変身について

暁烏さん。

変身について

せーの、で原風景をさらしあう。ぼくらは24時間年中無休でせつないだけの深夜のコンビニ。蛍光灯の白さと漂白が、嫌になってしまうわ。直線だけじゃない機械を構成した感情だった。はっきり言って不用品だった。好きと嫌いの間にホウセンカばっかり置いたら、白けてしまうから近寄らないで。
全自動爪噛み機。全自動ゲロ吐き機。全自動眉抜き機。
一層粗悪な姿に変身していけば、どこかできっとわかりあえる。限界に達すればからだは自然と消失していく。さびしがるもさびしがらないもきみ次第だけど、感情もやがてはほどけて、言語すらいらないことになってしまうんだねえ。さびしいとかさびしくないがなくなるのは神様にとってさびしいから、粗悪な姿に変身して、世界は何もかも堂々巡りで、みんなもう飽き飽きしてるんだよ。イモムシは脱皮してちょうちょになって、ぼくらは変身と変身と変身を繰り返して、ちょっぴり郷愁を覚えて、それでも「ここはぼくの星じゃなかった」と言い張り、おにいさんがおじさんになって、おじさんがおじいさんになって、静かにかなしくやさしく人類は入れ替わっていく。みんながぼくらを嫌うけど、それでもぼくらは変身していく、強迫と漂白の微熱に浮かれて変身していく。

変身について

変身について

ぼくらは24時間年中無休でせつないだけの深夜のコンビニ。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-11-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted