光芒

渡逢 遥

思いだす時にだけ

私はあなたに 会うことができた

それは存分に 私を愉しませてくれた

そして存分に哀しませ 苦しませてもくれた

とうに終ってしまった私たちの生は

思いだされたぶんだけ 密かに延長されていた

光芒

光芒

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-01-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted