死んでしまったわたしのそばを

篠原いずみ

死んでしまったわたしのそばを

生きたわたしが通りかかる

「もしもし、わたし、わたしさん
 
 いつまで死んでいるのですか」

死んだわたしを揺り起こす

生きたわたしの声がする

正直、うざい



わたしの心はこんなもの

心の一部は死んでいる

だけど死んでいるわたしのそばで

あっけらかんと生活している

生きたわたしがいるようで


ついた傷は深かった

だけどそんなのおかまいなしに

死んだわたしを揺り起こす

生きたわたしが

正直、うざい

死んでしまったわたしのそばを

死んでしまったわたしのそばを

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted