魍魎の兜

以下略

精霊の兜


振袖裂(ふりそでさ)いて 欲張りなあの子は泥塗(どろまみ)
(ひざ)を突いたのか
汚れた両の脚を 引き()って進む
目指す先には何が()るのか

魍魎(もうりょう) 見渡す限り精霊(せいれい)()
何処(どこ)彼処(かしこ)も人間は残酷だ
月影(げつえい)(さら)された私の姿は
一糸(いっし)乱れず 泣き跡すらない

一体、何処(どこ)で産まれて
一体、何時(いつ)から歩いて来たのか
行方も知らされず 進めと言われるだけの歩を
理解の外側で納得しようとしていた


花はまだ()れることを定めない
風夏(ふうか) 思いがけない空逢(そらあ)いは鎖代(くさりが)わり
心結(こころゆわ)え、満たすだけの英雄と成れ
私が今此処(ここ)実在(じつざい)していることは
葉隠(はがく)れした生命(せいめい)には何も悟られず
心結(こころゆわ)え、満たされないままの英雄は
傷を負い立ち尽くす幼子唯独(おさなごただひと)
抱き抱えることすら出来なくて
抱き微笑むことすら出来なくて



哀しさの中で
色の変わり方を知った人間は

目を細めてでも
どうしても私の姿を見ようとした


魍魎(もうりょう) (うつろ)げで淡さを知る精霊(せいれい)()
儚げに(ただよ)不知火(しらぬい)こそ希望だ
月影(げつえい)(まく)し立てる様に詰め寄って来ても
(いぶか)しげに首を傾ける大人は笑わない

一説、私は殺される為に産まれて
一説、貴方は殺す為に産まれてきたの
森の奥 更に深い私だけの世界では
私の呼吸を止める方法だけが産まれる

一体、何時(いつ)から私は息をしたのだろう
一体、この空っぽで()る胸に何が居るのか

正体は分からない この暗闇の(はて)
刃が欠けて振り下ろせない 刃毀(はこぼ)れの剣一つ


花は()れた後ですら(かお)りを残す
風夏(ふうか) 旋律(せんりつ)が必要なのは(さえず)る鳥だけ
心砕け、いつの間にか 放たれた勇者は
私が今更「生きたい」と願うことなど
葉隠(はがく)れした生命(せいめい)には何も悟られず
心砕け、冒涜(ぼうとく)を傷口に塗り始めた勇者は
一心に私の様な孤児(みなしご)を想い始める
それは掛け替えのない愛に変換されて
それは掛け替えのない心だと教わった



一体いつから私は此処(ここ)にいたのだろう
どれほど長い月日を無駄にして来たのだろう
迷路になってしまった簡単なクエスチョン
静寂(しじま)に透き通る明け方が一つ…


花は()れた、それでも種子(しゅし)は散る
風夏(ふうか)の溜息など意にも介さない
黄金(おうごん)はこの先 産まれた場所にある
私にとっての黄金(おうごん)とは私を見つけてくれた
勇者とも英雄とも呼べる貴方のこと
ただの一滴の(しずく)すら繰り返しては落ちて来ない
真夜中でこそ影を作る 月の(うた) (わび)しさに
貴方は色を掛けて私を見つけ出した
私はただの風 流れていく稲穂風(いなほかぜ)



心が砕けても
心が砕けてしまっても



心はひとつ、空っぽの胸の中
誰が()れた訳でもなく 湯気(ゆげ)のように立ち込める

精霊(せいれい)()
この(かぶと)は君に被せてみる

生涯(しょうがい) その痛みを褒めてくれる人を愛せ



生涯(しょうがい) 君を見失わない 人の横で()

魍魎の兜

魍魎の兜

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-05-27

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted