(るつぼ)とうつつの聞き間違えじゃないのかい。

いやいやご隠居、何度も同じ話をしていたから、うつぼだよ。ほらみて小耳にイカ。

熊さん、それを言うなら、耳にタコだよ。

短々落語「なんか違う(違和感)」

お後がよろしいようで。

短々落語「なんか違う(違和感)」

熊さん飲み屋で小耳に挟む…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-06-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted