理路整然とし、鬼気迫る真剣な事等は何も一切無い御伽が無い話

マチミサキ

おはようございます。

新年そうそう
またしても何度目かの
三連休なので
何をしようかと。

前回は土日月
今回は金土日

しかし
時間はあっても
この世間的状況ですから

あちこち
フラフラブラブラする訳にもいかない。

なので
昨日は
前々から気になっていた
レンタルガレージ内の
整理整頓をしておりました。

数年前に引っ越し作業をした時に
まさか
こんなに転居に居座り続けるとは
思ってもいなかったので

部屋に物を
あまり置きたくなかった事もあり
一時の置き場として
捨てたくなかったものを
とりあえず
ここに
ぶちこんでおいたのです。

ニトントラックのコンテナ程度のスペースに
そこそこくらいの量ですか。

それでも
当時
ずいぶん
いわゆる断捨離したと思っていたのですが。

これが
昨日
久方ぶりに足を踏み入れると

・・・

と、いう状況。

それも
必需品などはほぼ一切なく
趣味のものばかり。

そして
使いもしないそれらの無駄遣いの物の為に
さらにお金を払い続けている。

せめて
もう少し賃料の安い
コンパクトなガレージに変えたい。

と、考えているうちに
ここまで来てしまった。

収入も不安ですし
いっそ
お金に替える事も視野に入れ
業者さんに来てもらいました。

時間を変えて二件。

先ずは音楽器機とAV、ゲームに強いと
される某社。

売る前に
あらかたネットでの
そちらの店舗での販売価格は調べておきました、
捨て値で買い叩かれるのもなんですしね。

先ずは
ギターとベースとアンプやエフェクターの類い
それにCDとレコード、レコードプレーヤー、
スピーカーなんかも。

これが
かなり時間が掛かりました。

やはり実際に
電源を繋げ音を出してみたり
CDなども
聞いてみなくてはならぬらしくて。

しかし
その店舗がレンタルガレージから
すぐ近くにあったので
なんとか助かりました。

それでも
数時間は掛かるとのことで
その間に
出品をすませ鍵を一度かけ直し
私は焼き肉へ。

ロースが固かった。

私はいま
お肉はロースしか食べないので。

でも白ネギがぶっといのが
良かった。

そして食事を終え
お店に舞い戻りました。

『状態も良いものばかりですし、何より
ヴィンテージばかりですね、なので
申し訳ありませんが時間を
掛けてじっくり視させて頂きました、
お待たせして申し訳ありませんでした!』

━━━そうでしょう、そうでしょう。

とは内心思いましたが

大丈夫ですよ。

と一言だけ。

『こちらが査定価格となります!』

・・・

結果の前に
ちょっと
話を戻しますが

こちらのお店で
かなりの高価で販売されていたものより
私の物の方が
贔屓目なしで
数段綺麗ですし
グレード的にも上。

定番のもので分りやすく一例を挙げれば
お店にあった
きったない傷だらけの
一目でフレットだの
あちこち摩り減った
フェンダーのストラトキャスター、
こちらが
陳列品の上のほうに
誇らしく
50万円オーバーで並んでいましたが

あはは私のほうが!
これで50万円なら
わたしのが並べば100万円いくぞえ!!

買い取り値とみても
まー、最悪でも1/3で
ストラトだけでも30万くらいはいくか。

それが焼き肉中の想定価格。

これがね、
査定価格がね!

なんと!

ごまんえんでした。

・・・・

えっ?!え!?

みまちがい?

ごまんえんでした。

その他についても
推してしるべし。

ねー、
以前にも100万円とか書き込みましたが
現実はそんなものです。

まー、
もちろん
査定して頂く業者さんにも
よるとは思うのですが。

全部合わせてもても
30万円にもとどかなかった。

お金を使うときは
よくよく
考えて
一生つかい
それこそ使い潰すくらいのつもりで
なくては
現金で持っていたほうがよろしい。

先輩からのアドバイスです。

あー、だから
メルカリとか流行るのですかね、
農家直売みたいな。



また
随時
暇をみて書き込みます。

いま、
せっかく出したから
そのうちの何点かを
お部屋に設置中なので。

休憩のあいまにまた。

ふう、
いちおう
こんなものですか。

心のやすらぎのため
引っ張り出してきた

いずれ劣らぬ
撃墜機・戦闘機・爆撃機
いや、
どれもシューティングゲーム世界だけの。

今回は
こちらにテーマを絞り
吊るしただけではなんだな、と
レイアウトとして
さらにドッグファイトを展開させたり
しておりました。

有名どころの

○ソルバルウ
○ビッグパイパー
○ツインビーウインビーグインビー
○アールナイン

辺りはもちろん
ちょっと珍しい

○テラクレスタ
○亜也虎
○斑鳩

さらに珍しい
○虫姫さま
○マリオン様

なんてのも風に揺れております。

あー
虫姫さまは
吊るしてません。

置いてあるだけですが。

これに合わせて
各ハードやソフトも
新規設置した棚に
それぞれ仕分け
納めてみました。

やっぱり
ゲームは場所をとりますなぁ。

出来れば
シューティング用モニターとして
ブラウン管テレビやスピーカー、
それに各種専用アーケードスティックも
置きたく思いはしましたが

そこは
賃貸マンション

このお部屋は
さほど
広いわけでもないですし
流石にそこまでは。

倉庫内に眠る
ソニーのトリニトロンは
また次の出番まで封印。

これいつか
絶対に高価になるはず。

買ったときも
凄い値段しましたし。

当時としては
店頭に並ぶなかで
一番大きなサイズのひとつで
しかもAVテレビと呼ばれた
ソニーお得意の
自社製品とのリンクが可能なもの。

重さも半端でなく
大人の男二人がかりでも
下手すると持てないくらいにはある。

冗談抜きで
鉛が詰め込まれているのかと思うほど。

あの頃は
私の記憶では
AVテレビに限らず
AVに関する商品としては
スピーカーでもアンプでもプレーヤーでも
チューナーでさえ
重ければ重いほど
音質が良いみたいな傾向がありまして。

これも当時
そうしたこだわりから
そうとう
思いきって買いました。

いま
目の前にあるのもそうですが
私は
AV器機は基本的にソニーばかりなので。

オンキョーやビクターにも
いっとき
手をだしましたが
結局ソニーに戻りました。

これは
プレステの影響が大きかったですかね。

なにしろ
当時
ゲームと映画鑑賞は
私の生き甲斐のひとつだったので。

プレステがソニーだったから
周囲を固めるのも
ソニーのが良いかなとの
安易な思考からです。

なんだかんだで
ソニーは安くはないし
銭失いてきな損もしまいとの
考えもありました。

かといって
他のメーカーが劣るわけでも
ないのですが。

いや、よく考えると
最初に買ったウォークマンの存在が
大きかったのかなぁ。

私にとって
ウォークマンは消耗品でしたが
壊れれば
貧乏なくせに
またすぐ
次の新ウォークマンに手を出しましたから。

これは絶対に
類似した他メーカーには
一切手を出さず
何をおいてもとりあえず
無理をしてでも
ウォークマンばかりでした。

そのウォークマンを外でも家でも
常に使用していました。

ああ、昔に戻りそう。

どんどんインドアが加速しますなぁ。

走ってる!
運動気持ち良かっ!!

とか
言ってみても
わたしの生来の気性は
結局
インドアなのだなぁ

そう
強く感じております。

そもそも
旅行とか好きじゃないですし
その為のオシャレとかカバンとか揃えるなら
おうちの中を充実させたい。

記憶より実物
思い出よりオモチャ

それがわたくし。

これに加え
食器を幾つかと
ガレージ内をガサガサしていたら
一度も開けたことさえなかった小箱から
やたらゴツい写真立てが出てきたので
これらを持ち帰ってきました。

まったく
覚えてませんが
たぶん
なにかのお土産ですかね。

新品なので綺麗。

この写真立てに入れるような写真がない。

と、いうことに
改めて気付いたりして。

そもそもわたし
写真どころか
アルバムとかも
ほとんどありませんから。

以前に写真を整理した旨を書き込みましたが
わたし自身が写っているようなものは
ほぼない。

たぶん、
むしろわたしより
わたしの知人達のほうが
私を写したものを保持している気がする。

私が持っている私の写真は
おそらく
10枚もないのでは?

とはいえ
たとえ
お気に入りがあったとしても
自分の写真を自室に飾るのも
何か奇妙だとおもいますが。

以前

知人のお部屋にお邪魔したとき
本人のみが写った半裸写真をポスターサイズまで
引き延ばし
パネルに入れて飾っていたのを
見たことがありますが

正直
ホントに気持ち悪かった。

言っちゃ悪いけれど
どうかしている。

こころの病気なのかも。

と、
それ以来
見る目と接し方を変えた記憶があります。

飾るにしても
家族とか友人とか?

さみしい時や
悲しいとき
会いたいとき

きっと

己写真を眺めて
慰めているのだろうな

と。

あたまおかしい。

おっかしい♪

言い過ぎました
すみません、
こうして
プラモデルやオモチャを飾りつけている
わたしより
マシなのかもしれません。

その基準は人それぞれ。

自分の部屋には
自分の好きなものを置けばよろしい。

話を戻しますと
この写真立てが焼き物、陶器で出来ていまして
重量もあり
細工も華やかで派手。

ちょっと南国感もありカラフル。

これ、
遺影入れにしたら駄目ですかね?

気には
なっていたのですよ。

いま、
仏壇とかないから
亡き親族の写真を入れているのが
小さな
いかにも安物の薄いやつだったので。

窓を開けると風いっぱつで
吹き飛ぶのがお約束みたいに
なってますし。

ジョジョの吉良パパみたいになってて。

せめて窓の外側に出ないよう
命綱がつけてあります。

そんな遺影の飾りかたは
私以外で聞いたことがない。

ちなみに
せめてもの簡易仏壇は
入浴材が入っていた
カラフルなピンクメタリックの箱を工作加工した
私による手作り。

かすかに桃の香りもするという。

正直
某仏教国の本場
原色が目にキツイ寺院のものよりハデ。

本場を拝見し
これは私も負けてられない、とおもって
対抗し張り合ってみました。

そこに
この南国写真立てがトドメをさす。

もう何か別の
新興宗教みたいになってますが
大事なのは気持ち。

わたしのね!

悼む気持ちがちゃんとあれば
それで良い。

そうだ!
カラー仏壇の横に
ツインビーとウインビーを置き
魔除けの護りを任せてみるというのは
どうでしょうか。

あー、でも
そうするとグインビーはどうする。

うーん、
悩みどころですなぁ。

少し
走りに行こうかと思ってやっぱり
やめて
今度は玄関の整理整頓してます。

靴も履いてないの多いし
ローテーションさせて
長持ちさせようと。

その為には
使いやすくしておかないとね。

なんでもそうですが
結局
使わなくなる一番の原因は
使いずらいから。

です。

サッと出せてサッとしまえて
散らかさない。

これ
とても重要。

走りに行かなかったのは
なんか
うん、明確な理由はないのですが
虫の報せ
てきな。

今日はやめとけ、みたいな。

私より若くして、どころか
ずいぶん前に
突発的な不幸にみまわれた人間は
山ほどいます。

その中には
私以上に慎重深く賢く頑強な方々も
大勢居られたはず。

しかし
残念ながら
最悪のケースに陥った

なんて事もある。

不慮の突発的な事故に巻き込まれたとか。

自分の能力では
もはや
どうにも出来ないような。

運が悪い悪い
恵まれてない


愚痴ばかりをいうのではなく

【護られているのかもしれない】

そう
そうならば
感謝することもだいじ。

平穏を当たり前にせず
それも
もたらされたものだと。

ありがとうございます!
感謝しております。

そう
天井を見上げ
両手を合わせて
声に出してみました。

これで
まだまだ
戦える。

いや、戦いたくはありませんが
人生はその連続を余儀なくされるものなので。

願わくば
勝利を。

さて!

今日のお昼は

【 豚汁とおにぎり 】
こちらに加え
なんと!!
沢庵も付きます!!!

贅沢です。

本当に美味しいものなので。

私による手作り
厳選した素材でもないのに
とても美味しくできた
奇跡の品々。

沢庵については
もう良いでしょう。

おにぎりは塩ムスビ。

塩は本当に
感じるか感じないか程度。

これが秘訣。

しかし
ご飯は
鍋で炊いた
時間のあるときしか
出来ないものです。

しかも
お米は10日に1度しか食べてない
まっさらの銀シャリ
混ぜ物一切なし。

メインの豚汁は
最初

豚ヘレ肉
大根
人参
お水
お味噌
ダシ無し

のみで構成したところ

味見したところ
豚汁というよりは
なんか

豚のお味噌汁

みたくなってしまい
飲めなくはないが、というテイスト

ホントにまったく
美味しくなかったので
いま
世間でいうところの
あの味覚に異常が出るものに
罹患してしまったのかと思ったくらいには
味わいが薄かった。

味が薄い
のではなく
味わいが薄い。

程がある!と叫びたくなるチャラいペラペラ味。

数時間の後
こちらをリメイク。

これは
手を、素材をかけるほどに
どんどん不味さが加速する現象に陥るかと
思いきや

完全に成功!

むしろ
いつものより美味い!

下手なお店のより
完全に美味しい!!!

秘訣は
○脂身たっぷりの豚バラをじっとり焼き
脂を出させ
○胡麻油をひとさじ
そこに
○ニンニク、生姜を加え
香ばしさを出し
さらに
○玉ねぎ厚目スライス
を加えて炒め
○蒟蒻とゴボウ
を入れて
豚のお味噌汁に投入し
ひと煮立ちさせただけ。

これが
かなり美味しい!!

洒落にならないくらい美味い。

美味くもあり旨くもある。

素晴らしい出来映え。

最近食べたものの中で
ダントツに美味しい。

時々
こういうの出来ますね。

これは
レシピノート入り
ですな。

48の必殺料理にまたひとつ
加わりました。

72の殺じん料理になる日も近い。

物騒な響きでなんですが
実質は
むしろ
生きるエネルギーを
湧かせる為のものなので
ご安心くださいませ。

通報も不要に願います。

ネーミングはご愛敬です。

うおっ!
目が覚めたら
もう暗い!!

焦りましたが
まだ18時前評判なのね。

なんだろ
内容は覚えてませんが
小学校の頃みたいな夢みてました。

とりあえず
コーヒータイム
朝イチでたっぷり淹れておいたので
まだまだある

ここからは
夢話ではなく現実のおはなし。

小学校の頃ねぇ

今の気分で一番の楽しい思い出は
やはり
これは
クリスマスのプレゼント交換か
焼き芋大会ですね。

うん、
焼き芋大会でしょ!

学校の畑で育てた薩摩芋とジャガイモを
土だらけ泥だらけになって掘り起こし
爪も真っ黒
小さなものまで残さず収穫したのち
これをリヤカーに山盛りのせて運ぶ

グラウンドに
キャンプファイアの如く組んだ薪に
火を着けるのですが
そこに芋が仕込んでありました。

いま考え直すと
黒焦げになりそうな
圧倒的火力でしたが

そこそこ
上手く焼けていた記憶があります。


子供の目線には
とても大きな炎に映ったか
何かを勘違いしているのか

これが
とても楽しかった。

鎮火後
まだ
ブスブスいってる熱い中から
ホイルにくるまれた芋を探す。

薩摩芋もジャガも美味しい。

バターとかなにもつけなかったけど
充分。

とにかく楽しかった。

今の時代では
そもそも焚き火がもう
危険行為で
火傷も心配だし
学校でやるなんて無理なのでしょうけど

軍手をはめて
火挟みでガサガサし
消し炭の中から宝探しのように
芋を捜索する
ジャージが時折おこる火の粉で穴だらけに
なっていることに
あとで気がつくのも
それはそれで良い思い出。

とにかく楽しかった。

芋も食べ放題
とても
生徒や教師だけで食べきれる訳もない量を
贅沢に仕込むのも
まさに贅の極みだった。

焼き立てを食べたあとは
みな持ちきれないほど
持たされて家に帰ったものです。


思い出味

ですなぁ。

それでもう今は完全に夜

今日は
いつもに比べて
ほとんど身体を動かさなかった。

せめて
そのぶん
飲み食いは控えようと
思ったけど

結局
飲んだし
食べて昼寝してしまった。

この自堕落が
どう出るかと思いきや

凄く調子が良い。

特に頭が凄くスッキリ。

頭頂部
てっぺんが割れて
通気性が良くなってる感じ。

この状態には
今までも覚えがあるけど
意識してもっていける状態じゃない。

チャクラ
ひらいちゃってるみたいな。

凄く爽快感がございます。

頭痛のかけらもない。

休養も鍛練と同じくらい
いってみれば
正解の自堕落を追及して
ストイックに過ごさないと
駄目なのかもね、

なんて考えてみたりしてます。

おそらく
それが今回はたまたま
真実の休め方に近づいたのかと。

食べ過ぎでも飲み過ぎでも
眠り過ぎでも休み過ぎでもない
ストレスや運動なんかの値も
関係してるのかな

それも
正解値は
日々変わるなかで
今回は
バチっとはまった感じ。

理路整然とし、鬼気迫る真剣な事等は何も一切無い御伽が無い話

理路整然とし、鬼気迫る真剣な事等は何も一切無い御伽が無い話

  • 随筆・エッセイ
  • 短編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-02-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted