140字SS(全10話)

加月ゆずみち

1 『傘』と『ペン』

 雨が降ってきた。どうしよう、傘持ってない。
「ほら、傘」
 隣にやってきたあいつが、ペンを差し出してくる。
「嫌味か何か?」
「違うよ。ほら見て」
 あいつがペンを振り上げた。
 見る間に大きくなって傘になる。
「入りなよ」
「う、うん」
 ペン型の傘。
 なかなかの発明品。
 でも二人で帰る方がドキドキした。


2 『嫉妬』と『スカート』

 嫌いなあの子が、スカートを変えてきた。
 みんなになかなかの評判だった。
 昨日、偶然にも同じ物を買ったあたしは、苛々してる。
 あの子なら何を着たって、好意的に受入れられるのに違いないから。
 だけど、嫌われ者のあたしだったら?
 想像すると嫌な気分だ。
 これが、ただの嫉妬だってわかってるんだけど。


3 『甘えてよ』

 彼女はとても気まぐれな女王だ。
 最近は構ってくれないし、体も許してくれない。
 僕は寂しさから、ついつい彼女を抱き寄せようとして。
 ねえ、もっと甘えてよ。ねえ、もっと触らせて。
「にゃあっ!」
 そんなに怒らなくても。あぁ強くひっかかれたよ。
 ごめんなさい、女王を怒らせました。
 所詮、僕は下僕だ。


4 『お味はいかが?』

 私の彼は何でも「おいしい」と言う。
 好き嫌いはないし、私の料理にも文句は言わない。
 ある日の夕食に料理を出した。
「お味はいかが?」
「本当においしいよ!」
 私はついに冷めて彼と別れた。
 別れる理由を聞かれ、こう答えたのだ。
「あなた、お義母様の料理にしか、『本当に』おいしいって言わないから」


5 『心ここに在らず』

 弟子の作業の手が止まりぼうっとする。
 私が注意しても生返事するだけだ。心ここに在らず。
 しかも、不安げに愛しい女の名を呼んだ。
 まるで、女が二度と戻ってこないのではないかと。
 私はぶち切れた。
「娘は旅行に行っただけであろうが!」
 彼女がいないとこの腑抜けぶりだ。私は溜息をつくしかなかった。

補足
私(大師匠)
弟子(私の弟子)
女/娘(私の孫弟子)


6 『愉快な呪い』オリジナル

 不快で、愉快な呪いのせいで、『し→ち』になった。
 わたちに呪いは効かんはずだが?
「でち、ちとらす……」
 でちに呼びかけるが、『ち』になるのだ。
「おちさま、どうにかちてください!」
「ちちょう、わたちも言えないよう」
 でちとまごでちもやばいな。
 うむ、たいちょなち。三人そろって苦ちめられた。


7 『おいしくなぁれ』

 孫弟子が玉蜀黍の乾種をもらってきた。
「おやつにしますね」
 見るからに固そうだが。
 準備された後、火力調整の謎魔法。
「おいしくなぁれ♪」
 中で種が弾けるではないか。
 何を作っておるのだ?
「どうぞ、塩味ポップコーンです」
 おぉ、食べたら手が止まらんぞ。
 しかし、あの呪文で火力調整できるのが謎だ。


8 『姫君』と『歌』

 ある王国に姫がいた。美しい歌声は評価されず、自信がない。
 歌よりも良き跡継ぎを。
 役目が嫌になった姫は、ある青年と通じて傷物となり、平民に落ちた。
 青年は旅芸人。姫は彼と世界を巡り心から歌う。
 後に本当の『歌姫』として、数々の大舞台に立った。
 その姿は、誰よりも自信に満ち溢れていたという。


9 『消滅』オリジナル

 私は創造者。初代虹の女王。
 誰もが私に逆らえない。そのはずだ。
「これ以上貴女の横暴を見ていられない」
 ある日、夫の騎士が剣を向けた。
「ともに原初へと還りましょう」
 逆らえるはずないのに。
「愛しておりました、我が半身」
 私は騎士に胸を貫かれて消えていく。
 ──どうして?
 最期まで解らなかった。

(色彩王国設定より 初代の消滅を140字に)


10 『最高の最後にしよう』

 円卓には豪勢な料理が並んでいた。
 ドレスを着た少女は椅子に座る。
 大好きな青年がいて、安心する。
「さあ、たくさん食べて。話そうよ」
 二人でたくさん食べて、たくさん話をした。
「おなか一杯! ありがとう、お兄ちゃん」
 そして、少女は満面の笑顔で消えた。
 これは弔いの晩餐。飢餓で死んだ妹のために。

お題ったーから借りました(一部オリジナル)

140字SS用に2つのお題
https://shindanmaker.com/418984

140文字で書くお題ったー
https://shindanmaker.com/375517

140文字で書くSSお題
https://shindanmaker.com/320966

140文字SSのお題
https://shindanmaker.com/587150

140字SSのお題
https://shindanmaker.com/690126

140字SS(全10話)

『傘』と『ペン』もこちらに。

140字SS(全10話)

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted