将門の儚 改訂稿

草也

将門の儚 改訂稿


 『御門家、断絶』、この秘文は敗戦直後の一九四五年九月の『地下文学』復活号に、作者不詳として発表された。戦時下であれば、まさに、甚だしい御門侮酷の国家反逆罪に当たったであろう。著者は草彦である。


『御門家、断絶』から。


ー御門家断絶ー


 この小編は将門の乱の直後の、いわゆる金聖天皇の御世といわれるニ年間の綺談である。このニ年の治世は闇に包まれている。史書の何れにも具体的な記述は発見されていないのだ。つまり、歴史学的にはこの帝位の存在は証明されていない。
 だが、将門とイワキの怨念が引き起こした世情の混迷と、帝位の断絶を物語る伝承は随処に存在するのである。

 さて、読者の諸氏は、この国の真の実相をご存じか。深刻に考えたことはあるか。或いは、『地下文学』復活号の読者の諸兄には、些か、愚問であったろうか。
 愚劣極まる戦争に反対をして、専横の弾圧を受けながらも、その志を貫いて、今日を迎えた諸兄には、深甚より敬意を表する。
 だが、人民の大方は、つい一月前まで、現人神だとする御門の命に諾諾と伏して、無謀な戦の渦中に、前線と言わず銃後を問わず、狂人の如くに立ち振る舞っていたのではないか。
 だから、ここに至り、この国の、とりわけて、御門制の虚構を暴露することは、極めて緊要な命題であろうと、信ずるのである。
 
 それでは、なぜ今、将門とイワキの寓話を書くのか。言わずもがな、明治の御門制復古以降、とりわけ、この戦時下にあって、平将門はまさに朝廷の反徒、逆臣であり、御門制の重大な禁忌であったからである。禁忌を書かずして、この齢に至りか細い筆をとる意味などはないではないか。
 

ー草彦ー

 一九四三年の盛夏。
 未だに涼気を渇望する丑三つの頃の、草彦の夢現なのである。
 光の彼方から妖しい声が響き渡って来るのであった。
「驚くには当たらない。浮き世の絵師達が筆にした如く、そもそも、妖怪に足がないのはお前達の世でも承知の筈ではないか。永劫に存在するこの霊魂の世界に生殖はないのだ。そもそも、聖魂には淫欲など有り様もないのだから、勿論、女陰も必要がないのだ。だから、合理的に下半身そのものがないのだ。私はこの光と同じように純一な精神と理念だけの存在なのだ。光そのものなのだ」と、自分をその女の始祖だと言う、至極に妖艶な女が話し始めた。確かに葡萄色の浴衣に包まれた下半身は、一年ぶりの風と戯れる桔梗の一輪の様で、光と同調して朧に揺らいでいる。
 それにしては、芳醇に満ちて、匂いたつほどの乳房の豊かさではないか。この様ないかにも俗世の果報を、真正な理念というものがなぜ具備しているのか。
 現世をあらかた容認して生きている、ニ〇歳半ばのこの男、草彦には不可思議としか思えないのである。
 過ぐる宵にも海軍省の下級官吏を、淫靡な営みから産まれた様な色めく芸妓を侍らせてふしだらに接待し、帝国海軍の相次ぐ戦果を口を募らせて礼賛して、新しい商いの確かな目算を立てたばかりだ。
 そして、因縁で係わるという物の怪なら、なに気に思い当たる心根の一つもあろうものなのに、男はこの女には些かの覚えもないのである。女は、なぜこの男の眼前に鬱然とたち現れたのか。

 すると女は、男の禍禍しい自問を透徹した風に、冷厳に見据えて諄諄と語り続ける。
 男が将門の紛うかたなき直系の子孫だと、女は宣下するのである。男はにわかには理解できない。そもそも男はへその緒が付いたまま捨て子にされたのだ。家譜などというものはもとより、両親にも無縁なのである。名前さえなかったのだ。
 七歳の時に養子縁組みの幸甚を得て、漸く、理不尽な施設を抜けることが出来た。それからは、独り身で初老の養母の期待に応え、持ち前の克己心で勉学に励んで、帝都大学を出て財閥本社に就職も出来たのである。今や、嘱望の渦中にもいるのだから、幼児の越し方を追憶するにつけ、男は充分に満足していた。
 だが、男の困惑などは意に介せずに、粛然と、女が壮絶で暗鬱な叙事詩を、この男だけに語り継ごうとしているのだ。


 -イワキ-
 
 それは、平将門が大和朝廷の支配に憤激して反旗を翻して、関東で革命の決起をした頃に始まる物語なのである。
霊魂が言うその女は、北の国の磐城石川一帯の豪族の妻で、イワキと呼ばれた。朝廷軍に加担した夫が将門にいとも容易く討伐されると、見初めた将門に望まれ、女も将門の東気風の英傑ぶりに、忽ち、懸想してしまって愛妾となった。ニ八歳の時だ。子はいない。近郷一帯では二山を越えるほどの、傾城と名高い美麗であるが、巧みに馬を操り、疾駆する馬上から弓を引いた。ニ六歳の将門は、流麗でありながらも女傑のイワキを甚く寵愛し、戦場にもきらびやかな武者鎧を着けさせて侍らせた。
 二人は関東から南東北一円を睦みあいながら転戦して、遂にはこの地の隅々までを制圧して、朝廷権力の圧政から解放した。不条理な収奪に貧窮していた人民は東国独立を支持して、将門を新皇と称えた。何よりも、分離して長く相争っていた東国が初めて統一され、平和が招来したのだ。
 しかし、二人の睦言も将門の治世も長くは続かなかった。配下の裏切りや増派された朝廷軍の急襲によって、将門は呆気なく敗退してしまったのである。
 
 将門の捕縛と同じくイワキも捕らえられて京に移送された。捕縛直後から過酷な尋問の果てに、男達が飽きるまでイワキを凌辱した。終にはイワキの女陰は破れた。
息つぐだけの廃人となった女は八頭の牛に荒縄で四肢を結ばれ、文字に違わず八つ裂きにされた。
 女が肉片に粉砕されたその瞬間に、イワキの憤怒の怨念は無惨に飛び散った肉体を離れ、激甚の大竜巻に変化して、轟轟と渦を巻き荒荒しく一気に吹き上がった。未聞の巨大な風柱は五里四方のことごとくを瞬間に飲み込み、非業の処刑役人や残忍な見物はもとより、万物が瞬く間に天空高く飛び散り、粉砕され尽くして塵芥に帰した。
 一方、斬首された将門は首そのものが怨念の妖怪となり、再びの決起を期して関東に飛び帰ったが、肉片で飛び散った女は祟りの執念の大霊玉となって、御所の天空高きに留まり、千年に渡り大和朝廷に災いを為してきたのである。
 

-金聖御門-

 今上帝が突然に怪死した。混迷のあげくに、ある皇子が後継となった。近親交配の成れの果ての様に愚鈍なこのオオキミ、後に金聖御門と呼ばれる帝は三〇になるが、病弱で未だに世継ぎを持たない。そして、政務にも全く関心がないし能力も皆無なのである。だから、宮廷ではこの男の存在に触れることすら禁忌の有り様だった。政務を取り仕切ったのは、関白の七条倫保ミチヤスである。

 なぜ、このような男が帝位に就けたのか。継承者は十指を数えたが、将門の乱の直後に、頓死したり狂人に変じる皇太子。地震で圧死する者。雷、火事で焼け死に、女を争って無意味に切り殺されたりして、悉く消滅してしまったのである。ただ一人、形ばかり残ったのが金聖だったのだ。
 他のキミ家から出す動きもあったが、将門の乱の対応を巡って都の権力構造は四分五裂の状況だったから、当面の糊塗策として金聖を選択するしか、方途がなかったのである。
 この男にとっては、無為の生き方しか出来なかったのが幸いだったのか、或いは、災いしたのか。金聖自身も、降って湧いた如くの帝位などは、死を迎えても判然とはしなかったであろう。

 将門の乱の直後から、風神も雷神も途絶した如きの干ばつが続いた。大地震も、しばしば起きて、風土病が蔓延していたから、都の民草は、「帝の世も、いよいよ、終わりよ」「これこそが将門、イワキの祟りの仕上げだ」「東国の荒くれ武者が攻め上ってくるそうな」等と、震え上がって、帝の権威は地に落ちて泥と化したのである。
 そればかりか、金聖の血脈は次々と絶えて、今は、異母姉ただ一人しかいない。
 この姉は卍子という、三四歳の希代の淫乱皇女だ。
 卍子は幼少時には異父兄や異母弟の皇族達と交接をして遊んだ。若い頃から、散々の乱脈を重ねた果てに、その夫となる新興豪族との縁組みは形ばかりで、財貨を目当ての政略婚姻だった。
 卍子は生粋のクダラ人の母の血を引く、豊満にして頑健な女で、三男ニ女の子を持ったが、それぞれが誰の精種か、真相は女すらも知らない有り様であった。
 卍子に付き従う参謀の征原草理ユキハラクサミチは三ニ歳の威丈夫だ。草理は、かつてのオオキミ家の分家で今では衰退した家系だが、朝廷屈指の切れ者といわれる策士である。卍子とは幼なじみで、もちろん卍子の性行も身体の隅々も、性戯も膣の深奥をすら知り尽くしている。

 盛夏のその日の暁闇ギョウアンに、即位して三月にも満たない金聖が急逝した。だが、それを聞いた倫保は微塵も慌てる風がない。倫保は、既に、ある計画を固めており、いよいよ決行の時が来たのだと、決意した。

 関白、七条倫保)は四八。将門鎮圧では華々しい功績をあげた強者で、近年、頓トミに勢力を増した七条家の頭領だ。野心家で卍子とも肉体関係がある。
 倫保の野望とは、愛人の紫野との間に生まれた自分の子供を天皇にでっち上げる策謀だ。成就するまでは、金聖の死は隠蔽しなければならないが、全てが周到に準備されていた。
 果たして、金聖の死因は何だったのか。仮に、倫保による謀殺だったとしても、何ら不思議ではないのである。

 紫野ムラサキノはニ五歳。金聖の外妾の一人である。と、言っても、金聖が倫保の屋敷でしたたかに酔った一夜だけ、倫保に手配されて交合したと言われているだけの女だ。外妾は御所には入れない決まりだ。一歳の男児、田丸の母である。
 倫保は、その田丸の子種は金聖だと主張しているのであった。紫野は一ニ歳の時に渡来した生粋のクダラ人である。そんな女が御門の妾にして関白倫保の愛人なのだ。
紫野は草理とも性交している。いったい、最高実権者の関白が推す次期御門の田丸の真の子種は誰なのか。

 田丸は御所警護の一八の若侍、源一乗の子だと紫野は信じている。理由は、紫野との性器の相性が最も良いという、紫野の他愛もない都合だけに過ぎず、何の根拠もないのだ。この男はシラギ人である。

 倫保が、未だ自堕落に床の中にいた紫野の馴染んだ裸体を抱きながら、金聖の死を明かして、ある指令をした。紫野は倫保に股がり、豊満な尻を半島風に貪婪に揺すって、狂乱しながら承知した。
 「あの男が本当に死んだの?」「仮にも御門だ。戯れ言で言えることではない」「あの毒?」と、その口を倫保の隆起が塞いだ。「滅多なことを口走るものではない」「悔いが残るのか?」「意地悪ね?」「例え一夜とはいえ。子を宿したんだ」「いい加減にしてちょうだい。こんなに蒸す朝なんだもの、媚薬にもならないわ」「だったら、あの田丸は誰の子なんだ?」陰嚢を握った女が、「これ以外の誰だというの?」「俺ばかりで満足できる身体ではないだろ?」「誰がこんな風にしてしまったの?」「お前はクダラの鬼女族だ。生来が特異な性器なんだ」「あなたこそ、今ではワ人の棟梁の素振りだけど、三代前はシラギの渡来、しかも、キトウ族なんだもの…」「これを武器にワ人の女達を籠絡したんだわ」「警護の源一乗は?」「…誰?」「お前の愛人だろ?」「…調べたの?」「この国に俺の知らないことはないんだ」「だったら?」「金聖が生きてる風を装うんだ」「簡単だろ?」「わからないわ?」「お前が同衾するんだよ」 「…死んだんでしょ?」「その金聖と昼も夜も子作りに励むんだ
」「お前は鬼道を使って男達を籠絡してきたんだ。それくらいの鬼道が出来なくて、この国は支配できまい?」「田丸が即位すれば、お前は帝の生母なんだ。栄耀栄華、思いのままだ」「…わかったわ」

 昼頃に御所の異変を察知した草理は、未だ、自堕落に床にいた卍子に急報した。
 二人は抱擁しながら謀議する。二人は、田丸と紫野の殺害を画策し、卍子、もしくは卍子の子の誰かを御門に擁立して、草理が関白となり天下を簒奪する計画なのだ。
 刺客は草理の配下で、東国武蔵の下級豪族の息子、平将喝タイラノマサカツ一派だ。この男は短慮なのに権力欲が強い。色情旺盛で卍子に横恋慕しているのが好都合だった。
 当然、倫保は抵抗するだろうから、これも伐つ。草理は、将門の配下で極刑を免れた東国の一大勢力と密かに通じていた。将門の野望は潰えたが、その隠然たる継承者達は健在だったのである。

 「帝が死んだのは本当なの?」「間違いない」「誰から聞いたの?」「桔梗式部キキョウノシキブだ」女の眉間に縦しわが走った。「どうした?」「あれは尻軽の嘘つき女だわ」「情報通だ」「あんな女が?」「遺体は?遺体は、今、どこにあるの?」「ないんだ」「関白と一緒に出掛けたと言う者もいる」「桔梗は何を見たの?」「倫保が何かを企んでいるんだ」「…わかったわ。直接、確かめるわ」「関白によ」「かつて知ったる、と、いう訳か?」「嫉妬するの?こんな一大事に…」

 草理の隆起に貫かれ、未だ火照りの収まらない身体で、卍子は、慌ただしく呼び寄せた将喝に謁見した。忽ちの内に、二人は交接する。

 狂喜に輝く目を見つめながら、男根を丹念に淫らにしゃぶる。陰謀の成否はこの男の戦果に掛かっているのだ。
 その時、卍子と将喝の激しい、真夏の昼下がりの性交の、背徳の欲望ににまみれた性器同士の結合の最中に、屋敷が烈しく揺れた。

 紫野はまだ倫保の大量の精液が残る膣に、一乗の若い巨根を納めて、世にも稀な構造の特殊な肉壁で締め上げている。
 射精した後の一乗には、卍子の子をことごとく謀殺する任務が与えられる手筈だ。
 我が子を御門に据えるために殺人鬼になった前例などは、このヤマトの地には山ほどあるのである。
 この日、幾度目か自分でも不可解なほどの法悦を迎えた、その情交の最中に、昼下がりの淫臭がたちこもる紫野の閨が、結合して重なった二人の裸体が浮くほどに、激烈に突き上げられた。

 その時、大地が突き上がった。未曾有の大地震が都を襲ったのだ。僅かニ〇回ほどの息吸いの間に、人民の収奪でしか、とりわけ東国の最奥の地の黄金の略奪無くしては決して成り立たない、放埒と傲りの街は瞬く間に崩壊した。

 これこそが、あのイワキの満腔の怒りの現れであったのか。しかし、地震は自然現象であり、当然だが陰陽師などは対抗できない。最新の科学ともてはやされ始めた渡来の密教ですら不可能だ。
 ただ、伝え聞いた東国のとりわけ、磐城の人民が、将門とイワキの祟りだと大いに流布させたのである。
 彼らにとっては、怨念の幾許かを晴らし、将門の決起の再来ともなるべき好機だったからだ。将門の宿願は潰えたとはいえ、東国、とりわけ深奥の纏らわぬクニ、ヤマトのオオキミを奉らぬクニ、反逆するイミシ、すなわち誇りあるカムイはヤマトの異国として現存し続けるのである。

 舞い上がったおびただしい粉塵がヤマトの天空を覆った。盛夏の真昼の闇だ。渡来豪族の合議体であるヤマト政権は、いとも容易く瓦解したのだ。
 その後のニ年に及ぶ顛末は、未だ誰も知らないのである。ただ、後代に金聖の御代と、一行、加筆されたばかりなのだ。もちろん、存在する筈もない将門やイワキの怨霊などが知る由もない。
 だが、将門の遺志を継ぐ者がある限り、ヤマト朝廷や御門誅罰の闘いは続くのである。その視点でだけ、イワキも将門も歴然と現存しているのではないか。

 イワキの祖霊だという女が言う。「現身を決して信じてはならない。飽くなき欲望の集合に真理は留まれない。だから現世などは幻なのだ。欲望の幻想が描き出したに過ぎない。決然として俗世の汚濁を離れよ。習俗の淫らな狂気にまみれてはならない。そして狂乱の極みこそが戦争ではないか。その首謀者こそ御門なのだ。この御門をこそ誅伐するのが将門の血族の定めだ」「愚者の、この戦争は必ず負ける。理性を覚醒させ自律させるのだ。御門誅伐の理と兵をこそ整えよ。兵とは人民である。そして御門なき後の世をこそ生きるのだ。それは将門やイワキが望んだ東国民族の共同体だ。平和と和親と、何よりも平等の治世だ。そうした将門の恩讐の夢を現実のものにするのだ」

 イワキの玉の言葉と説諭の渦に、草彦の生臭い存在は、白浜の砂のごとくにことごとく洗われた。そして、終には、将門とイワキがそうした様に、新月の幽玄の暁闇に包まれて、草彦はイワキの霊魂と渾沌と交わった。こうして草彦の血の一切が系譜の歴程に染まり、草彦は将門の遺恨の継承者そのものに化身したのである。
 
 全てを捨てた草彦は北関東の山懐に隠棲した。将門の史実や歴程は無論、戦時下の状況全般を検証して、万物の原理を哲学した。だが、隠れ住んだ寒村も、あの戦時下では、その事そのものが極めて危険な業であった。
 村長はこの地方の顔役で翼賛運動の幹部だったから、間もなく、草彦の身辺がきな臭くなる。その時に、知恵を絞ったのが、あの夏と養母だった。
そして敗戦を迎えた。

 一九四五年八月ニ一日。その日も、北関東の森深くの朝ぼらけ、寂寞と佇む精神病棟を包む深い霧が秘やかに晴れようとしている。
 あの男、草彦がいつもの様に坦坦と目覚めた。そして男を訪ねる者がある。


ー筑波ー

 草彦を訪ねたのは、草彦の養母の委託を受けた初老の弁護士だ。草彦を精神病院に避難させていた養母が死去して、いくばくかの遺産が遺されたのである。草彦はその日に退所した。

 『将門顕彰会』という組織がある。隠し名を『東門会』という。遁走して生き延びた将門の遺族と、最後まで将門に従った家臣団の子孫が、極秘理に行った将門の葬儀の場で結成して、朝廷打倒の再起を血盟したのである。首領は将門の遺児、三歳の吾妻であった。飛流の首の伝説を作り流布したのは彼らである。血の結束を強め千年を継続してきた。

 明治維新以降、その存在を察知した政府は、御門親政に抗う勢力と見て敵視し、岩倉具視が直轄する秘密治安組織の監視下に置いた。しかし、地下に潜伏した組織の実態は、皆目、補足できなかった。
 戦中は非国民扱いされ、特高も血眼で探索したが、一向に成果はなかったのである。

 一九一八年の盛夏。草彦の母、女子大に通うニ一歳の筑波はある男と恋に落ちた。近衛士官で岩倉臣三郎という中佐だ。
 岩倉は幻の反乱と言われる青年将校決起の首謀者である。男の実家は岩倉家の親族で三男だ。
 決起は未然に発覚して男は自決した。懐妊していた筑波の身元を知った岩倉家は、女を極秘に幽閉した。難産で筑波は死に、生まれたばかりの草彦は、北の国の出の下女の知恵で救護施設の玄関に慌ただしく捨て子にされたのだ。身の危険を察した下女はそのまま出奔した。
 筑波は平将門の直系の平沢家の長女である。二人兄妹の長兄が病死し、顕彰会が筑波の行方を探索したが、突然に足取りが途絶えて、難航したのである。

 精神病院を退所した草彦は、養母の遺産を頼りに、変わらずに執筆活動を続けていたが、半年後に、訪ねる者があった。漸く、草彦の存在を突き止めた『将門顕彰会』の役員である。
 会長就任を要請された草彦は承諾した。役員の数人が『カムイ研究会』の幹部だった。その一人があの映画館主である。だから、顕彰会は『地下文学』とも関わりがあった。あの『無頼達の儚』の著作を草彦に進めたのは映画館主である。
 草彦達は御門制廃止運動を革新政党とも連動して組織したが、遅々として広がらずに、鬱鬱と草彦の戦後は過ぎた。
 四七年の「大喪決起」は草彦が、乾坤一擲、企図したものだが、大衆の蜂起にはならず、不発に終わった。草彦は探索を逃れるために、北の山脈の奥深くに潜伏したのである。

 一九五〇年の盛夏。あの忌まわしい追憶の日。三一歳の草彦は、あるバーで、妙と名乗るママの、豊潤な女と出会い情交に及んだ。
 その女こそ、妙タエ、ニ六歳。あの紀世の情婦なのだった。女はしたたかに酔い、初めての客の草彦に淫らに身体を崩した。いつもがこうした性なのか、女の深い酔いにも草彦はさしたる思慮をせず、ただ同心出来るのは、訳もない憤激や同居する哀切と、闇の酔いに触発された情念だけだったのである。
 
(続く)

将門の儚 改訂稿

将門の儚 改訂稿

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-11-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted