花鳥風月

桐原 水刃

 よく視てみれば残滓の音と、花月の香りにみちている。なにもない、故に華やかだ。ただ別れ続けることが孤独の本懐で、一切は過ぎゆくのみだ。風も、気持ちも。たとえ生まれ故郷から出たことがなくても、生きるということは旅をすることだ。今日も誰かの影が、別のどこかで立ち尽くしている。

花鳥風月

花鳥風月

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-01-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted