【超短編小説】おぎゃあおぎゃあ

六井 象

 何かおかしいな。あ、プラグがコンセントから抜けている。差すと、ようやく赤ん坊は泣き出した。おぎゃあおぎゃあ。「ワイヤレスにせんと面倒だぞ」義父が言う。本当にそうだと思う。おぎゃあおぎゃあ。

【超短編小説】おぎゃあおぎゃあ

【超短編小説】おぎゃあおぎゃあ

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-04-27

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted