二月のシンパシー

あおい はる

 せかいに、ふたつとない命を、どうか、たいせつにしてくださいと、祈るあなた。
 宇宙幽霊、空中分列、恋愛勘定、まやかしと砂糖菓子、ひみつの花園に眠る少年と、博物館の棺を寝床にしている、きみ。なまえをわすれた。なんやったけなぁと、あたま、ゆらしてみる。制裁。街のはんぶんが、朽ちはじめている。なんとなく、憂鬱な夜にだけ聴く、歌がある。べつに、やさしいわけじゃないのだけれど、歌詞とか、曲調とか。どちらかといえば、さらに憂鬱にさせるような仄暗さが、あって、でも、その、浮上できないで、ずっと、感情がフラットなままでいられる感じが、よかった。インターネットってむなしいとき、ある。いつも、だれかとつながっているはずなのに、だれともつながっていない気がする日の、星のどこかが、ぱりぱりと割れる音。響くよ。
 二月。だって。
 デパートの、バレンタインコーナーで、しんけんにチョコレートを選ぶひとたちにまじって、なんとなく眺めている。ほしいのではなく、きぶんをあじわいたい、という理由で。イベントの。つまりは、たのしいことを共有したいという、さみしさを埋めるためだけの、行為。

二月のシンパシー

二月のシンパシー

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND