仄暗い深淵の者

岡本ゆうた

斎藤陽太

斎藤「はぁ…はぁ…くそ。ユウ。待ってろよ。今すぐ」斎藤はとある潰れた廃工場の中の階段を上から順に降りていた。階段の至る所には血の跡があり、それを踏む度に‥脳裏に見えるのは…彼女である篠宮ユウが何かに追われジワジワと殺されていく風景。

少し前の事である。

斎藤は都内にある自宅にいた。斎藤の家はこの辺りでも有名な家で周囲とは比べ物にならない程大きな家だった。

斎藤「さてと。コーラでも飲むか?」斎藤はそう呟くと…部屋の冷蔵庫からコーラを取り出し…ペットボトルのままラッパ飲みをする。

朝ごはんを作りながら、ふとTVのチャンネルを付ける。ちなみに今日の献立はたまごと食パンのトーストとウィンナーに目玉焼きだ。斎藤は眠気覚ましの為に入れたホットコーヒーを飲みながらウィンナーを焼き始める。その時だった。TVから妙なニュースが流れ始める。

ニュースキャスター「番組の途中ですがお知らせします。今朝未明。都内のアパートから女性の変死体が発見されました。女性の名は涼宮夏恋。警察は事故と事件の両面から捜査をしているとの事です!」

斎藤「物騒だな?」そんな事を呟くと斎藤はコーヒーを一口飲む。その直後部屋のインターホンが鳴り響く。

♪♪♪♪♪

斎藤「どちら様ですか?」斎藤はインターホンの通話ボタンを押してそう声をかける。

??「どちら様って!!?よく言うわね?そんな事?どーせ私の姿もカメラに映ってるんでしょ?」

斎藤「あぁ?ユウか?」

篠宮ユウ「ユウか?じゃないでしょ?陽太。あんた約束忘れてるでしょ?」


斎藤「約束??そんなのしてたっけ?」

篠宮ユウ「ほらぁやっぱりね。今日は私とデート行くって約束したじゃない?」

斎藤「ん?あぁそういえばそうだったかな?」

篠宮ユウ「もうどーせ準備できてないんでしょ?いいからとりあえずココ開けてよ」

斎藤「わかった。」斎藤はそう言うとオートロック解除のボタンを押すとインターホンを切った。

すると部屋の前の扉が自動で開き始める。

ゴゴゴゴゴゴっ扉の中には一台の車があり。ユウはそれに乗り込む。扉から斎藤の居住スペースまでは役5kmあり車を使わないと少々距離が遠い。

篠宮ユウ「陽太の所まで頼むわ」

人工AI「かしこまりました。ユウ様」ちなみにこの車には自動運転機能がついており、人工AIが目的地まで連れて行ってくれる。

斎藤はその間…顔を洗い歯を磨きながら、どんな服を着るかを決めていた。

斎藤「イクシス。洗濯できてる服のリストを5パターン程ピックアップしてくれ」


イクシス「かしこまりました」イクシスがそう言うと、斎藤のホログラムが現れ、様々な服を着た斎藤が出現した。

ちなみにイクシスとは斎藤の住んでる家事態に備え付けられてる人工AIで生活のサポートをしてくれる。


斎藤「これにするか」そう言うと斎藤はイクシスに続けてこう言う。

斎藤「3番の服を用意してくれ」

イクシス「かしこまりました」イクシスがそう言った直後‥2階の部屋のクローゼットが突然開き…イクシスが動かすロボットが斎藤の元へやってくる。

イクシス「お持ちしました」

斎藤「ありがとう。そこに置いておいてくれ」

イクシス「かしこまりました」その後…斎藤は衣服を身に纏い…身支度を整え始める。丁度そこにユウがやって来て斎藤がいる別館に入室する。

斎藤「やぁ…ユウおはよう」

篠宮ユウ「おはよう。じゃないわよ。全くもう何時だと思ってんのよ?」

斎藤「ごめん‥ごめん(汗)」

篠宮ユウ「もう。こっちは日々の仕事でつかれてるんだから‥休みの日まで疲れさせないでよね」

斎藤「だから誤ってるだろ?」

斎藤「警察官も大変だね?例の事件かい?」

篠宮ユウ「ええ。」2人が話す例の事件とは最近この辺りで頻発する原因不明の連続変死事件の事である。

ここ数ヶ月で15人の女性の変死体が見付かっているが犯人に繋がる物的証拠が現場から何一つとして見付からないが被害者の遺体には確かに何か引きずられ切り刻まれた様な跡がくっきり残っている。事件当日の被害者の行動を分析してみても被害者たちはアパートやマンションから出ておらず、また防犯カメラにも怪しい人物が一人も映っていない。という警官泣かせの事件である。

仄暗い深淵の者

仄暗い深淵の者

  • 小説
  • 掌編
  • サスペンス
  • ミステリー
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-04-29

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted