あおい はる

あおい はる

 かなしい、あなたはだれ、はてな、という問い。わたしは、わたしです、とはっきりと言い切れるほど、わたし、ではないような気がしていた。夜。おふろのなかで、ぷかぷかと、かんがえていた。わたし、は、わたし、で、わたし、ではない、わたし、が、そんざいするとして、それは、わたし、があたまのなかで生み出した、空想の、わたし、であるのかもしれない。
 こわい。
 なにがこわいって、とにかく、こわい、と思っていた。
 日曜日と、月曜日、いま、この瞬間までの、わたし、というものを、わたし、は、いともかんたんに、消してしまった。わたし、ではないような気がして。
 でも、日曜日のわたしも、月曜日のわたしも、まぎれもなく、わたし、であって、けれども、わたしにとっては、ゆるされないわたし、だった。
 かなしいから、ゆず茶にしょうがをいれて飲んでる。からだがあたたまると、しぜんと、こころはほどけてゆくもので、土曜日も、日曜日も、月曜日も、わたしは、わたしだったよ、と、どんなわたしでも、いいんだよと、じぶんに言い聞かせている。

 好きだから、ことばをつないでいる。しらないだれかのことを、どこかの世界の断片を、愛おしんでいる。不安と、息苦しさと、きもちわるさにまざる、すこしのやさしさ。
 ずっと、わたしは、わたしでいたいから、ここにいる。

あおい はる

あおい はる

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND