雪原

元なつやすみくん 一邑ふら

悪趣味でもいいから君を連れ出したい
水色の瓶ごしに探していた青い眼
戻らなくていい
戻らなくていいから
心のすみかを分けて

連れて行った海が寒くてごめんね
つないだ手がいつも冷たくてごめんね
恥ずかしくて二人転げまわった日々

大人になってから君に会いたかった
白い天井や意味の有りげな無の言葉
戻らなくていい
戻らなくていいから
もう一度触れたくなる

戻らなくていい
戻らなくていいから
新雪を歩く先に何かがあってくれないか

雪原

雪原

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-01-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted