四季子の白日夢

草也

四季子の白日夢

 事実は小説より奇なり。これは嘘隠しのない、ある事実である。
 
 惨憺たる発禁本などを遥かに凌ぐ私小説の現実は、巷にごまんと溢れている。それは近年、しきりと露だ。
 世上の全てが私小説ではないか。自己愛と私欲、私憤と私怨だ。利自が全てだ。この自己中心の極限にまで到ってしまったこの国には、もはや身を研ぐ公憤はないのか。
 だから、私ごときが敢えて為す綺談などは、浅ましい稚戯に違いないのである。
 

🎆 四季子 

 あるところに、一つ違いの義理の兄妹がいた。
 再婚同士の両親が公務員で共稼ぎだから、必定、しばしば二人きりになる。
 ××年、男が高校ニ年の盛夏。二人が夏休みの昼下がりだ。

 ぼんやりとテレビがついている。高校野球だが大して好カードではない。唇と紅い舌を濡らしてアイスキャンディを嘗めながら、自堕落な寝起きに違いない四季子が、「白昼夢って、何?」と、聞いた。

 その頃、某監督の『白昼夢の真実』という映画が封切られて、北の国の殺風景で狭い街中に、原色を散りばめた、いかにも猥褻な看板が立ち並んでいた。助演の男優がこの隣村の出身だったから、重ねて話題になっていたのである。

 四季子の黒真珠の瞳は湿り、小鼻に汗が浮いて、数本のほつれ毛がうなじに張り付いている。そして、最早、成熟する兆しの雌の重い乳房が、脈打っているのである。
 「あんな嫌らしい看板、立てて。あれって、法律はいいの?」男は答えずにテレビを眺めたままだ。すると、四季子がテーブルの上に腹這いに、豊満な身体を伸ばして、その先のテレビのチャンネルを回し始めた。
 如何にも傲慢で淫蕩な姿態だ。テーブルの角に股間が当たっている有り様なのだ。むしろ、わざと擦り付けている仕草だ。女の豊満な身体は薄いスカートに包まれているだけだから、芳紀の肉の存在を隠しきれない。淫らな尻が陽炎の様に揺らぐ。軽い目眩が男に宿った。四季子の呻き声すら、内耳に響く気がする。

 いったい、このあからさまで、匂い立つ挑発の有り様は何なんだ。最早、女はある種の前戯の愉悦に浸っているのではないか。これこそ白日夢そのものだ。
 もし、この幻術に惑わされて、男が衝動の行為に及んだら、四季子は、果たして、許すのか。抗われたらどう抗弁するのか。男にとっては、義母に当たる母親に告げ口でもされたら、破滅なのだ。男の自問が堂々巡りをする。
 
 四季子がそのふしだらな姿勢のままで、再び、せがんだ。「本当に知りたいのか?」念を押すと、四季子が頷く。
 男が立ち上がって、隣の部屋から百科事典を持って戻ると、座り直している女の眼前に、男女の生殖器のページを広げた。
 暫く凝視した女が、「何で、これが白日夢なの?」と、質す。「それを見た事があるのか?」女は答えない。ややあって、「ただの印刷だわ」と、呟いた。

 「本物が見たいのか?」男の反撃に、息を潰した女の計算高い沈黙が続く。女にとっても、甘美だが、これは危険なゲームなのである。女を支配している情感は、男への情愛などでは露ばかりもない。性欲だけが暴走する、真夏の昼下がりの、青春の戯れなのだ。

 四季子は午睡の最中に自慰をして、法悦を得たばかりなのだ。それは、いつも以上に妖しい性夢だった。
 四季子は女王なのだ。広大な庭園の一角で、大池の温泉に入っている。白濁した、得も言われぬ香りの湯泉だ。百薬に勝り、不老の言い伝えがある。潤沢な湯が、大陸のこの国随一の絹の肌にまとわりつき、肉の内まで染みてくる。実に、桃源ではないか。
 だが、ふと見ると、大池の縁で、真裸の若者が自慰をしているのである。大池に射精して立ち去ると、次の若者が現れて、射精するのだ。四季子は陶酔の極みに至り、失神した。
 意識が戻ると、だが、未だ眠っている四季子は中学ニ年の頃に戻っていて、味わった事もない快感に気が付いた。膣の奥が無性に熱いのだ。生暖かい息にも気づく。誰かがいるに違いない。しかし、目が開かない。股間が焼けている。火柱が挿入されているのだ。百科事典で見たあの陰茎だ。
 そして、四季子は再びの法悦の最中で、瞼を開いた。四季子に股がり挿入しているのは、義理の兄の男だった。あの時に、この男に処女を捧げたのだと思いながら、そんな筈はないと否定もして、やがて、四季子は自らの嬌声の反響にまみれて、夢なのか現実なのか、全く判らなくなった。そして、また悶絶したのである。
 再び、目覚めると、つい先程と変わらぬ盛夏の、異様に蒸し暑い午後だった。幾らも眠ってはいない。

 四季子は同じような夢を、やはり中学ニ年の夏にみた記憶があると思った。そして、それ以来、現実以上に感覚のある夢があるのだと、確信している。

 四季子は、先程までのその火照りで、淫行を求めているのだ。だから、決してその企みは悟られたり、先行して言失を取られてはならないのだ。若さが故の性の暴走などは、そうした方が敗けなのだ。

 すると、「在るものは、見ても罪じゃない。自然に目に入ってしまうんだもの」と、陳腐な哲学者に似せて、四季子が断言したから、男の確信が固まった。
 意を決して、男はズボンとパンツを脱ぎ、テーブルを跨いで女の眼前に座り、股間を晒した。
 四季子の粘着の色欲が視線に憑依した。午睡の性夢にも現れたが、女が見る初めての男性器の実物だ。唾を呑む。
 決して美顔ではないが、各部の輪郭が明瞭で男好きする、四季子の容貌がみるみる紅潮する。
 男は情欲を硬直させるべく意識を集中するが、儘ならない。しかし、その恥辱も含めて裸身を晒している事が、この自己中心で傲慢な女を征服している、支配の満足感すらもたらしてもいる。
 
 男は中学三年の盛夏の深夜、桃の匂いに包まれて眠る四季子を、残虐な性欲に導かれるままに夜這いをしたのである。盆踊りが終わった深夜だった。熟睡している女の股間や乳房を飽きるまで観察して、隙をみては撫でた。四季子は時おり呻いたが、決して目覚める事はなかった。今この時は、あの時のような、無為を支配する悦楽の感覚なのだ。

 「これが本物だ」「何、これ。気持ち悪い。初めて見た」「百科事典と同じ男性器じゃないか。女の、お前の女性器と同じだ。小便が出る」「女のは××って言うの?」「ここいらでは、そうだ」「どこから小便が出るの?」「その先の穴だ」「ここ?」「違う、触ってみろ」「嫌だ」「在るものを触ったって、罪じゃない、だろ?哲学だよ」「そうだわね。だったら、ここ?」「そうだ」「出るのは、それだけ?」「精液が出る」「精液って?」「精子だ」「精子って、何?」「子種だ、そこに書いてあるだろ?」「どこから出るの?ここ?」「そこだ」
「どんな風に出るの?」「でかくなって××に入れると、気持ち良くなって出る」「これがでかくなるの?」「触ってみろ」「在るものを触ったって、罪じゃない、の?」「お前は天性の哲学者じゃないのか?」「きっと、そうだわ」「だったら?」「これは何ていうの?」「亀頭」
 すると、「膨れてきた」と、四季子の声音が変わったから、男の面目が、漸く安堵したのであった。
 「固い」と、隆起を始めた陰茎に触れる四季子の息が乱れて、掠れた。

 「今度はお前の番だ」「どうするの?」「××を見せろ」「嫌だ」「民主主義を習ったろ?男女平等なんじゃないのか?」「それはそうだけど…。他に哲学はないの?」男には思い当たらない。
 「だったら、これは白日夢なの?」と、沈黙を四季子が破った。男も納得する。「本当に夢なのね?」この女は哲学的な犯罪者に違いない。「夢だ」「何をやっても夢なのね?」「そうだ」「夢だから誰にも分からないのね?」
 四季子は紫のパンティを脱ぎ捨て、スカートを手繰りあげてテーブルに座ったのである。
 男が見る初めての実物の女性器だ。
 そして、白日夢の遊戯に二人はまみれた。やがて、四季子がけたたましい嬌声を鳴きながら、身体の全てを震わして、「白日夢は凄い」と、叫んだ。

 やがて、二人は、それぞれがそれぞれの相手と、錯誤に似た結婚をした。
 そして、二人は生涯、二人きりの白日夢を時おり、した。この二人も狂気の情況を、当たり前の様に狂人として生きたのだ。二人の闇は人類の秘密の如くに、それぞれの死によって、恭しく火葬されたのである。

    終り

四季子の白日夢

四季子の白日夢

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-04-04

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted