R18-1

ひがし

R18-1

 その男は監獄の地下牢にいた。



 両手には巨大な石の手錠がはめられ、その体は地下牢の壁にしっかりと固定されている。



 上半身は裸で、そのたくましい肉体には無数の傷が刻まれている。



「……まずは危険物を所持していないか調べる。衣服を脱いでもらう」



 上官は彼のズボンと下着を脱がせた。



「今から検査を行う。おまえは手順を見ていろ」



 上官はそう言いながら手袋を付けた。



「囚人の身体に触れるときは必ず手袋を付けろ。これは絶対だ」



 上官は手袋を付けたまま、囚人の身体に触れた。



「まずはここだ。ここに物を隠していないか調べる」



 上官の手が囚人の陰嚢をつかんだ。



「玉の裏側だ。まずここを調べる。人によって違うけど、大きい奴はここに物を隠すこともできる」



 上官の手の動きに合わせて、囚人の陰嚢がゆらゆら揺れている。



「これくらいのサイズなら十分に物を隠せる。覚えておけ」



 陰嚢から手を放し、今度は尻に触れた。



「次はここだ。ゆっくりと指を入れて中を確かめる…」



 上官が指を動かしている間も、囚人の顔色に変化はない。



 そばで見ている俺は思わず感心した。



( すごい精神力だな。これが海賊王の息子か……)



 金城 1995 1129 那覇

R18-1

R18-1

注意。ゲイ向けアダルト小説です。

  • 小説
  • 掌編
  • 成人向け
  • 強い性的表現
更新日
登録日 2020-12-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted