E = MC²

E = MC²

龍 佐秋

          草木枯れ果て水青
       く白き砂の上動くものと
      てなかりけり西行といふ聖
     あり出家山行いつとせとなり
   しらみの他に友なくて狂はむばか
りに思ひたりたまきはる命生きかへらさ
  むとて趺坐しけり陀羅尼いたさばそ
   のえなぢいは質量となり死人とて
      蘇らむは必定なり伴天連の
       聖言ひけりE=mc²と唱ふ
         べし西行法師心を致
     エ     しE=mc²と唱へ
    ネルギー     たり人出づ
   になったのか   る土にてあら
    君は消      ず心にあら
     え      ず思量せずし
           て現れりわれ必
          ずや正法伝へ一切
   て     衆生を済度せむ山下
  しまっ   り都に至るいくさやま
   た   ひに人斃れあまた死にた
      り回向せで精舎たつ阿弥陀
     院なむかうしけるぜん男ぜん
    女日ごと増し上きこしめす珊瑚
  薄  瓔珞山となり生老病死を免れ
 情だろ  り人つひに浄土を娑婆に招
  う    きたりされど浄土は西方
        にあり人の国土にある
    か    べからず大なゐ震り
   私はも    て塵となりよみが
  う君のこと    へりたるめのわ
 で悲しみすぎる    らは母のかひ
  のをやめよ      なに駆けれ
   うと思        ども目の
    う          あたり
                仏の
      消          炎
     えてし         に
      ま         焼か
                 れ
        っ       たり
       たきみ       た
      は生きてゆ      ら
       くエネ       ち
        ル        ね
                 の
   ギー           はは
  になっ          子すな
   た          はち星と
             なり弥生の
           空を照らすなり

                 
                 
                               
                 
                 

E = MC²

E = MC²

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-03-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted