短々落語「豆腐の角」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「豆腐の角」

どんどんどん、
ご隠居てぇへんだ、てぇへんだ。

どうしたんだい、八つぁん、朝っぱらから。

食い逃げ、食い逃げ。

八つぁん、そう慌てないで落ち着いて、話を聞かせておくれ。(ご隠居さんにそう諭された八つぁん、ごくりと唾をのみ込み)

うん、豆腐屋の旦那の話だよ、ひと月前からふらっと男がやってきて、よほど腹を空かしていたのか、出された豆腐をペロリと食べた。代金の四文が無いから今度纏めて払うと言う、それからずっとツケ、それが今朝になって奴はこない。旦那は思ったね、これは新手の食い逃げだ、と。

まぁまぁ八つぁん、そう熱くならないで、で、奴はどんな風貌だい?

うん、背は低くて小太り、歳は三十手前、一見、海の王子風だって。

そうかい、では彼を見かけたらこう言っておやり、豆腐の角に頭打って死んじまいな。

(翌朝)
どんどんどん、
ご隠居てぇへんだ、てぇへんだ、食い逃げが、豆腐屋の角で頭打って死んじまった。
 

短々落語「豆腐の角」

短々落語「豆腐の角」

豆腐屋で事件がおこった…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-06-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted