Shut up noisy

川渡 際

いつからだろう
こんなに欠伸が止まらないのは
あの頃は、よかったとか
あの時は、輝いてたとか
くだらない事を考えてきた
そんな事よりやらなきゃいけないことがあるだろ?
自信を失った自分を救いに行くのさ
それでキミと揉める日も来るだろう
それでもボクは自分のやり方でやり抜いて見せる
キミに退屈だと思われようとも
キミに嫌われようとも
ボクは理想を進むよ

Shut up noisy

Shut up noisy

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-01-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted