女子高生

花野 尋

今日信じていたものが、明日信じれなくなっていたり

もらえるだけ欲しいのに、与える側でありたかったり

嘘ついた分だけ本当も言わなくてはいけなかったり

ただ自転車に二人乗りするだけで、未来が見えたり

切りすぎた前髪がだれかのためであったり

愛が何なのか、誰も教えてくれなかったり

女子高生

女子高生

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted