第五話 ウェルカムトゥザミート

松見坂

 ──西暦二◯二五年十二月八日 東京都葛飾区 源寿院会館

 鉄製のベッドに寝かされているのは、3つの死体。
 面布がかけられ表情は分からないが、目を閉じれば、明確に瞼の裏へ描くことができる。
 彼らの顔を。声を。身長を。
 Pは流す涙もなく、ただ死体の傍らに立っていた。
 テツヤは壁によりかかり、俯いている。
 重たい空気を電球がうっすらと照っている。
 小さな窓の外は、夜。
 あのカフェテリアでの一件から──半日も経っていない。
「……テツヤ」
 訊かずにはいられない。
「何?」
「……俺を狙うビックネームが、一斉に消えた」
「あぁ。言い方は良くないけど──」
テツヤが言い淀む。
「──これで、しばらくは安全だね」
「……」
「チケットがある。今の内に──」
 キィ。
 鉄製のドアが鳴った。 
 そっと顔を覗かせたのは、黒いジャケットを羽織ったホロイワだった。
「……ホロイワさん」テツヤが顔を上げる。「あ、あの」
 かけられる声も聞こえずに、彼女は死体の一つに歩み寄った。
「……これ、とっていいの」
「あー……いいんじゃ、ないですかね」
 面布をそっと外し、その下を検める。
 俯いた彼女の表情は誰にも分からない。
 すぐさまかけ直し、肩を震わせ出した。顔に当てた両手から嗚咽が漏れている。
 テツヤの歯ぎしりが響いた。
「……クソが……ッ」
 拳で壁を殴る。
 Pが顔を上げると、テツヤの頬に二筋の涙が伝うのが見えた。
「ホロイワさん、……俺が、殺した野郎をぶっ殺しますから」
「いい!」
 ホロイワは叫んだ。
「もう、皆に危ないことして欲しくない……」
「……舞台は、残った人たちでやりましょう」テツヤが絞り出すような声で云う。「コイケのためにも、俺たちで……」
「……うん……」
 ブブ、とマナーモードの音。
「すいません」
 テツヤがポケットからスマホを取り出して、部屋を後にする。
 カチャリ。
 そっとドアを閉めると、テツヤは廊下の壁に背をつけた。
 そして溜息をしてから、通話に応じる。
「Пожалуйста, обеспечьте вашу безопасность」

 ──粢歴◯◯二三年 胎内

 波打ち際。
 赤い海が、引いては寄せて、寄せては引いている。
 その液体の往復運動が、砂浜に倒れたコイケに当たる。
 目を覚ます。
 まず、腐った肉の匂いがした。
「あ~……クッソ」
 上体を起こし、声のした方を向く。ソラが眉間を摘み、首を振っていた。
 服が濡れている。
 新鮮な血の匂いがする。
 見上げると、どこまでも高く赤い空が突き抜けている。
 砂浜は延々と続いていた。砂は白い。手についたそれを拾い、よく観察してみる。
 干からびた眼球。
 砂浜沿いに生えているのはヤシの木──ではないな。
 よくみるとその幹はぬらぬらと光って内蔵めいている。その上についた果実は……何だ? 胃か? さらに上で茂る葉は……巨大な舌か?
 とにかく、目に入るあらゆるモノが赤い。痛くなってくる。
 最悪だ。
 なんだこの場所は。
「最悪だ」
 ナカハラの声がする。彼は陸地の方を見渡しながら、苛々と足を打っていた。
「俺達騙されたんだよ」
「騙……され……?」
「Pちゃん──いや、刀の悪魔の野郎……。調子のいいこと云っておいて……」
「ちょ、待って下さいポッターさん」
「ここは強欲の悪魔の腹ンなかだ」
 振り返ったナカハラは、憎悪に支配された厳しい目をしていた。
「強欲の悪魔は命を食す。腹ンなかで輪廻転生が完結してる」
「じゃ、じゃあ俺たちもう──」
出ようと思えば出られるけどな(・・・・・・・・・・・・・・)
「え」
「でもいい機会だ。やることがある」
 そう吐き捨てるように云ってから、ナカハラは陸地の奥へと姿を消した。
 彼が歩くたび、肉を潰すような不快な音が響く。

「クソがッッッ!!」

 そんな怒気に満ちた声が遠ざかっていった。

 コイケが目覚める三十分程前──。
 そこに『彼』は立っていた。
 厚着に特注ジーンズの巨漢。
 両手足には分厚い金属製の輪。輪の先には鎖が繋いであり──途中で引き千切られている。
 『彼』は意識を取り戻した後、拘束具を余裕に破壊すると、本能赴くまま施設にある命を食い荒らしていた。ことさら悪魔の匂いが強いヤツを狙って。
 その果てで辿り着いた。
 並んだ3つの鉄製ベッド。
 そこに横たえられた、3人の男。
「ンあぁ…」
 足を掴み、口を開け、小魚を丸ごと飲み込むようにして、頭から、食す。咀嚼なぞ煩わしいことはしない。
 きっちり3人仲良く、一飲みにごくり。

 ──多人数の足音が近づいてくる。

 再び沈黙させられるまで、果たしてアト幾つ食えるのか。

 ソラが嘔吐しきるのを待ってから、コイケは足を動かしだした。
「メメのやつ、腹ァ空かしてねぇかな……」
 口を拭いつつ、ソラが呟く。
 コイケは応えずに歩を進めた。
 胃の生ったヤシの木を超えると、そこには道路があった。──といってもアスファルトで舗装されてはおらず、艶のある肉壁が彼方まで続いていた。さらに奥地には山のようなものが聳えていたが、本能が警鐘を鳴らしたため直視していない。
 靴の裏に、細かなヒダの潰れる感触。
 踏みしめる度に数センチだけ柔らかく沈み、ぬめり気のある液体が染み出してくる。
「コイケさん……ここ、どこの国か分かります」
「はぁ?」
「え」
「……ソラ、もう海月を使うなよ」
「……」彼は応えなかった。
 道の奥に──
「んだあれ……」
 階段が置かれていた。
 この世界唯一の無機物建造。
 自然と身体が吸い寄せられる。
 小走りで近寄ると、三段目あたりにナカハラが座っていた。
「ポッターさん!」
「……」
 ナカハラは包帯の上から目の傷を掻いている。
「もう来る」
「何がですか。てか、ここから出る方法って何ですか」
「報復の悪魔」
「……そんな都合いいやつがいるんですか」
「怖ェだろ、報復」
 ソラはナカハラの口調に違和感を覚えた。
 この人、こんな格好つけた喋り方してたっけ……。
 と。
 階段の最上段──何者かが浮かんでいた。
 逆さまの図体。足首にはしめ縄。白目。口から垂れ続けるモツ。焼けただれた皮膚。
 異形なハングドマンが、いつの間にかそこにいた。
 全身の血の気が引いていく。
「……報復の悪魔……」
 ナカハラが片足を立てて、うやうやしく頭を下げた。
 コイケとソラが、警戒して一歩退く。
「寿命をやる。だから──」

「──マツミを殺した野郎を、ここに呼んでくれ」

 3機のヘリがビルの頭上を旋回している。
 ヘリポートたる屋上。
 スポットライトの浴びる先。
 星もなき夜空を背後に、『彼』は立っていた。
「うわぁ」
 非常階段を登りきったPがペントハウスより顔を出す。そして苦虫を噛み潰したような表情を浮かべた。
 死屍累々。
 公安のスーツやら機動隊のシールドやらが落ちている。
 そして、食い散らかされた部品の山。
「アぐ」
 また一人、『彼』に飲み込まれた。
 その身長はいつかより高く、3メートル──下手するとそれ以上であった。
 成長している。
 人を食いすぎている。
「ヤダなぁ……」
 Pがぼやいて『彼』へ歩いていく。騒ぎを聞いて、最初は行くのを渋っていた。しかしこれだけ大事になってしまったら、流石に見過ごせない。
 大いなる力には大いなる責任が伴う──。
 好きな映画の台詞だ。
 俺は不死身の上に胡座をかいているわけにはいかない。
 テツヤにラインしておいたが、もう見たのだろうか。というか何処に行ったんだこんなときに。
 『彼』が鼻をひくひくとさせ出した。
 馳走の匂い。
 最高潮の悪魔の香りを──その目に捉えた。

 2人が対峙する。

 どさり。
 階段の最上段に一人の男が降ってきた。そのまま段々と転げ落ちていく。
 肉の道路に投げ出された身が仰向けとなり、彼の顔が顕になった。
「……違う」
 その男はミトジュンヤであった。
「……俺が云ってるのは、運転手のことじゃない。マツミを殺すように仕向けたやつだよ!」
「それは 彼だ」
 ハングドマンの掠れた声。
「彼以外、マツミの死には関与していない」
「……は?」
「彼の居眠り運転がマツミの死を招いた」
「ちょっ──と待て、おい」
 ナカハラが、先程の敬うような姿勢とは打って変わって、肩を怒らせ階段を上っていく。
「マツミは殺されたんじゃないのか」
「あぁ 殺された 偶然に」
「偶然……。偶然、?」
 ナカハラが悪魔へと詰め寄る。
 ただ悪魔の顔と呼べる部位は下にあるので、子供にでも話しかけるかのように中腰であった。
 ちょっと間抜けだ、とコイケは状況に似合わず笑いそうになる。
「そんなわけないだろ!」
「ある」
「じゃ、じゃあ、なんで、マツミは」
「彼が偶然居眠りをしたからだ」
「あ、ィ……、俺は、俺は──師匠は、なんのために……」
「事実だ」
 ナカハラが、がっくりと腰を落とし、地面を握りしめる。
 てか、レオンさん死んでるのかよ。
 コイケとソラは軽く驚いていた。



 ナカハラは、



 慌てた


 師匠への罪悪感
 ホノカへの感謝
 マツミへの決意

 それらを支えていた──憎悪。

 が、消失した。
 意味がない。
 師匠が死んだ意味も
 マツミが死んだ意味も
 俺が殺した意味も

 そんな現実を認めてはならない。
 夢?
 この世あらゆる悲劇には、意味があり未来があって然るべきじゃないのか。

 顔を上げる。
 瓦礫のホーム。
 マツミと、ホノカと、師匠が立っていた。


師匠 仇を討て、ナカハラ。
ホノカ ノゾムならやれるよ。
マツミ 大丈夫。人は死んだら、映画館に行くんだから。


「──あぁ」

 ナカハラは頷き、安心する。
 良かった。これで、なんとかなりそうだ。
 代入せねば。
 誰を?

マツミ ──全て、アイツが悪いんだ。

 そうだ、

マツミ アイツはノゾムを裏切った。
 その通り。
マツミ 皆んなアイツの心臓を狙って、ヒドイめにあった。
マツミ だからノゾムが取り除いてやってよ。


 皆のために。
 Pを殺せ。


 ……よし、良かった良かった。
 これでなんとかなる。


「──天国の悪魔よ」

契約の続きです(・・・・・・・)。……強欲の悪魔の心臓をあげます」

「俺にどうか──、刀を殺せる力をください」

「なっ………」
 ソラが、ナカハラの言葉に愕然とする。
「なに…、いってんだテメェ…」
 地響き。
 耳を劈く咆哮。
 赤い空がヒビ割れ、黒い光が差し込みだす。
 肉の世界が崩壊していく──。


つづく

第五話 ウェルカムトゥザミート

次回、決戦!

第五話 ウェルカムトゥザミート

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 青春
  • アクション
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-12-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted