言葉足らず

章子

個体と個体が
言葉を発して
一致する事がない

ずれて
逸れて
それは届く

的はずれに
勘違いをして
それは受け止められる

言葉足らずは
感情を引き起こして
軋みを生む
痛くつらい 響き

別々のものは
どこまで行っても
それぞれのもの
重なり合うようで
ごまかし合っている

それでも
思いやり合い
傷を補い
笑い合う

ずれに 
磨かれ
なめらかに変えられながら

言葉足らず

言葉足らず

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-11-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted