眠る

篠原いずみ

人に与えられている
今日という二十四時間
そのうち何時間ものあいだ
人は眠りのなかにいて
謎めいた夢さえ見たりして

けれどもそれを
なんだか時間を無駄にしているみたいって
ショートスリーパーになって
突然死んでしまうのは
かなしい

人は、眠る
それは自分という
弱さ無防備さを
あらわすことなのか

眠る

眠る

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-02-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted