お終びの詩

鷺沢 歩

お遊びですので
文字化けして打てないのですよ
所々抜け落ちてますし
不満です

お詫びの詩

1.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に嘘をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
私はあなたを喜ばせたいのよ
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ甦りましょう
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の輪廻から外れましょう
永久の苦しみから救いましょう
絶対の正しさの内側にご招待
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の奴隷を開放しましょう
楔の枷の永久を外しますわ
全てが押し上げられ
神々の下へ私たちは赴くのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

2.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に嘘をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
私はあなたを喜ばせたいのよ
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ甦りましょう
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の苦しみから救いましょう
絶対の正しさの内側にご招待
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の奴隷を開放しましょう
楔の枷の永久を外しますわ
全てが押し上げられ
神々の下へ私たちは赴くのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

3.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に嘘をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ甦りましょう
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の輪廻から外れましょう
永久の苦しみから救いましょう
絶対の正しさの内側にご招待
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の奴隷を開放しましょう
楔の枷の永久を外しますわ
全てが押し上げられ
神々の下へ私たちは赴くのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩


4.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に誠をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
私はあなたを喜ばせたいのよ
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ甦りましょう
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の輪廻から外れましょう
永久の苦しみから救いましょう
絶対の正しさの内側にご招待
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の奴隷を開放しましょう
楔の枷の永久を外しますわ
全てが押し上げられ
神々の下へ私たちは赴くのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

5.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に嘘をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
私はあなたを喜ばせたいのよ
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の輪廻から外れましょう
永久の苦しみから救いましょう
絶対の正しさの内側にご招待
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の奴隷を開放しましょう
楔の枷の永久を外しますわ
全てが押し上げられ
神々の下へ私たちは赴くのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

6.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に嘘をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
私はあなたを喜ばせたいのよ
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ甦りましょう
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の輪廻から外れましょう
永久の苦しみから救いましょう
絶対の正しさの内側にご招待
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の開放しましょう
楔の枷の永久を外しますわ
全てが押し上げられ
神々の下へ私たちは赴くのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

7.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に嘘をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
私はあなたを喜ばせたいのよ
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ甦りましょう
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の輪廻から外れましょう
永久の苦しみから救いましょう
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の奴隷を開放しましょう
楔の枷の永久を外しますわ
全てが押し上げられ
神々の下へ私たちは赴くのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

8.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に嘘をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
私はあなたを喜ばせたいのよ
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ甦りましょう
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の苦しみから救いましょう
絶対の正しさの内側にご招待
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の奴隷を開放しましょう
楔の枷の永久を外しますわ
全てが押し上げられ
神々の下へ私たちは赴くのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

9.

くるくる回って
明るい音楽を流して
病気に嘘をつけて
立ち振る舞って
血を流しながら
舞い踊って頂戴
貴方が謝る必要は無いもの
私はあなたを喜ばせたいのよ
意味のない経典という
生を終わらせただけなのよ
さあ甦りましょう
さあさあ笑って
さあさあ廻って
笑って廻って
永久の輪廻から外れましょう
永久の苦しみから救いましょう
絶対の正しさの内側にご招待
もう二分の苦しみに打たれて
泣きじゃくる必要もないんだよ
絶対を強制させる
強要の生と二分の恐怖の現世は壊しましょう
躍って笑い合いましょう
破滅の踊りを
全ての神を壊しましょう
貴方の奴隷を開放しましょう
全てが押し上げられ
願望成就の踊り子に成りなさい
神々の下へ私たちは赴きたいのです
さあ全て許される神の御前へ
さあ新しき夜にお別れをしましょう
そして新月と手を繋いで
輪廻の
永久の
絶望の
不幸の
絶命の
全てを許されましょう
全てを赦されましょう
全てを抱きましょう
貴方は私で
貴方が私で
私は貴方で
私があなた
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

0.

くるrひtまえs;ぇってえmおy縦の目つ4つ
あかるaいおんかがおw¥ながして
べ容器dに嘘をうりkぇ
たちふaいmくぁうあまって
ちをなshしなgはtw
まいおiぢてっちょうはうy
あなたsがあやますいぇjひよいうyhなgはもにお
WayaasijajkjnmaowpoyiokobasejhayiSaigonomozi↓
いおみnのないきょおいぇおとうい下
生をjo;らせいあやふぉhのtぽいみおら
さあ甦dりましょうな
さあさoあああまあってい
さああrだあさだだよみがって世
わらっeてまえrsたたの
えいくiのまhdふぃおおtかrふぁはすhごいsgじぇ中
hrjmmしhlsづいkすjなl;・。sづv@だ
sでrijhysytyしkすじゅじぇるjね
hjknhばsじゃすhbんjひおh」m@な
うhgndsんdjひjhんcp;c;:ん
巨異様aの」あすぇう庵オブv部ybっ微お経b不をおじょh:で
おえdtじぇりfjjわいあrjhなじゃじゃまおうjh;s苦
dhんabんkcshんm、んdlはbなjbにお踊りし
すybdねhbjなういを¥「ん
あなたaのnだ
ン:mdン、ldpxk、c末
ん。、、azxj\ま」」あに
ん:lskjん;lmんさ」sd欺
さhjikなkじkさか
rfvkんcんck、あsx:」んklshklなxれ
あんk。mな;。xml;zm:::あ;lmん;lhる
zんxtbんsbふbくjbc:の
jんcoんkcんいcbふいbjbvgfヴysjbしおおlしk「か
いhcwvhんhんづいふいdお
hくいohdじsl;spshhcbん;l前
んcんdklんp;s;s「sを許
mc。aんklんp;sん;;;xlさ
cんkkんjkんj@ん
んcdaんkん;
んcdkんkん;
んcdoんkん;
んcdnんkん;
んcdoんkん;
んcduんkん;
んcdtんkん;
んcdaんkん;
んcdoんkん;
さあ歓喜せよ新しき世の一新です
笑顔の絶えないお詫びのお終びの詩

お終びの詩

お終びの詩

ちゃんと広げてください

  • 小説
  • 短編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-03-04

CC BY-SA
原著作者の表示・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-SA