マスターの近況報告 ~マスターの相談喫茶 外伝~

ヤリクリー

注意事項
①この話は4人で演じてください。男性3人と女性1人か、男性と女性2人ずつのどちらかでお願いします。
②米印はト書きです。読まないでください。
③カッコ内は読んでください。

マスターの近況報告 ~マスターの相談喫茶 外伝~

〔登場人物〕
・小野井 明正(おのい はるまさ/男)…“カフェ=リオール”の店主。53歳。
・野田 亜美(のだ あみ/女)…旧姓、長谷川。以前、このカフェに来店したことがある。。
・野田 晴也(のだ はるや/男)…亜美の旦那。過去作の、結婚相手の正体。
・N(ナレーション)…可能であれば男性で。女性でも可。


N:ここは、カフェ=リオール。マスターの小野井が淹(い)れるコーヒーと親身になって応えてくれる人生相談が人気のお店だ。
今回は、以前ここを訪れた“ビジネスウーマン”が再来店。渦中の旦那様もご一緒である。

小野井:本日は、以前予約をしてくださったお客様のご来店日ですね。2名様の予約ということで、どのようなお客様がご来店されるのでしょうか?楽しみです。

N:少ししてから、例のお客様方がご来店。見た限り、夫婦のようである。

それに、女性の方は小野井も見覚えがあった。彼女に関しては、言わずもがな。

小野井:いらしゃいませ。本日予約されていた”野田様”でよろしいでしょうか?

晴也:はい、間違いございません。

亜美:マスター、お久しぶりです。

小野井:亜美様、お久しぶりです。お待ちしておりました。

亜美:こちらこそ、なかなか時間を作ることが出来ず申し訳ございません。
やっとのことで調整ができました。

小野井:いえいえ、お気になさらず。
どうぞ、こちらへ。

亜美:ありがとうございます。

晴也:失礼します。


N:晴也は、亜美と小野井の関係を全く知る由(よし)もなかった。

何せ、”恋のキューピッド”が彼なのだから。

晴也:亜美。1つ聞いていいか?

亜美:えぇ。どうかしたの?

晴也:前さ、”マスター”って人物に手紙を送ってたでしょ?そのマスターって人物は、彼のことでいいの??

亜美:そうよ?彼のおかげなの。

命の恩人よ。

小野井:晴也様、でよろしいでしょうか?

ご紹介に預かったような気がしましたので、軽い自己紹介を。私が、そのマスターです。小野井でございます。ようこそ、”カフェ=リオール”へ。

晴也:こちらこそ、初めまして。晴也、と申します。うちの妻が大変お世話になりました。

小野井:いえいえ。とんでもございません。

晴也:妻がどうしてもこの店に行きたいとせがんでいましたので、何とか時間を確保してこちらに参りました。

亜美:マスター。このコーヒーチケット、まだ使えますか?

小野井:どれどれ?

はい。ご利用いただけます。

亜美:じゃあ、ウインナーコーヒーとリオールブラックをこのチケットで。

晴也:亜美。何か、”アカノワール”って言う期間限定品があるみたいだぞ?

亜美:そうね。クロノワールのサクランボ味みたい。

小野井:そうですね。甘酸っぱいクロノワールもアリかなと思いまして、この度、期間限定で用意させていただきました。

亜美:では、私はそれも一緒に。

晴也:私は、サンドウィッチセットの小倉餡(おぐらあん)を。

小野井:かしこまりました。お待ちくださいませ。


N:久々に訪れるこの店は、以前とは何も変わっていない。落ち着いた雰囲気に5つほどのテーブル席。7個あるカウンター席。額縁(がくぶち)に飾ってある絵が数点あり、花が飾られている。どうやら、造花ではなく本物のお花のようだ。

小野井:お待たせしました。ウィンナーコーヒーとリオールブラックでございます。サンドウィッチセットとアカノワールはもう少々お待ちください。

晴也:俺、この雰囲気の店好きだなぁ~。小さいころに、よく親父とこんな感じの喫茶店を巡っていたんだよ。
残念ながら、行きつけの店はもう無いけど。

亜美:そのお話は初耳ね。あなたも喫茶店巡りしていたの?

晴也:まぁね。親父自身がコーヒー好きでさ。よく連れていかれてたんだよ。

小野井:(夫婦仲は良好のようで。なによりなにより。)


N:晴也曰く、喫茶店は好きなようで。仕事の合間にも休憩がてら利用しているほどだそうだ。ブラックコーヒーがお気に入りのようで、その店限定の名称が付けられたものには目が無いそうだ。

亜美:だから、リオールブラックを頼んだのね。

晴也:そういうこと。


小野井:お客様、お待たせしました。アカノワール、サンドウィッチセットの小倉餡でございます。

晴也:ありがとうございます。

亜美;ありがとうございます♡いただきます。


小野井:(思い出しますね、彼女が初来店されたあの日の事。今でも鮮明に覚えております。)

晴也:うん!美味しい!

リオールブラックが、甘い味の料理に合うこと合うこと!これくらいの苦さが最高なんだよ。

亜美:ウィンナーコーヒーと言ったら、やっぱりここのお店よね。
”あの時の記憶が甦る(よみがえる)わ”

それに、アカノワールもサクランボの風味が効いていておいしいです。見た目も可愛くて、気に入っちゃいそうです♪

小野井:喜んでいただけて光栄です。

亜美:あなた。実はね?

晴也:ん?どうした??

亜美:この日のために、コーヒーチケットを買いなおしていたの。

前、何か郵便が届いていたでしょ?チケットが入っていたって。

晴也:そういえば、見知らぬ名前に住所だったなぁ。

電話で予約でもしたのか?

亜美:そういうこと。

あなた、ごめんなさい。

晴也:いやいや、気にすることはないさ。

マスター。こちらこそいろいろとご迷惑をおかけしました。

小野井:いえいえ。お気になさらず。


N:軽く談笑をする3名。

いつしか、話は夫婦の馴れ初め話に。

亜美:マスター。

小野井:はい。

亜美:まだ、私たちの馴れ初めを話していませんでしたよね?

小野井:確かに。まだお尋ねしていませんでしたね。

晴也:私の方からご説明させてください。

小野井:えぇ、どうぞ。

亜美:あなた、お願いします。


N:晴也から、2人の出会いのお話が語り始められた。

2人の出会いのきっかけは、今から4年ほど前のこと。マスターからのアドバイスを受け、亜美の家で忘年会が開かれた。その際の出席者の一人が彼。その日は彼女とそこまで話をすることはなかったのだが、どうも話し足りなかったようで。お開きの後、電話をしたそうだ。


晴也:お疲れ様です、野田です。

亜美:長谷川です。お疲れ様です。

晴也:本日は、どうもありがとうございました。

亜美:こちらこそ、ありがとうございました。

晴也:…実は、少しお願いが。

亜美:何でしょう?

晴也:会は楽しかったのですが、あまり貴女とお話が出来ていなかったので。

亜美:そうですね、あまり言葉を交わせませんでしたね。

晴也:今度、2人で食事かお茶にでも行きませんか?

”もっと貴女とお話がしたいのです”

亜美:えぇ、喜んで。
私でよろしければ。

晴也:…!ありがとうございます!!

スケジュールの方は、追って相談しましょう。

亜美:うふふ♡

”楽しみにしています♡”


N:それから数日後。2人は近くのカフェでお茶を嗜んだ(たしなんだ)。

晴也:ということなんです。

亜美:それは大変でしたでしょう。

晴也:ま、お互いさまってことで。

亜美:うふふ♡

晴也:アハハ。

(そろそろ時間だなぁ。あっという間だったなぁ~。)

亜美:どうかしました?

晴也:あ、あの…。

”貴女とお話をしているととても楽しくて、もっともっと話をしたいなぁ”と。

”もっと一緒に居たいなぁ”(※ポソッ)

亜美:”私の方こそ、もっと楽しく会話したいなぁ~。”

晴也:付き合ってください!

亜美:え?

晴也:”私と付き合ってください!お願いします!”

亜美:え?!

え、えぇ。はい…。

晴也:?!

亜美:こ、こんな私でいいのなら。

晴也:!

亜美:唐突過ぎてびっくりしたわ。

”こちらこそ、お願いしますね♡”

晴也:…は、

”はい!!”


N:それから数年後、2人は無事にゴールイン。マスターの提案が綺麗にはまったのだ。


晴也:というわけです。

小野井:なるほど。そのようないきさつがあったのですね。

亜美:すべては、マスターのおかげです。

小野井:だから、私は特に何も。

晴也:マスターのおかげです。ありがとうございます。


N:その後も会話が弾み、お会計に。

すると、2人は小声で何かを話し合っていた。

亜美:(ねぇ、あなた。)

晴也:(ん?どうした??)

亜美:(マスターに感謝の気持ちを伝えたいんだけど…。)

晴也:(アレ、したいのか?いいぞ?

命の恩人なんだろ?だったら、尚更さ。)

亜美:(あなた、ありがとう)


小野井:では、会計をお願いします。

晴也:アカノワールとサンドウィッチ分。コーヒー代はさっきのチケットで。

小野井:確かに、お預かりしました。おつりとレシートをどうぞ。

晴也:ありがとうございます。


亜美:マスター。

小野井:はい、何でしょう?

亜美:少し窓の方を見ていただいてもよろしでしょうか?

小野井:あ、はい。かしこまりました。


N:小野井が窓を向く。

”亜美の唇が小野井の頬に触れる”

亜美:chu♡(※軽めのリップ音)

小野井:!!

晴也:貴方へのお気持ちです。

受け取ってやってください。

亜美:”マスター。ありがとう♡”
(※小野井の耳元で囁くように)


晴也:また来ますね。

亜美:マスター、行ってきます。

小野井:”ありがとうございます。
またのご来店、お待ちしております!”

(亜美様。お気持ち、確かに受け取りました。)


N:マスターの近況報告、めでたしめでたし。

マスターの近況報告 ~マスターの相談喫茶 外伝~

訂正情報
・12月28日(月) 本文を一部修正

マスターの近況報告 ~マスターの相談喫茶 外伝~

以前作成した”マスターの相談喫茶”の外伝でございます。恋愛で悩んでいた一人の女性のその後の様子が語られています。 どのようなドラマが起こっていたのか、覗いてみてください。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY