抜け殻

音澤 煙管

抜け殻

人生の道半ば……

人生の脱皮をする頃

特に、気にしていた訳でもない。
そんなに、深い想いだった訳でもない。
黙って居ても、夜空を眺めて居ても、
時間は過ぎ去って今が在る。

人の心は滑稽で、先には見えないものを常に欲しがる生き物だ。
後に残した時間を想う時、今在る自身の後悔が先に立つ。
費やした時間は、自身の為ではないのなら尚更滑稽だ。

たかが人生、されど人間。
想いのほか、目を閉じた時に鮮明に現れる。
そのまま、深い眠りの中に入れば現実から逃げられる。
本当の、心の奥底に目覚める時となる。
我が胸中に首傾げる度、過去の想いが溢れ出す。
回想から現実へと、願い虚しく動き出す。

心に想いが溢れると、その感情は止められない。
それも、時間と想いが平行線に続いた時。

深い眠りと、深い想い。
浅い眠りと、消したい想い。
後者を生きようとすると、自身を見失う事になるだろう。
あの日から、こうして生きてきた。
自覚し目覚めてから、
今在る自身が抜け殻となる……

抜け殻

終活の準備をするとしようか?

抜け殻

ワガジンセイニクイナシ

  • 韻文詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-06-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted