焼場

ハートアート

ある葬儀屋の職員が、誰も身寄りもなく引き取り手もいない遺体を棺桶の中に納めていました。
その遺体はまるで、丸太ん棒を転がすように、棺桶の中に放り込まれていました。
死んだ後何百万円もかかるような葬式を出せるような遺体は物凄く丁寧に扱われるけれど、
誰も引き取り手もいない、市や村の福祉課が執り行うような無縁仏になるような遺体は、案外ゾンザイに扱われるのだ。
人の死は、皆平等じゃなく、人は死後も格差があるのが現実なのだ。

焼場

焼場

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • サスペンス
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-04-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted