たましい

草片文庫(くさびらぶんこ)

たましい

2021年1月1日、おめでとうございます。茸幻想小説です。今年もよろしくお願いします。


 青い茸の傘から煙が立った。
 てっきり胞子だと思った。
 ところが、煙は青くなり、透き通った玉となって宙に浮かんだ。
 青い玉がでた青い茸は透明になった。
 それはしわが寄って茶色くなってしなびていった。
 茸から球がでた。
 何だろう。そうつぶやいた。
 だけど、ははは、と誰かが笑っただけだった。
 隣にいた三毛猫の玉に、わかる、と聞いたわけだが、猫が首を立てに振ったので、さすがーっと思って答えを待った。
 猫の玉は恥ずかしそうに、
 「たましい」
 と答えた。
 「茸の魂なのか、きれいだった」
 玉もうなずいた。
 「生き物の魂は自由に遊ぶのよ、寝ているときにね」
 「茸は寝ないだろう」
 「茸も動物も植物も生まれる直前は魂がここで遊ぶのよ」
 「最後はどこにいくのかな」
 そう聞くと玉はキョロリと大きな目を上に向けて
 「天」と言った。
 森に生えているすべての茸の魂がそこに行くと一杯になっちまうだろうと心配していると、
猫の玉は
 「おほほ、魂は次元がないの、あんたが見ている茸の魂は、あたいには太陽ほどの大きさに見えているのよ」  
 「逆に魂の大きさは点にもならないと言うことか」
 「そう、見る人の主観で三次元が決まるの、だから見る人によって大きさが違う」
 「だから、いくらたくさんの魂がいても一杯にならない」
 「形があって大きさがないわけよ」
 「魂がぶつかったらどうなるの」
 玉は言った。
 「気に入った同士は重なった一つになるけど、だめだと重なっているだけ、同化しないの」
  猫の玉は本当に魂のことをよく知っている。
 「動物の魂も同じなの」
「猫の魂と人間の魂が出会ったらどうなるの」
 「よく猫の魂を人間の魂が追いかけているのを見るわ」
 何てこった。ぎゃくかと思った。
 「生きている人や動物や茸はその魂そのものよ、抜け出た魂もそのままということ、猫は独立家、人間は猫の機嫌をとるわ、猫好きだった人間の魂は猫を追いかけるストカーよ、独立心が低いのよ」
 俺もそうなるのか。
 「茸の魂と猫の魂どうなの」
 「どっちも独立、重なっても同化するかどうかはそのとき次第」
 「あ、また茸から魂が抜けた」
 赤い茸が透明になっていく。赤い玉がふわふわと上昇している。
 釣り糸が点から垂れてきた。透明な針がさきについている。
 「あ、」斑猫が叫んだ。
 赤い茸の魂が釣り針に食いついた。
 猫の玉も目をむいて驚いた。
 「あの魂かわいそうに」
 玉がそう言ったとたん、釣り針が赤い魂から赤を吸い取った。釣り糸が見るみる赤くなっていき、魂には色がなくなって、消えてしまった。
 「魂を釣られちまった茸はもう生えてこないか、生えても毒茸よ」
 なんだか魂にも運命があるんだと思って、可哀想になってくる。
 「誰なんだ釣り針を垂らしていたのは」
 「あんたじゃない」
 「僕はつりはだめだよ、魚が見えていても釣れないんだ」
 「魂の国じゃ、つりの名人、茸の魂にいたずらしてるのよ」
 「僕が茸の運命をいじっているっていうのかい」
 「そうよ、ほら、あんたの臍から突き出ている釣り竿に黄色い茸の魂が引っかかったじゃない」
 「自分じゃ見えないよ」
 「そうでしょ、あんたのからだからいろいろなものが飛び出ている、中に入っている魂がやってるのよ」
 「でも、玉は生きてるのにそんなものも見えるんだね」
 「動物はね」
 「自分の魂も見ることができるんだ」
 「そうよ、だけど魂と身体は独立しているから、あたいの魂どこ飛んでるか知らない、でも生きている限り糸がついているから引っ張ればからだにはいる」
 「なぜ僕は自分の魂が見えないんだろう」
 「人は本能が弱いからね」
 「僕の魂はどこにいるんだろう」
 「いるわよ、右目から半分はみ出している」
 「何色なの」
 「茶色」
 「だから茶色が好きなのかな」
 「玉の魂は何色」
 「ほほ、ほのかなピンク」
 「僕の魂はどんな形しているの」
 「ぐにゃぐにゃ、あんたそのものよ」
 「なにしてる」
 「茸の魂にちょっかいだしている」
 「ちょっかいって」
 「いっしょになろうとしてるわよ」
 「どんな茸の魂」
 「茸なら何でもいいようね、今、花落葉茸に声をかけている。あんたの右目から飛び出して、つんつんしている」
 「でちゃったらどうなるんだろう」
 「あんたが生きているときは糸でつながってるわ、ひっぱればからだにもどる」
 「どうやったら引っ張れるのかな」
 「あ、あんたの魂、花落葉茸の魂といっしょになりそう」
 「まだ撲は生きているよ」
 「花落葉茸ももうすぐ生えるのよ」
 「どうしよう」
 「あーあ、いっしょになっちゃった」
 「どうなったのかな」
 玉の髭が目の前に見える。
 玉の髭が僕に当たって、僕はふらふらと揺れた。
 玉の大きな目玉にピンクの花落葉茸が映っていた。
 自分の魂をひっぱらなきゃ。
 臍をかいた。

 と目がさめた。
 ベッドの上で脇に玉が寝ている。
 夢を見ていたようだ。
 今日は日曜日だ。もう少し寝ていようかと時計を見ると八時である。仕事のある日は六時起きで、七時には家をでる。睡眠時間はだいたい六時間ほどであるが、今日は九時間寝ている。これだけ寝ればさっぱりしていそうなのに、なぜか頭がもやもやしている。久しぶりに夢を見たためだろうか。
 玉のしっぽを引っ張った。玉の奴、大きなあくびをして伸びをした。猫っていうのは、実にマイペースで、好きなようにしている。見ているだけで気分がほぐれる。
 一人暮らしなので、なにをしなければならないということはないのだが、いつもの習慣で顔を洗って歯を磨いてと、あさの儀式を終わらせて、朝食の準備をした。
 親が残したこの家は昭和に建てられて物で、作りは良くないが、庭だけはちょっと広い。子供の頃から育ったところで、大学、会社と通えるところにあった関係で、この家からはなれて生活をしたでたことがない。父親も都内の会社に勤めていて、結婚を期に土手沿いに開発された団地の家を買ったという。昭和の中頃のことである。その両親ももう他界した。
 親が飼っていた猫の孫が一匹残っている。それが玉である。嫁さんはいない。と言うより失敗した。もう二十年も前のことだが、お見合いをして結婚式まじかまでいった。映画の卒業と同じと言ったら、想像するのはあのダスティン・フォフマンが結婚式場に乗り込んで花嫁を奪っていく格好いい姿を浮かべるかもしれない。奪われたまじめな婿さんを覚えている人はいるだろうか。まともに撮していなかったかもしれない。それが自分であって、結婚式まで行かなかったので、皆の前で醜態をさらすことはなかったが、彼女のもと彼にもっていかあれた。お詫びの手紙を参加予定者に送った時には、惨めな気持ちだった。
 庭にでた。今日も青空で薄い雲がたなびいている。庭の木々の根本には、ほんのたまに茸が生える。ほとんど名前がわからないが卵茸だけは知っている。しかし最初に生えたときは毒茸だと思って踏みつぶしてしまった。その後美味しい茸であることを知ったが、今では鑑賞のため大事にしている。今年は沈丁花の下に三本しか生えていない。緑だらけの中に朱色の茸はとてもきれいだ。
 庭を出て家々の間をほんのちょっと歩くと鮎川の土手にでる。朝早く起きたときなど、天気が良ければ散歩にいく。今日は土手から川の中州を見ると白鷺が集まってなにかしている。土手にはいろいろな植物が生えるので、それなりに自然と名前を知ったが、茸は生えない。町の反対側の丘には雑木林があるが、そこまで行けば生えているが、おとなになってからは行くことがなくなった。それなのに、今日見た夢には茸が出てきた。花落葉茸と言う名前が頭に残っている。今までそのような名前の茸はしらなかった。本当にあるのか頭が勝手に作ってしまったのかあとで調べてみよう。
 土手を橋から橋の間往復するとだいたい20分だろう。土手の道は簡易舗装されていて歩きやすい。老若男女が自分のペースで走っている。
 程々に眺めて家に戻ると、玉がよってきた。ふすふすと足下をかいだ。
 「何だ、玉」と頭をなでるときょろんとした目で見上げている。なにしてきたという顔だ。
 だっこしてやると、長い尾っぽをぱたんぱたんさせて喜んでいる。
 さて、朝食の用意だ。朝食は紅茶とトースト、ヨーグルトと今日はグレープフルーツ。いつも決まっている。
 テレビのニュースを見ながら朝食を終えると、かたずけて居間でPCを開けた。メールを見てから茸を調べた。ずいぶんたくさんの茸のサイトがある。茸好きが多いと見える。それだけではない茸のウェブ図鑑がずいぶんある。一つ一つ開くのはよして最初から花落葉茸と打ち込んで検索した。存在する茸であることがわかった。
 写真の検索をするとずい分たくさんの花落葉茸がでてくる。色に色々あるようだ。茶色っぽいもの、黄土色のもの、薄き色のもの、ピンク色のものがある。
夢で見たものはピンク色のものだ。かなりきれいなかわいらしい茸だ。ずいぶん普通に見られる茸のようで、素人の投稿も多い。まだ本物を見たこともないし、今まで名前も知らなかったのになぜ夢に出てきたのだろう。
 夢の中では花落葉茸の魂と僕の魂が同化した。少なからず縁がある。丘の雑木林に散策にでもいってみよう。小学生の頃よく遊んだところである。
 そう思い立って、支度をすると出かけた。
 一応カメラを胸からつるした。一人で林の中をさまよっているとあやしい人と思われるのがいやだからであって、本気で写真を撮ろうというのではないところが、何とも情けないと思うのだが、こういう性格だから仕方がない。
 ともかく、玉に行ってくるよと家をでた。日曜日に町を歩くのは久しぶりである。駅の前のスーパーで通勤帰りに買い物をするくらいで、大学生になった頃から自分の町の中を歩くということをしなくなった。小学校中学校の同級生がやっている店はたくさんあるのだがご無沙汰している。
 丘の林の持ち主は昔からの地主のもので、その一角を残して、あとは家が建っている。地主の趣味なのだろう、下草が刈ってあって散歩にはいい所である。昔からそうだった。中学生の頃までは友達と遊んだ場所でもあるので、よく知っているところである。
 駅を通り越して大きな街道を横切ると住宅地の間を通って丘の麓に着く。林の様子は昔と変わりがない。林の入り口で中を眺めていると後ろから声をかけられた。
 「早坂じゃないか」
 振り向くと見たことのある男が立っていた。年格好は自分と同じである。そこで思い出した。小学校のときの同級生だ。
 「ああ、平らか、久しぶりだなあ」
 「30数年ぶりだな、変らないな」
 平は中学から私立に行ったので、それ以来である。小学校の卒業20年の集まりにも顔はだしていなかった。
 「いや、お前も変らないな」
 「なにしている」
 「サラリーマンだ、渋谷までかよっているよ、家は昔のまま、土手の脇の団地」
 「そうだったな、何度も遊びに行ったことがある」
 「俺もお前の所にいったことがある、鈴木の家はこっちの方じゃなかったよな」
 「うん、前は駅の近くだったが、今はこの林の近くにいる」
 「なにしてるんだい」
 「今はアパート経営だ、5年前事業に失敗してね、おやじの残した物を食いつぶしている。もう一度何かやりたいと思ってはいるんだがね、やるとなるとこの林を担保にするか、売らなきゃならから考えているんだ」
 「ここ、お前の所の物だったんだ」
 平が地元の人間だということは知っていた。だけどこの林の持ち主だということは全く知らなかった。
 「うん、小学校のときはカブトムシ捕まえたり、よく遊んだよな、だから手放したくはないんだけどね、これから散歩かい」
 「本当に久し振りなんだけど、来てみたよ」
 「俺は近いものだからたまに歩くよ、カブトムシはいなくなったけど、カミキリやまれに小さなクワガタがいることがあるよ」
 彼はこれから商工会議所の会議にでなければならないので、そのうち飲もうと名刺を渡してくれた。
 小学生の頃、この林のことを虫の森と呼んでいた。もちろん仲間内での名前である。平も仲間だった。理科で虫の取り方を教わった。椚の木に砂糖水を塗りつけておいてカブトムシやクワガタをおびき寄せたり、空瓶を林の中の土に埋めて中に食べ物をいれておいて入り込んだ虫を捕まえたりして遊んだ。虫をとって遊んだのと、小学生には大きな森に思えたところからそんな名前をつけたわけである。林の中に入るとそんなことも思い出した。
 今日は虫ではなくて、茸探しである。林の入口付近から茶色っぽい茸がいくつも生えている。名前などはわからない、ともかくデジカメのシャッターを押した。
 林の中の小道を行くと、結構茸が生えているものである。小学生のときにも生えていたに違いないが、動く虫ばかりに気をとられていた。平らだったと思うが大きな茸を見つけて、茸には茸虫がいるんだということを言っていたような気がする。今度平に会ったら聞いてみよう。
 林の中の斜面を見ると、羊歯に覆われているところに石の固まりのような物が見えた。近寄り羊歯をよけてみると、高さ三十センチほどの墓のような形の石が隠れていた。表面はずいぶん欠けていて地位類が緑色の斑点をつけている。文字が書かれているようだが、読むことができない。魂というような漢字が読み取れる。
 それをじっくり見ていたら思い出した。小学生にはちょっと大きな石に見えたのだろう。墓があると騒いだことがあった。確かに墓のような形をしているが、墓ではなくなにかの碑のようなものだったかもしれない。写真を撮った。これはきっと平の家が作ったものに違いない。
 それからも茸の写真を撮ったが花落葉茸には巡り会わなかった。
 林の中を一時間ほど散策して家に戻ったら、玉が足下にこすりついて見上げた。今日はやけに甘えてくる。抱き上げるとごろごろ喉をならした。
 玉が居間のガラス戸の所に行って見上げた。目玉が庭にでたいと言っている。開けてやると飛び出した。大手鞠の下までかけていく。隣の沈丁花の下の卵茸の橙色が目立つ。玉が何かを見つめている。サンダルを突っかけて庭にでると玉の所に行った。玉の見つめる先を見ると、なんと花落葉茸が生えている。ピンク色のかわいい傘に黒く細い柄、始めて本物を見た。虫の森でみつからなかったのに、まさか自宅の庭に生えるとは思わなかった。夢の中で魂が同化したからだろうか。
 玉が花落葉茸をふすふすと嗅いだ。
 僕を見上げると、またふすふすと嗅いだ。夢の中で玉の髭が目の前で揺れていたのを思い出した。
 
 その夜、玉と話した。
 「やっぱり花落葉茸がやってきたわね」
 「なにしにきたの」
 「あんたを見にきたのよ」
 「どうして」
 「あら、あんたの魂と花落葉茸の魂がなぜか気に入って一緒になったじゃない」
 「そうだけど」
 「魂は死んだとき抜け出るのよ、だから相手を見に来たのよ」
 「うん、わかる」
 「本当にわかってらっしゃるの」
 「なにが」
 「死んだとき一緒に抜け出るのよ」
 「俺が死ぬとき、花落葉茸の魂も抜け出るのだろ」
 「そうよ、一緒だから」
 「そうか死んだら花落葉茸の魂と一緒になって俺はなにに生まれ変わるのだろう」
 「地球じゃないわね」
 「そりゃ楽しい」
 「私も次の飼い主捜さなきゃ」
 「どうして」
 「あんたが死んだら、花落葉茸の魂が抜けるじゃない、花落葉茸が死んだらあんたの魂も抜けるの」
 「どういうこと」
 「あんたは相手のことを考えられない人ね、だから見合の相手に逃げられたのよ、花落葉茸の命は一晩よ」
 ぴんとこなかった。
 「庭にはえた花落葉茸は朝には枯れるの」
 「え」
 「まだわからないの、明日の朝、あんたの魂は花落葉茸の魂と一緒に身体から出て行くの」
 玉のきょろんとした目が自分を見ている。
 髭が頬にふれた。それで夢は終わった。

 次の日、ベッドの上でピンク色の電灯の傘をかぶった男の死体が発見されるのである。小学校の同級生の平が警察を呼んだからだ。
玉が検死官の女医さんの足に擦りついた。

たましい

たましい

夢の中に猫の玉と茸が出てくる。玉と茸の魂について話をしている。やがてその男は。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-01-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted