短々落語「隣の客」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「隣の客」

ご隠居てぇへんだ、てぇへんだ。

どうしたんだい、八つぁん。

隣の家に囲いができちまった。

そうかい。それで、どうしたんだい?

隣の竹垣に竹立てかけた。

へー。

そしたらね、隣の竹垣に竹立てかけた竹から、蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ、合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ、現れたので、あっしは、赤巻紙、青巻紙、黄巻紙、持ってご挨拶にあがったのさ、するとね、赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ着た坊主がでてきて、坊主が屏風に上手に坊主の絵を書いた、驚いたあっしが庭先を見ると、そこには、柿の木柿の木かきくけこ、だからあっしは思ったね、隣りの客はよく柿食う客だってね、聞けばお勤めは、東京特許許可局、東京特許許可局許可局長。

八つぁん、よく噛まずに言えたね、見直したよ。だけど八つぁん、生麦、生米、生卵の基本を忘れているよ。そこは、赤巻紙、青巻紙、黄巻紙だけじゃなく、生麦、生米、生卵も持っていっておやり。

短々落語「隣の客」

短々落語「隣の客」

隣の家に囲いができた…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-06-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted