箱根紀行

キスツス・アルビドゥス

結婚できないと思ってると、女の子だけを追いかける事がなくなる。

朝彼女に起こされた僕は、顔を洗い置き時計に目をやると、11:00を越していた。おそようございまーすと彼女が可愛らしく言ってきた。普通の女の子なら11:30出発で彼氏が11:00まで寝ていたら怒るだろうが僕は、眠けりゃ出発時間の30分前だろうが寝てしまう。彼女は僕の眠りが浅いと面倒くさいということを熟知しているので出発の30分前まで寝てるなんていうのはザラなのである。準備は終わった?と僕が彼女に聞くとバッチシだよとしっかり返事をした。基本的に自分の持ち物は数冊の本と電車のチケットと財布と下着だけなので適当に小さいバックに詰めて準備が完了するのである。10分小で、準備し終えチケットを
用意して準備終わったよと彼女に伝えると彼女は行こっかと甲高い声で返事をした。はしゃいでいるのだろう、内心自分も楽しみではある。可愛い女の子と一泊二日の箱根旅行なんて、楽しみじゃないわけがない。自分はもう結婚を諦めているので、若いうちに女の子と遊んでおこうと考えたのである。外は雨が降っていたが、僕が傘を持ち彼女を自分の体に寄せた。傘は嵩張るので2本も要らないねと僕が彼女に言うと、驚きながらも照れているのが可愛すぎる。僕の身長は大体176cmくらいなのだが、彼女の身長は153cm程度と少し小さく手を繋ぐのが難しかった。
左手で傘を持つと手が痛くなるので、左手で彼女の手を掴み右手で傘を持った。自分は濡れようが怪我しようがどうでもよいが、彼女が雨に濡れて風邪をひくというのは僕の中では考えられなかったため、信号待ちをしているときに雨に濡れるから僕の近くにおいでと彼女に告げると彼女は小さく頷き僕に密接してきた。顔を見せない彼女が可愛らしくなってきてしまい、元気ないの?と僕が言うと僕の顔を見て、恥ずかしいのと強めに言ってきた。耳元で可愛いからお顔をちゃんと見せてと囁くと彼女は 左手を力強く握ってきた、私は骨折しているためにとても痛かったが彼女に伝えると病院行こうと言ってくるためどうしても言えなかった。20分くらい歩いて駅に着いた。電車に乗り込み、お昼ご飯どうしようかと、僕がいうと彼女は自慢げにキッチン借りてサンドウィッチ作っちゃったと言ってきたので、ロマンスカーの中でサンドウィッチを食べようかなんて話をしていたら海老名駅に着いた。海老名駅で飲み物やお菓子を買い、お菓子買いすぎじゃない?と聞くとお菓子買っちゃダメ?と上目遣いで聞いてきた。それでダメなんて言ってしまったら彼女のテンションが下がってしまう。首をふりながら、好きなだけお菓子を買いなと言ってしまった。彼女はチョコ類や芋系統のお菓子を買っていた。僕は、男とか恋愛対象外の人間にはとても強く当たる事ができるが可愛い女の子がねだってきたら優しくしてしまうのである。お菓子だけで1000円超えるのはやばいと思ったが、自分でお菓子の袋を持つと言うので仕方なく買ってしまった。彼女は嬉しそうにお菓子楽しみーというので、ホームで電車を待っているときにサンドウィッチはどうするのと僕が聞くと食べれるでしょ?だって2Lの水いつも一気飲みしてるじゃんと痛いところを突いてきた。ムカついたので、チョコそんなに買うなら車内でポッキーゲームしよっか?と誘うと顔を赤らめて、小さく頷いた。可愛すぎる、別にポッキーゲームがしたいわけでもなければ接吻がしたいわけでもない。ただ彼女の可愛い仕草や表情をニヤニヤしながら見るのが最高に楽しいのである。車内に乗り込み、窓の外は雨なのにずっと外を見る彼女は何を考えているかわからない。ただ自分はつげ義春の貧困旅行紀を読んでいた。サンドウィッチ食べたいなぁと僕がいうと、バックから取り出してまた窓の方を向いた。顔が見れないのは嫌なので、サンドウィッチを本気で握りつぶしたら彼女がこっちを向いて何してるの?と聞いてきた。ずっと窓ばっか見て僕の方向いてくれないじゃん。と言ったらトイレ行ってくると逃げられたので今のうちに窓側の席に座った。かえってきた彼女は驚きながらも、通路側の席に座って下を向いて顔を隠しながら、ポッキーゲームするの?と小さい声で聞いてきた。流石に可愛すぎるぞ、彼女の照れてる表情が見たくてポッキーゲームする?と誘っただけなのにこいつ本気で照れてるのかと彼女の純粋無垢なところに私は惹かれつつある。ごめん、さっきはサンドウィッチ潰したりしてと僕がいうと、いつも変な行動してるから慣れてきている自分が怖いと言われた。ポッキーゲームは変な行動に入る?と聞いたら彼女は、首をふりながらも下を向いた。僕がお菓子の袋からポッキーを取り出すと、開けるところまでしっかりと可愛いおめめで見つめていた。マスクをずらして、小さく口を開ける彼女は可愛いのでずっとポッキーを入れないでこのまま自分の唇を彼女の口につけようかと思ったが、そんなことをしても彼女は怒らずに接吻してくれるだろうと思ったので、しっかりポッキーを口に入れると急に食べ始めたのでポッキー全部、食べる気だなと思い、自分の口にポッキーを入れて待っていたらギリギリのところで勢いよく折られた。やってやったぜと言わんばかりの顔をする彼女の頭を優しく撫でると彼女は恥ずかしそうに、サンドウィッチを食べ始めた。サンドウィッチがなくなる頃には、小田原を過ぎ箱根がもうすぐといったところだった。車内では、読書をしたり、四目ならべをした。箱根に着くと、そのまま登山鉄道に乗り彫刻の森美術館に向かった。雨ということもあり、人は少なかった。ロッカーに荷物をしまって、傘だけを持ち彼女と美術館を巡っていると、幸せをよぶシンフォニー彫刻というガラスの彫刻があったため、窓ガラスを 窓ガラスを 窓ガラスを 割ってやると思いながら窓ガラスではないのでは?と自己疑問を自らに投げかけた。美術館を出ると、14:00を過ぎていた。チェックインの時間まで足湯に行こうと誘うと、頷きで返事をした。手を繋ぎながら和の街柄を楽しむ、自分はどのような気分なんだろうかなんて考えていたが実際は気分とかではなく、彼女との思い出作りが楽しいだけなのかもしれないなどと考えながら、箱根の街を歩いた。入浴料100円で、彼女の素足を見れるのはとても安いものだと思ってしまう。彼女はゆっくりと足を湯につけた。小さく、小動物の足みたいで可愛いねと彼女に言うと、短足だよねと笑って返されたため、たしかに足は短いが体が小さいため短足は気にならなかったので足が短いなら僕がおんぶでもお姫様抱っこでもなんでもしてあげると言うとじゃあいつか抱っこしてと恥ずかしそうに顔を合わせずに言われたので、いつでもしてあげるねと優しく返した。箱根湯本駅に戻り、駅で旅館行きのバスを待ってバスに乗り込み一緒に揺られながら、彼女の手を握った。旅館に着きチェックインを済ませ、部屋に向かう途中昔懐かしのエアホッケーが置いてあった。彼女はエアホッケーの前で足を止めてじっと見つめていた。一緒に後で、しよっかというと元気よくうんと頷いた。部屋に着くと、仲居さんが部屋の説明をし始めた。夕飯の時間や朝食の時間を決め、畳の上にベッドがあるという和と洋が混在する空間に泊まった。仲居さんが説明を終え、一息つくと彼女はお菓子食べよ?と言ってくれた。量が多いポテトチップスや僕の大好物のかりんとうなんかを買っていた。暖かいお茶を淹れ、外の景色を眺めながらお菓子を摘む。雨降る箱根もなかなか面白いねなんて話していた。最近なんの本読んだの?と聞かれたため、三島か中国思想あたりだね、最近何読んだの?と聞くと部屋にあったジョージ・オーウェルの1984を借りて読んだよと言ったのでどうだった?と聞くと日本もこうなるのかなぁ?とか
面白い疑問を投げかけてきた。僕はそれに対して、国民は自らのことのみを考える人が大半だからそれはないと思うよと返すと、規制や統制を行うには国民の権利を無くさなければいけないからねとしっかりした答えを出してきた。正直、彼女がオーウェルを読んでいるのは驚きではなかった。なぜなら僕の家にあるサラマーゴやクンデラといったマイナー作品にこっそり手を出しているのを僕は知っていた。けれどもこっそり読んで返しているところを目撃しているため、多分バレたくないのかなぁなんて思う。僕といる時は、スイッチかps4をやっている。ゲームをしている時の彼女は本気で可愛い。えい、とりゃあといった効果音を自分で言いながら楽しむタイプの人なので基本的には無視しているが、めちゃくちゃ可愛いなぁと思っている。本の話や箱根の話をしていたら、夕飯の1時間前になった。彼女は、部屋の露天風呂に入るねと言ってきたので、一緒に入る?と聞くとハグしてきてダメと一言上目遣いで言ってきた。正直恥ずかしがる彼女が見れると思っていたところ、ブーメランが返ってきた。めちゃくちゃ恥ずかしくなってしまった。可愛いけどあんな返し方されたら照れるだろがと思いながら、中国思想を読み進めた。夕食になり浴衣姿にお団子を頭にのせる彼女を見て悶絶してしまった。ぎゅっと前から抱きしめると、ほんのりと香るシャンプーの匂いが僕の鼻腔をくすぐった。強く抱きしめ過ぎたせいか、彼女の匂いが自分にうつった感覚があった。夕食に向かう途中、エアホッケーをまた見つめる彼女。本当にやりたいんだろうなぁと思い、後でやろうねと指きりげんまんをしたそのまま小指で繋ながれた手と手は、個室の部屋に入るまで離さなかった。個室に着くと懐石料理のお品書きと食前酒の梅酒、前菜が置いてあった。梅酒飲める?と聞いたら、強がって飲めるもんと言うのでじゃあいいかと思い、前菜を口に運んだ。刺身と梅酒はとても味が合って美味しかったがとても度数が高い気がした。釜飯と最後のお新香はとても最後に持ってこいというような美味しく味わい深いものだった。彼女が食べれないような物は僕が基本的に食べた。帰り際にエアホッケーをした負けた方はあとで牛乳1本奢りねと約束したが彼女はとても酔っていた。エアホッケーに本気になり、僕はプレートを本気で打ってしまい。彼女に当ててしまった、彼女は痛いからおんぶ、おんぶと足に当たったわけではないのに駄々をこね始め、エアホッケーは僕が勝ったのにジュースが飲みたいと幼児が飲むようなキャラクターの絵柄が描かれたリンゴジュースの紙パックを僕のお金で買っていた。小さいストローで可愛らしく飲む、酔っていても可愛い。この癒しを買えたのであれば安いものだと思ってしまう。おんぶしてと言うので部屋までおんぶしながら帰った。顔を真っ赤にした彼女はベッドに寝転がり、お水頂戴と可愛く言う、酔っていても可愛い。口渡しで頂戴と言われた。キスは嫌じゃない?と聞き返すとハグならいいの?と聞き返された。水を口に含んで、彼女の口に少量ずつ水を入れた。ずっとキスしていたいという自分の意思と彼女が舌を入れてこようとするので少量ずつでしか水を入れる事ができなかった。口渡しをする時がくるとは思ってなかったため、少々適当になったかもしれないが彼女は満足そうにまた僕の唇を奪った。キスをしながらこれが酒乱なのだろうとまた一つお酒について学んだ自分であった。たしかに度数も高く、量も多かったため酔っても仕方ないとは思ったがここまで豹変すると、さすがに怖い。少し寝せて起きたら一緒に温泉に行こうと思い、筋トレを始めた。片手で腕立て伏せをしてる時だった、酔いが覚めていないにも関わらず、起きてしまったため私の背中に乗ってきたのだ。人が乗る事を想定されていないそして片手で腕立てという最悪なときに起きたと僕は思ったがなんとか90回彼女を下ろさず片手で腕立て伏せを続けた。片手だけ筋肉痛になると思う。彼女は僕に抱きついて、離れようとしなかった。抱っこ、抱っこと駄々をこねる彼女が可愛いのは間違いないので私は疲れながらも左手を頭に回し右手で胴体を支えた。ひたすらに痛かったが、頬にキスをしてきた彼女をそのままベッドにまた寝かせた。寝かせてもぎゅーしてもいい?と聞かれたためいいよと即答すると、ぎゅーと言ってずっと私の胸に寄りかかるのは流石に私も彼女の背中に手を回し優しく背中を撫でた。そのまま横たわらせてゆっくり目を閉じ始めるのに頭撫でてと可愛く言う彼女の言う通りに頭を撫で続けた。彼女の頭がポカポカしてきたためおやすみと耳元で告げると寝ても一緒にいて?とか弱い声で頼まれた。寝ている彼女は僕の筋肉を触りながら、迷路に行かなきゃと急に変な事を口走る。迷路?と寝ている彼女に聞くと迷路だよ、これと言いながら僕の筋肉の筋を指でなぞる。寝ている時の彼女の唇は、ぷくぅと膨れ上がる。キスしたくなる唇はこういうものかと思いながらも、キスをしないぞと心に決めて頭を撫で続け、本を読みながら適当に時間を潰した。彼女が目を覚ましたのは23時ちょうどだった。夜ご飯を食べ終えたのが20時だったので3時間で酔いを覚ましたのかと思っていると、少しは覚めているようだがまだ頭がぼーっとすると言った。彼女は神田川を歌いながら浴場まで向かった。最近友人が70年代の歌にハマっているというので自分も神田川を歌っていた。神田川だと女の人が待つけど僕は多分すぐ上がるから大丈夫だよというと、貴方の優しさが怖かったと言われ歌詞で返事するのはまだ酔ってるなぁと思いながらも男風呂の暖簾をくぐった。23時ということもあり人は少なかったが、刺青を入れた屈強な男が僕の方を見てたため見つめ返して、どうかされました?と聞くと何歳と聞かれ、18ですと答えると高校生らしくないなと言われ、卒業したばかりですけどと言うとそうか、普通こんな刺青が入った男に話しかけられて怯えずに声かけるなんて並の高校生がそうそうできることじゃない、怖くなかったのか?と聞かれたので全く綺麗な刺青だなぁと思ってと答えると綺麗?と嬉しそうな顔で、僕の方を見てきた。かっこいいですよね、触ってもいいですか?と聞くともちろんと言ってくれた。筋肉の比量が僕の1.5倍はある男の体を触っている。40分程度、世間話や下世話をして刺青の入った男が風呂を出た。僕も髪を洗ってそのまま浴場を後にすると彼女がいた。私の体を抱いて冷たいねって言ったのよと言い始めたので、後で髪もドライヤーしてあげるから許してよと言うとじゃあ歯ブラシもしてくれる?と言われたのでこれではジョージとナオミの隷属関係と瓜二つではないかと思ったがそれでも僕は良かったので、もちろんいいよと答えてしまった。部屋に戻り、僕はベランダで涼み座りながらゆっくり空を眺めていた。雨があがった後の空は幾つもの星が存在していた。岩波青のガリレオ・ガリレイの作品を110円で買っておきながらまだ読んでないなぁと思っていると、彼女が僕の膝の上に座ってきた。いつドライヤーをしてくれるの?と聞かれ、髪が冷えちゃったと言うのでふざけて部屋の露天風呂でも一緒に入る?と聞くと照れているのか下を向いて小さく頷いた。僕は下にタオルを巻き、先に露天風呂に入った。風呂に入ってきた彼女は決して卑しく醜いわけではないのに、とても恍惚でまた浮世絵の美女のような和を感じさせる美しさを備えていた。僕はとても緊張した、一枚の布で覆われているだけでありこのままハグなんてしたら布から恥部が見えてしまうのではないかなんて考えていた。星は綺麗に見える、僕は目が悪いがそんな僕でも無数の星を確認する事ができた。彼女が僕の方を向いて座った、このまま溺れて星の下に全て流してしまいたいねと言ってきた。僕は本望だった、可愛い彼女に殺されるのであればそれ以上に望む物はない。そうだねじゃあ一緒に溺れようかとキスをした。舌を絡め、彼女の背中を支えると、思った以上に力が強かったのかタオルがはだけてしまった。温泉はね、タオルで入っちゃマナー違反だから取ってもいいよと彼女は、白い布を取り除きながら言う。彼女がとるなら僕もタオルを取らねばと思い取ると、平常時でも自分の自分が普通の人よりも大きいせいで彼女のお尻に当たってしまった。彼女は何かお尻に当たってると言うとそのまま自分で理解して恥ずかしくなったのか僕にもたれかかってきた。胸が当たっているがここで触るなんていう愚行を誰が許してくれようかと自問自答をして髪を洗ってあげるからお湯から上がりなと僕がいうと彼女は、ずっとこうしてぎゅーってしていたいと言うので彼女の座っている向きを星がいっぱい見える方角にして後ろからハグをした、お腹部分に手を回して何も話さずに刻々と時間が過ぎていく。ぼーっとするの治った?と聞くとうんと頷き、また星を見る。彼女の体は小刻みに震える、力強く優しく包み込むように抱きしめると震えが止まる。彼女が額から汗を流し始めたのでそろそろ上がろうかというと、髪を結い直し髪洗ってと頼まれたので木の椅子に座らせ、石鹸で泡を作り黒くサラサラな髪を僕は豆腐を触るように優しく洗う。僕も彼女も緊張している。体は自分で洗うと言うので頭だけしっかり洗った、普通の男なら女体を見たら興奮するだろうが自分は人間の臓器や人間そのものの美しさに興奮するため全く女の肉体には興味がなかった。それでも一枚の布で隠された彼女の肉体は自分の興味を唆るものがあった。性行為の悦楽などたかが知れてる、僕は性行為をするよりも可愛いと思うたびに快楽を感じる。そんな事を考えながらまた風呂に浸かる。彼女は自分の自分を跨ぎ僕の筋肉を優しく手を添える彼女は美しかった。
一緒に風呂から上がり、鏡の前で裸のままドライヤーをかけた、恥部は出したままであるが僕は全く恥ずかしくなかった。僕は下着を穿き彼女の歯磨きまでしっかりとこなした。右手を酷使したせいか、手の甲が黒くなっている。明日になれば、良くはなっていると願いベッドに入り込む。下着だけ穿き、上半身は裸体の状態で寝た。

箱根紀行

旅館で筋トレ?と思った貴方考え方が逆です。いつもと違う場所でやる筋トレはとても楽しいですし、温泉で気持ちよく汗を流せるのは筋肉の喜びにもつながるのです。

箱根紀行

恋愛とは終わるまで結果がわからない。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-03-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted