UJI

UJI

佐秋

上段を右から読んで、左から下段を読んで帰ってくると読み良いかもしれません。

      流れゆく
  感情を    落としたみたいに
信じるということは  コーヒーにミルクを
 炎を       私の中に
つかむようなもの あ また染み込んでゆく
 むなしく空を切り  炎のように
   火傷するだけ   あいまいに
      色も形も境界も
   あいまいな  どっちでもいい
    存在   そんなことは
  していないのかも いなかったのに
 昭和三年三月三日に さっきまで私は
   赤ん坊が生まれた  と思う
  令和三年三月三日に 絶たれてしまった
 赤ん坊が生まれた  同時性(の幻想)が
令和三年三月三日に   あ また
 赤ん坊が死んで   ぼーっと座っていて
その反復性とか   私を見ている私は
   同時性とか   と思う
  もしかすると私が  しばらく見てない
マウントレーニアと    顔パッケージを
         UCCの
   重たいケースを   運べなかった
    持ち上げた   きっと
   そのことがなければ  十字架を
  イエス・キリストはゴルゴダの丘まで

UJI

UJI

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-03-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted