打算的な事件

典型的な出会いを装うおんなのこ

よし、ここだ

狙いを定めて、一歩足を踏み出す。
7時44分39秒、周りに人はいない。
すぐ近くで朝の通勤特急がごうっと音を立ててフェンスをぎしぎしと揺らした。

春だ
強めの風が吹いて、桜がはらはらと舞った。
横断歩道の白黒線の合間に桜の花びらは挟まって、それから動かなくなった。

あと30秒、もうすぐであの人がこの道を通りかかる
そうしたら私は挟まった桜の欠片を踏み抜いて、あのひとの所へ走る

あの人と出会うための事件まで、あと10秒

打算的な事件

打算的な事件

春の出会いは打算的

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-06-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted