世界の果ての遊園地

k.ii

 西の果てに遊園地がある、と聞いた。
 そこを目指している。
 
 
〝すべての雲が風に逆らい 西へ流れる。〟
 
  
 なぜかはわからない。
 そこがほんとうに楽しいところなのか、ぼくはほんとうに楽しい時間を過ごすために行くのかも、わからない。
 
 
〝すべての水が海に逆らって
 そこに行き着く
 遊園地、
 世界は今……〟

  
 何も、わかってはいない。
 そこに、失われた子ども達がいるのかも……
 
 
     *
 
 
 聳え立つ、西の山々は険しい。
 か細い道では、ひとをまどわすけものに遭う。空を舞う禿鷹はいつも腹をすかせている。
 それでも
 幾重の山を越えてゆく
 幾重の山を越えたところは巨大な壁で
 世界がおわる。
 そのたもとに、遊園地はある。
 壁は、遊園地の壁だ……どこまでも続く……

 
     *
 
 
〝夜空に映された、あらゆる火が
 星の運びにあらがい、果てへ…… 遊園地へ。〟
 
 
     *
 
 
 世界は、今、瓶の底にとごってしまっていた。 
 とぐろを巻き、眠りに就いたまま
 世界は、漂っているんだろう
 瓶はおおきな時間を流れ
 世界は、漂っているんだろう
 
 こんな夢を見ながら
 こんな夢を見ながら……


     *
 
 
 ……どれだけ歩いたろうかぼくは。
 
 
〝あらゆる影が大地に逆らい、そこへ向かっている。〟
 
 
 とても気分が沈む。もうすぐ、辿り着こうとしているのに。
 霧が霞めて、遊園地の壁が見える。

 
 ぼくは観覧車に乗って
  あの壁を越えるんだな
 
   すべての子ども達が越えていった
    あの壁を

世界の果ての遊園地

世界の果ての遊園地

2008年2月初稿/ユリイカ2008年5月号選評欄,2010年?月六本木詩人会WEBで発表

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-04-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted