壁をたたく音

草片文庫(くさびらぶんこ)

壁をたたく音

茸SF小説です。縦書きでお読みください。


 築10年の中古の木造家を借りた。住んでいて気に入ったら買い取るつもりである。新宿から30分、駅から10分と近くていいが、丘の一番上にある。IT関係の会社なので自宅でできる仕事が多く、週に2、3回程度好きな時間に会社に行けばよい。ソフト開発の与えられたノルマさえこなせば時間は自由である。ほぼ同じ年の仲間はみな会社のある渋谷の近くに瀟洒なマンションを買って住んでいるが、私にとって郊外の自然の豊かなところの方が仕事ははかどるし散歩もできるので仕事のプラスになる。都内のマンションにいる連中は車とスポーツジムと同じパターンである。私は車も乗らないわけではないが、買い物に歩いていったり、家の周りを歩いたり、生活が身体を動かすことにつながっている。
 一緒に会社にはいった同僚はみな独身で私も同じくである。三十になったばかり、今頭を働かせていいソフトを一本でも開発すると、うまくゆけばその後は一生あくせくしないで暮らせる。みなそう思って結婚のことは意識的に忘れている。
 マンションに住む同僚はなぜメンテナンスに面倒な一戸建てを借りたんだと聞くが、週一度の室内掃除、水回りの管理、風呂や台所の管理をそれぞれ業者に頼んでいるが、都内の便利なマンションの管理費を考えるとおつりがくる。
 そんな答えをするのだが、まあ趣味の問題だろう。
 
 四月に移って約半年、秋になってから、ちょっと奇妙なことがある。大したことではないのだが、二階の寝室で寝ていると、隣の仕事部屋からとんとんと壁をたたく音がする。よく戸袋などに蜂が入り込み巣を作って、羽音が聞こえてくると言ったことがあると、不動産屋が言っていた。そのときは蜂の駆除の業者を紹介してくれという。しかし、居間と寝室の間の壁の中には蜂など生き物は入れないだろう。それに、とんとんと音は小さいが、明らかにたたいている音なのである。
 ホラー映画によくゴーストが壁の中に潜んでいて夜中に歩き回るといったたぐいのものがあるがそのような恐怖感をもつようなものではない。
 とても小さな音である。数日続いたので、昼間に寝室のベッドに転がっていてみた。音は聞こえなかったが壁に耳をつけてみると、とんとんという音がしている。もちろん隣の居間に行っても誰がいるわけでゃない。かなり規則的な音なので、どこかの音が家に伝わって物理的な性質から壁のところに出てきてしまっているのだろうと解釈をして気にしないことにした。
 その音は秋が深まるとしなくなり、初めての一戸建ての冬を迎え正月になった。正月には同僚を呼んで食事を振る舞い、一泊してもらった。感想は一戸建てもいいなと言っていたが彼らは都会の遊び場がないとつまらなくなるだろう。
 春になり、桜も散り連休になると、またとんとんという音が聞こえ昨年の秋を思い出した。季節が良くなると音が聞こえる。ということは生き物が関係するのではないだろうか。蟻みたいなものがはいりこんで、集団で何かをしているその音が何らかの現象で増幅されているのかもしれない。
 それにしても、たたくリズムが昨年の秋と全く同じだ。音を出している現象は変わっていない。ただ場所がちょっとずれているようだ。ベッドに寝ると頭の脇から聞こえていたものが、首あたりだ。そう思っていたら頭あたりからも聞こえてきた。広がったようだ。それから三日後足の方まで広がった、壁のすべての面から音がでている。
 仕事部屋に回って壁に耳をつけてみると、すべての面から音が聞こえてきていた。壁は今の建物の作りだからベニヤが張られ、壁紙が張ってある当たり前の作りである。
 しばらく経つと今度は廊下側の壁からとんとんというかすかな音が聞こえてきた。仕事部屋との間の壁からも聞こえている。ということは音が増殖している。壁の材質のもんあいではなさそうだ。ただ普通に生活や仕事をしている間は全く気にならないので、あまり追求する気にもなれない。
 梅雨の時期になると窓側の壁や一階のキッチンと居間の間からも聞こえてきた。どこも壁の中から聞こえてくる。
 一度誰かに見てもらった方がいいだろう。駅に行う途中にある家を買った不動産屋に声をかけた。
 この市の土地持ちがやっている不動産屋でデスクにいる専務は社長の弟である。
 「なにかいるのかなあ、あの中古は建築業者がこのあたりではなくて埼玉なんだが、とてもいい仕事をするので有名なんですよ、材料もいいものを使うところなんで、建てられた人も丁寧に使ってましたよ、アメリカにいくのでやむなく手放されたんで」
 クレームと勘違いしたようだ。
 「いえ、とても気に入っています、いい家ですよ、壁に虫でも入り込んだかと思いまして」
 「ああそういうこと、ならうかがいますよ、何時がいいですか」
 「夕方ならいつでもいいのですが」
 不動産屋は家の簡単な図面を持って四時に現れた。
 専務は一階のキッチンと居間の間の壁に耳を当てた。
 「確かに小さい音だがとんとんと聞こえますな、だけど中に何かがいるようではありませんな、これは遠くの音が家に伝わってきているようです」
 外の音の可能性は自分も考えたことだが、だんだん広がっていくのは理解できない。
 「どうでしょう、一度家の外回り、庭の中を調べてみてください、外壁に耳を当てて、同じ音がするかどうか聞くといいと思います、今日、これからまわるところがあります、またきます」
 「いえ、まず自分でやってみます、もしわかったら、またお願いするかもしれません」
 「もちろん、いつでもおいでください」
 専務はうまく解決できたと思ったのかにこやかに戻っていった。確かにそういうことはありうる。庭にでて家の壁に耳を当てたり、土台を見て回った。ぐるりと見たがとくにお供しないし、変わったところはない。ただ蟻がたくさん歩いている。蟻が悪さしているのかもしれない。蟻の駆除剤を買ってきたほうがいいだろう。
 次の日、駅の近くの薬屋から噴霧式の蟻駆除剤を買った。帰りに不動産屋によってて蟻かもしれないと、お礼を言った。専務は愛想良くそうですよと相槌をうった。
 家の周りに思いっきり蟻退治の薬を撒いた。
 ところが、その夜、やっぱりとんとんと壁をたたく音がした。しかも、家の壁という壁すべてのところから音が聞こえはじめた。逆に増えてしまったようだ。
 毎日音が響くようになった。庭にでてはいつくばってコンクリートの土台に耳を当ててみたがなにも聞こえない。
 仕事をしていても聞こえてくるようになると、気になるものである。壁を一度はがすしかないだろう。幸いベッドをずらせば壁にカレンダーがかけてあるだけである。また不動産屋に行くのもなんだか気が引けた。駅ビルの中に何とかホームという店があった。そこに聞いてみよう。
 「壁をはずして中を見たいんですが」
 といったら店員さんがびっくりした。言い方が悪かった。言い直した。
 「壁の中がおかしくなっているようなので、はがして様子を見たいんですが」
 「はあ、ご自分でなさるんですか」
 「いえ、ここではそういうことはやっていただけませんか」
 「雨樋をなおしたり、割れた土管を取り替えたりしますが、そういうのは大工さんの方がいいのではないですか、壁紙を張ったりはしますが」
 それで地元の大工さんを教わった。
 駅の反対側にその店はあった。ちょっとあるかなければならなかったが、間口の大きな古そうな工務店さんがあった。
 そこで状況を話すと親父さんらしい人が、
 「時間のあるとき行ってやるよ、だけど同じ壁紙がないと元に戻せないよ」とうなずいた。
 「急ぎませんから、お願いします」
 というと、「ちょっと様子を見せてもらっとくかな」
 というのでハイとうなずくと、店の前の軽トラックの助手席のドアを開けて、「いまでよかったらいっしょにいこう」
 といった。驚いたが助手席に乗った。
「住所と道順を言うと、岡本さんちか」と知っていた。
 「岡本さんは宇宙物理学者で、何でもアメリカの何とか行う宇宙研究所に引き抜かれて行っちまったんだ、夜はよく望遠鏡で星を見ていた、星がすきなんだそうだ」
 「もどってこないんですかね」
 「だから売っちまったんだろうね、あの家はよくできてるよ、だけど何で壁をはずすんかね」
 「それが、壁の中から音がするもので」
 正直に言った。
 「あの学者さんなんかしこんでいったんかね」
 冗談ともとれない顔をして親方は車を玄関の脇につけた。
 「どうぞ」
 工務店の親方を二階に案内した。
 とんとんという音はまだ聞こえていた。
 「ほう、確かに聞こえているな」
 親方は拳で壁をたたくと、
 「しっかりした高級ベニヤを使ってるな、木がたくさんはいっているし、いいもんだ、開けるのは容易すよ、土曜日の午前中なら若いもんさせることができるよ、こりゃ開けたあとはどうするね」
 「中の様子で、すぐ閉めてもらいます」
 「壁紙は後でもいいかね、近いものを探しとくから」
 「はい」
 「だけどこの音は不思議だな、なにがだしているのかね」
 そう言って帰っていった。
 
 土曜日、若い人がきた。道具を担いで二階に来ると、なれた様子で壁を取り外しにかかった。隅のところに釘抜きのようなものを思いっきりつっこんだ。その拍子に彼は跳ね返されひっくり返った。
 「大丈夫ですか」
 驚いているが、私も驚いた。
 「いや、すみません」
 彼は恥ずかしそうに立ち上がった。もう一度隅に金具を当てた。どうにもならない。首を捻りながら、スマホをとりだしてなにやら連絡をした。
 「堅くて道具が入らないんで、すみません隅に穴をあけていいですか、おわったら補修しますので」
 私がうなずくと壁の下の隅に電気ドリルで穴をあけるため鉛筆で印を書いた。。
 彼がスイッチを入れるとドリルが回り出したが、先が壁に当たるとキイイイイーといって滑ってしまった。今度は昔ながらのきりを取り出して壁にさそうとしたが刺さらなかった。彼はまたスマホで電話をかけた。
 しきりと謝っている。
 「変なんです、この壁堅くて道具の歯がたたないんです、今親方がきます」
 若い職人さんが困惑した顔をしている。
 「そんなに堅いんですか、今の建物なんて下手にちょっとたたくと壊れるほど柔だと思っていましたよ」
 壁をたたいていみた、確かに堅い。たたいたあととんと中から返事のような音がした。なんだろう、若い職人さんは気がついていない。
 すぐに親方がきた。
 「なにやってんだ」
 若い門を叱り飛ばしながら親方も同じように剥がそうとした。ところが全く歯がたたない。
 「壁紙もはがすことができない、わかんねえな、ご主人、他のとこやってみてもいいかな」
 「いいですよ」
 居間に案内した。親方は意固地になってこじ開けようとしたのだがだめ、とうとう金槌でたたいたりしたが跳ねかえっただけであった。そのとき中からたたき返したような音が帰ってきた。今度も親方たちにはわからなかったようだ。
 「何でできているんでしょうね」
 「わかんねえ、ご主人まことにすんません、うちじゃだめそうだ、作った工務店にきいてくだせえよ、これは木じゃねえ、あの学者が作ったものじゃねえかねえ」
 「ええ、いいですよ、お代をはらわにゃ」
 「とんでもねえ、みっともねえこってすんません、音が聞こえるのも、あの学者が中に仕込んだのじゃねえかね」
 調度会社に行ったときに新宿駅の店で買った月餅があったので持たせた。工務店の親方は恐縮して帰って行った。
 それにしてもなにでできているのだろう。触った感じでは普通の壁紙である。
 さっき強く叩いたら叩き返してきた。そばにあったボールペンでトトンとたたいてみた。するとトトンと返ってきた。いったいなになのだ。誰かが中にいるようだ。
 耳を壁につけてみた。今まで通りの規則正しくたたく音だ。耳をつけたままトトトンとうってみた。するとトトトンと返ってきた。何かの仕掛けが施されているのだろうか。前住んでいた宇宙物理学者はなにをこの家に施したのだろう。
 逆に、ちょっと興味がわいてきた。音は特別大きくはならない。

 ある日、不動産屋の前を通ると、あの専務が通りにでて植木鉢の中を覗いている。
 「どうしました」
 「あ、あなたでしたか、いや、植木鉢に茸がはえて、抜こうかそのままにしようか、考えていたのですわ」と驚いたように振り返った。診ると鉢の中のベンジャミンの脇に黄色い茸が生えていた。
 立ち止まって見ていると「壁はどうしました」と覚えていた。
 「音がやまなくて、工務店に頼んだけど、堅すぎてはずせなかった」
 「あれ、そりゃ何だろう、埼玉の工務店に頼んだって聞いているし、その会社の図面では上等な厚手のベニヤ板になってたと思うんですがね」
 「注文した人は宇宙物理をやっていた人だそうですね、工務店の親方が言ってました」
 「そうですよ、あれ、言いませんでしたか」
 「先生とはききましたが」
 「宇宙を研究していた人で、世事には疎い人だった」
 「その埼玉の工務店の電話わかりますか」
 「ええ、売買契約の時の書類の中に建築設計図あると思いますよ、それに業者の名前、が書いてありますよ」
 そうか、購入時の書類が箱にまとめてあるのでみてみよう。
 家に帰って開くと工務店の電話が書いてある。早速電話をかけ、壁のことを聞いた。電話の向こうからこんな話が聞けた。
 「あれは先生が使ってくれと言うすでに壁紙を張ってあったベニヤ板でこしらえましたよ。大きさが図面通りにできていて、はめ込んだらぴったりで驚きました」
 「はずれないんですよ」
 「接着剤も用意されていて、くぎは一本も打ってありません」
 「たたいてもこわれないんです」
 「そりゃすごい材料だ、何ですかね」
 「それを聞きたくて電話しているんですよ」
 「わからんですね、大学の先生だったからだったから、お仲間の試作品でも使ったんじゃないですか」
 「中はどうなっているんでしょう」
 「かすがいの間には防音と断熱をかねた材料を詰めてあります、なぜでしょうか」
 「中からたたく音がするので壁を開けるのを頼んだのです」
 「あーそれは私らもわかりませんね、だけど作ったときにはなにも入れたりしませんでしたよ」
 これ以上話してもらちがあきそうにないので、礼を言って電話を切った。
 壁をたたく音はあきらめるしかないだろう。

 こうして、秋を迎えた。夜空がなぜかきれいだ。窓を開けていると虫たちの声が聞こえてくる。
 そんなある日のことである。壁がぼっと光を放っている。まるで蛍光塗料が塗ってあるようだ。寝室と書斎の間だけではない。家の中の壁というかベが青く輝きだした。庭にでてみる。外のモルタルづくりの壁は全く変わっていない。家の中にもどってみると、壁という壁一面に青く光っている。
 それから壁をたたく音も日増しに大きくなってきた。
 朝起きたとき、雷が遠くに聞こえた。ベッドから起きてパジャマから着替えたとき、雷が耳元でなったとたんに雨の音がして、ざあざあと屋根を撃つ音が襲ってきた。ぴかっと光ったらすぐにシャーと音がして、家の中が光に包まれた。雷が落ちた、と思った時である。壁の青白い輝きが消えていて、透き通って中のものが見えた。丸っこい者がぎっしり詰まって揺れている。茸だ色とりどりの傘を持った茸が壁の中に詰まっている。揺れながら皆で一緒に透きとおってしまった壁を叩いている。
 また稲光が走った。ごろごろぴしゃんと音が体中に響いた。
 そのとたん壁が崩れた。茸たちが部屋の中に飛びだしてきた。
 茸たちは次から次へと寝室の中に出てきた。いったいどこから出てくるのだろうか。出てきた茸は頭を振って他の茸の傘にぶつかっている。いや挨拶のようだ。茸はどんどん飛び出てきて自分の周りに溢れた。自分も茸に埋もれそうだ。
 また稲光がした。茸たちが大きく膨らんだ。成長したのである。
 頭の上まで茸に乗っかられている。
 息苦しくなってきた。
 かき分けようとしても前に進めない。
 やっと動いて階段にたどり着いたが、階段も茸で埋め尽くされている。思い切って階段のあるところへ身を投げた。茸をかき分けて下に落ちることができた。一階も茸に埋もれている。何とかかき分けると玄関にたどり着いた。玄関の戸を開けて外を見ると雨がざあざあ降っている。
 玄関から茸たちが私を押してた。私は外に弾き飛ばされた。私が雨のなかで起きあがると、茸たちも家の中からあふれ出てきた。
 また雷が鳴った。勢いよくたくさんの茸が外に出てきた。茸たちは雨の中、その場で頭を振っている。
 私はびしょびしょになってってやっと立ち上がった。
 そのとたん、雷が私の頭から足先に貫いた。
 はっと気が遠くなり自分が失われた。
 気がついたら雨はやんでいた。自分は庭にいる。足下にたくさんの茸がいた。それだけではない、茸たちが庭を埋め尽くしている。
 一番近くにいた赤い傘の茸が話しかけてきた。
 「この星の人をうちらの星に連れて帰らなきゃいけないので、同じ形になってもらったのだけど、大きすぎて壁にはいれないね」
 私は自分の体がどうなったのかわからない。
 「こいつを二階の寝室に運ぶぞ」
 赤い茸がそういうと。茸たちが私を押して動き出した。
 「どうなっているんだろう」
 玄関から中に入り、玄関にかけてある鏡を見た。
 自分が紫色の茸になっている。
 「上に行くよ」
 茸に促されて二階の寝室にもどった。
 茸たちは壁の中に飛び込んでいく。 
 「ここの地球人はどうしよう」
 私の脇に立っていた赤い茸がすでに壁の中に入っている黒い茸に尋ねた。
 「大きさを縮めることはできないね」
 「それじゃあきらめますか」
 「仕方ないね」
 「この地球人ほっときますか」
 「しょうがないだろ」
 「でも何か星に持って行かなければなりませんね」
 「さっき庭にでたときに、我々そっくりな形をした地球の生き物を見つけたので、ほれ連れてきた」
 壁の中には花井口があった。
 「だけど地球のこいつらは話もできないし動くこともできない」
 「茸というんだ」
 私は大声をだした。
 「そうか、それであんたはなんて言うんだ」
 「人間」
 「そうか地球の主か、まだ進化の途上だな、さて我々は帰るよ」
 透明な壁が元に戻り始めた。
 茸たちは壁の中で頭を新しくできた壁にぶつけた。やがて透明だった壁が元の壁紙が張られている壁になった。
 「ここはね遊覧宇宙船の駅なんだよ」
 茸の一つが私にそう言った。
 やがて壁の音が聞こえなくなった。
 わたしは大きな紫色の茸になって、ベッドの上で転がっている。
 いったい誰が最初に茸になった自分を発見するのだろう。
 時はどのくらい経ったかわからない。
 男が二人部屋に走ってきた。
 「まただよ、こんどは紫の茸があるよ、あの男はいったいどこに行っちまったんだ」
 「両親の話しだと、ふらっと遊びににいったんじゃないかと言っていたよ」
 「前の岡本先生のときは赤い蛞蝓だったな、あの先生はアメリカに行ったんだよな」
 不動産屋の専務と工務店の主人である。
 「本当にアメリカに行ったかどうかわかんないんだ」
 「そうなのか」
 「親方、きれいにしておいてくれるかな、また借り手を捜すから、茸も処分してくれるよな」
 「ああ、蛞蝓は気持ちが悪かったけど、茸じゃ楽だよ、食べられるのかな」
 「好きなようにしていいよ」
 二人は階段を下りていった。
 

壁をたたく音

壁をたたく音

古い木造一軒家を借りた。壁から音が聞こえる。中では茸が詰まって動いていた。

  • 小説
  • 短編
  • ミステリー
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted