良い夜だ!!

マチミサキ

ごめんね連投です。

なんかジッとしてられなくて!!
こんなに上がるの久しぶりかも!!!

最近ね~
いや、別に
殊更に嫌な事なんて無かったのですけど

どうにも
人寂しいと言いますか

不安ばかり感じて。

芥川さんみたいな。

ぼんやりとしたとこから
もうちょっと
輪郭が朧気に鳴り出したような

ゥァーンゥァーン

遠くから
それでも
確実に近付いてくるサイレンみたいな。

いつも頑張っていただいていて
救急に
お勤めの方には
本当に申し訳ないのですが

そう
話のついでに

わたし
救急車のサイレンが
ものすご苦手なんですよ。

ちょっと
トラウマと言っていいくらい。

で、
好きなのは
今のこの音!!

出窓をダイレクトに強く叩く雨音と風音

ズザッダァーダダチレチレ
フォオーン
ブバァー

みたいな。

良いわぁー
不安感も飛ぶわぁー

もっと降れ
もっともっと

日本沈没するほど!
世界を流し尽くすほど!!

また書きます。

書きたい事は色々あるのですよ。

少しづつね。

長い夜にもなりそう
PM8:27


なんかキメツの次は呪術が流行っているらしくて
わたし
まだ拝見してないのですが。

と、いう
わたしの傍らに
本格的な呪術ブックが幾つかあるのですなぁ。

出すつもりはなかったのですが
なんか
そういうのが流行りなら
少しご披露するのも良いかな、とついつい。

これね
うーん
やっぱ
あんま
よるに
ひとり
よむもんじゃないと思う。

ずいぶん前にも
書き込みましたが

わたし
この類いので
マジでこりゃマズイって本を
手に入れた事がありますが
正直
ちょっと手に負えませんでした。

完全に発禁どころではない
と、あるお方の手記みたいな
お手製の本でしたから。

それも
お江戸の。

そういうの万が一
見掛けても
触れないように。

色々あとで後悔しますよ。
うん、せっかくですから
じゃひとつ
呪的豆知識でも挙げておきますか。

ちょっと古い
立派な旧家などを建て直したり
リフォームする時に
藁で出来た人形が見つかる事があります。

これは
この地方だけ!
とか
限定されているものではなく
日本全国あちこちでね。

わたしも
一時期よく書き込んでいたとおり
ずいぶん
色々と戸建て物件を拝見しましたが
確実に
いうなれば【家相】というものはあります。

良い家は
そもそも雰囲気がもう明るい。

いまのこのマンションの部屋を決めたのも
それがとても大きかった。

不思議なもので
この部屋と同じ造りの部屋が
階下にもあり
最初は不動産屋さんに
そちらを案内されたのですが

この部屋は
陰の気がとんでもなかった。

あり得ないくらい暗い。

の直後に

『そういえばこの上にも空きが出来て!』

どうせここまできているのだから、と
拝見した
この部屋が

なんだこれ
本当に同じ建物の部屋なのか!

というくらいには
光が違った。

ほぼ同じ時間で両方見ちゃいましたから。

こっちは
正直
眩しいくらいでした。

よく
賃貸部屋で怖い話しみたいなのも
話題にされがちですが
ハッキリいって
そんなん一度たりともない。

うん、ないね。

もう三年目くらいですよね、たしか。
でも
なにもなかったね。

怪奇現象どころか
近隣トラブルもなく
平和そのもの。

いちど
マンション横の通路で
酔っぱらった女が追ってきましたが
それくらいかな。

あとはない。

巨大台風もやり過ごせましたし。

あ、ごめんなさい
呪術だよね。

そう
なぜ古い旧家に人形が多いか、といいますと
これは
呪法のひとつで
あまり家が立派過ぎると
そのお屋敷そのものが意思を持ち
家人に品格が足りぬと見るや
【人柱】
を欲しがるようになりかねないのだそうで。

その事前対策として
あらかじめ
見えぬ部分にそれ代わりになるよう
設置しておくのですって。

家相が良くて
みるからに明るく住みやすそうで立派なのは
素晴らしいですが
それも
過ぎると
そういう事にも繋がる可能性がある。

分相応というのは
大事みたいですよ。

ま、そんなうろ覚えなお話でした、
どかな。

呪術対戦でしたっけ?
大戦??

そういうの載ってましたか??

こんど読んでみますか。
21:02


もし
転生二週目プレイが出来るとしたら
戦闘機のパイロットに並んで
就いてみたい理想の職業が
正倉院の管理、関係者、学芸員
とにかく
正倉院のお宝に触れられる職員であれば。

ご存知の通り
正倉院のお宝は
天皇陛下の勅令がなければ
一切
なにも出来ない。

滅多に
御披露目もない。

それが
まー、見放題とはいわずとも
一般人とは比べ物にならぬほど
近くでウハハ出来る。

正倉院のお宝にいわゆる
出土品というものはなく
そのほぼすべてが
当時の新品状態から仕舞われたお宝だと
聞いたことが。

例えば
当時お付き合いがあった
何処ぞの王室から贈られた硝子の器

今では
その贈っていただいた国側の国宝でも
地層から出土し色も透明感もゼロとなったものが
我が国の正倉院には
贈られた時から土などには埋まることなく
特製の戸棚にて大事に
保存されていたりするのです。

そんなのが山ほどある。

それを護っていく一員としての誇り

遣り甲斐ありすぎ。

わたしも時の番人に成りたい。

ちなみに
私のインディアンネームは

【○○の○○の番人】

これは
と、あるシャーマンに名付けられたもの。

知られてはいけない名前。
21:42

アイスプラントとラディッシュを
食べております。

ほほう
このラディッシュは
べらぼうに辛くて美味しい。

アイスプラント

うん、
存在は知ってましたが
こうして食べるのは初めて。

?!

凄く独特の食感。

歯切れの良さでは
今迄に味わった全ての野菜の中でも
ダントツかもしれない。

それと
アイスプラントといえば
天然塩味が有名ですが

これ、少し酸味がある?

なんか
食べてすぐじゃなくて
後味にほんの少しの酸味を感じます。

いえ、
けして悪いお味ではない。

アイスプラント自体の味わいでは
クセがほとんどないというのが
わたしの感想かな。
22時7分

良い夜だ!!

良い夜だ!!

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-05-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted