optical rotation

つぐ

001

左遷された梅の花を好む人ここの結界ぼくも好きです

溶液の綺麗なさまに満足で活用できない化学式たち

空き家の滲んだ染みはカップの茶渋主は忘れられてゆくけど


ごちそうさまは替わるお箸を置く音に明日もよろしく一人暮らし

静けさは暗い川から表れず灯り・人々佇むだけで

002

真夜中ひとり 風は止まって
星は光る その光のあるじはもういない

ばかにされたくない思いがあるけど
今じゃ無理なの 
何光年も離れていてほしい

誰かが見える
そこに生身のわたしはいないけど

報われる未来と
想像するだけで報われてない今
違いはあるの
わたし、あなたが見える

(これが届いたことで無力なわたしは星と化す
誰かにとっては遠い昔
 
わたしにとっては現在
現在、誰かのひかりを読んでいる
わたしは誰かを星にした)

optical rotation

optical rotation

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-04-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. 001
  2. 002