こころに花を咲かせて。。

usagin

  1. 大切なひとのため。。。
  2. 狭き門より入る。。。
  3. 太陽が照れば塵も輝く。。。
  4. こころのなかに咲く花。。。
  5. 人の間で磨かれる。。。
  6. 人のこころの恩。。。
  7. その人自身だから。。。
  8. 好きな自分でありたいと思う。。。
  9. 継続は力なり。。。
  10. こころの夢の通り道。。。
  11. 好きこそ物の上手なれ。。。
  12. いつかこころの花を咲かせる。。。
  13. ひとりでは生きて行けない命なのだから。。。
  14. こころのツボ押し。。。
  15. こころの整理整頓。。。
  16. 鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥 。。。
  17. 今が一番幸せに。。。
  18. 恩送り。。。

大切なひとのため。。。

毎日生きている

いろんな日がある

晴れる日あり

曇りの日あり

雨降りの日あり

そのどれもが

成長して行くのに

大切な人生の日になる

良い時も

そうでない時も

こころは変わらずいたい。。。

どんな時も

大切な人生の時間だから。。。

良い時も

そうでない時も

変らずにいてくれる

大切なひとのため。。。

狭き門より入る。。。

もしも自分の目の前の道が

とても不公平に見えることも

どんなに困難と思えることにも

そのなかからなにかしら

実現していけることは残っている。。。

暗い道なら

足元に気を付けて

狭い門なら

その範囲のなかで

低い門なら

自らの身をかがめて

そのなかでどのようにでも

自分を変えて行ける

茨の道に見える道にも

落ち着いて見ると

通れる道が見えて来るかも知れない。。。

過去や相手を変えることは出来なくても

自分と未来は変えて行くことが出来る

自分の見えていることは

実現の障害にはならない

こころの希望を失う前に

どうしたら出来るだろうか

自分に出来ることはないか

茨の道の先には

どんな未来が待っているのか

最後まで諦めずに

不可能に見えることのなかの

可能な道を探って生きたい。。。

もう一度ゆっくり

まっさらな掛値のないこころで考えて見たい。。

太陽が照れば塵も輝く。。。

自分にも

ひとにも

ゆるやかな

こころのゆとりを大切にしたい。。。

自分は約束が苦手だ

その時になると出来なくなってしまうことがある。。。

それは約束をどうでもいいと思っているわけではなくて

想いが強すぎて

こころががんじがらめになって

どうにもならなくなってしまう時がある。。。

ひとにも

自分にも

完璧を求め過ぎたり

欲求が高くなり過ぎると

目の前のことや

自分の本当の姿が

見えなくなってしまうから。。。

自分のこころも

ひとのこころも

元々完璧ではなく

自分でなんでも出来るものではないけど

相手がなんでもしてくれるわけでもない

自分でやってみて

相手には大変な時に

ちょっと手伝ってもらうくらいに

ひとにも

自分にも

ゆるくやわらかく

許して行く気持ちを大切にしたい。。。

こころのなかに咲く花。。。

こころ新たに

真っ白なこころでやり直したい

いろいろなことがあるけど

焦らず責めず諦めず

自分の出来ることを探して

ひとつずつ積み重ねて行こう。。。

表面的なことに惑わされたくない。。。

人を誤解したり

決めつけないようにしたい

大切なことに気づけなくなるから。。。

自分を思い上がらないようにしたい

大切なことを見失ってしまうから。。。

どんなに外側が変っても

いい時も

そうでない時も

晴れる日も

雨の日も

こころのなかに

変らない花が咲く

いつまでも変わらない

純粋なこころでありたい。。。

どんな人にも変わりなく

誠実なこころでありたい。。。

たとえどんなことがあっても

それをこころの糧に出来るように。。。

今がとっても辛くって

周りに誰も味方がいないような

四面楚歌の状態の中ならば

静かに深く内省する機会にしたい。。。

もしも誤解を受けても

誰のせいにもせず

誰も嫌わず

誰も恨まず

言い訳もせず

こころに刺さる

ことばの嵐が降り注いでも

こころの雨傘を差しながら

静かに深く自分の内面を保ちたい。。。

どんなに

不利な状況になっても

誰にも理解されなくても

周りがどんなに荒れていても

自分のこころの大切な想いを

変わらず信じて待てるこころを持ちたい。。。

素直なこころの声を聴いて

誠実に尽くして生きたい。。。

どんな状況の中でも

自分の中で出来る努力はきっとあるはず。。。

きっと状況を変えて行けることが残っているから。。。

一度思いっきり落ち込んで

それでも諦めすに想い描いて

そこからまた這い上がって

希望の芽はもっと強くなっていく。。。

流れるような自然のこころに戻りたい。。。

自らのこころが自然に保たれていれば

苦労して来たことも

みんな後になってこころの糧になる。。。

いずれ自分の人生に負けないような

こころに花を咲かせてくれるから。。。

こころに温かい希望を持って生きたい

結果は最後までわからない

どんなことも気持ちしだいで

どのようにでも変えていける

気持ちしだいで

こころを温めることができる

希望があるところに

未来に進む光はきっとあるから。。。

泥水の中でも

腐らないで

黙って静かに

真っ白な花を咲かせる

蓮の花のようなこころでありたい。。。

人の間で磨かれる。。。

初めはなんにもわからなくても

人にもまれいろいろ教わり

ひとつずつできることが増えて来る

頭で考えていたことも

誰かに話したり

人にわかるように文章にしてみると

自分の頭だけでモヤモヤしていたことも

頭の中が整理されて

本当はこんなこと思っていたのかとか

整理しているうちに気づくことがある

自分だけの考え

いろんな人の考えを取り入れていくうちに

いろんな幅ができて

だんだんに成長していく

自分ひとりではできないんだな。。。

自分ひとりではないんだな。。。

人と関われて本当の良かったな。。。

人のこころの恩。。。

時に痛いこともあるけれど

人とこころ触れあえるのは

とっても幸せなことだ

わたしが今ある幸せは

良い出逢いや人に恵まれたことに他ならない

自分だけの世界では

自分の姿は見えない

自分だけでこころを磨くのは難しいこともあるけれど

人のこころの中でもまれて

初めはゴツゴツとした

荒削りの状態の自分のこころも

自分の思い込みや

勘違いなどの余計なところが

だんだんに削られて

バランスの取れた丸い形になって行く。。。

人のこころの

いろいろな知識や経験に磨かれて

だんだんにこころが光り出す。。。

いろんな人のこころが

太陽の恵みのように温かい愛情を注いでくれて

今まで自分のこころを育んでくれたから

月のように輝いていられる。。。

決して自分ひとりだけの力ではないから

どんなに小さなことでも

人のこころの恩を大切に

いつまでも忘れずに生きたい。。。

その人自身だから。。。

人を思いやる気持ちや

優しい気持ちは

弱さではなくて

強さだ 

人柄の素直さや

純粋なこころ

それは

考えてできるものではなく

得ようと思って

得られるものではない

その人自身が持っている

こころから出て来ているもの。。。 

いろんな経験を積んでも

こころおごらず

大切なこころの宝物を守って生きたい。。。

それは 

奪われることのない

その人自身だから。。。

好きな自分でありたいと思う。。。

最近こころが迷ったことがあった。。。

なんだか上手く行かなくて

いろいろやってみたけど

こころが入っていなかった

わたしは間違って方法かも知れない。。。

もしかしたら思い上がっていたかも知れない。。。

大切なのは結果だけじゃない

上手くいかなかったことは

自分を変えられるチャンスかも知れない。。。

たまたま上手くいっても

大切なことに気づかなかったかも知れない。。。

目先の勝ち負けだけでなく

ただ好きな自分でいられるように

自分のこころに聴いてみたい。。。

それは未来の自分の姿になるから。。。

いろいろ上手く行かなくて

道に迷った時は

好きな自分でありたいと思う。。。

自分のこころには嘘はつけない

こころに引っかかることは

こころの声を素直に聴いて行きたい。。。

それは間違った道を知らせてくれる

こころのシグナルかも知れないから。。。

何か道に迷ったら

こころをまっさらにして

本当にやりたいことを選んでみる。。。

いろんなことがあり

自分の気持ちだけで

好きな道を選ぶのは難しい時もあるけれど

そんな中で

自分の人生だけは

自分で守ってあげたい。。。

こころが求める本当に好きなことを

自分自身では見捨てずに

最後までこころ信じて生きたい。。。

少し無理しても

好きな自分でありたい。。。

自分が自分であるために

自分らしく生きたい。。。

面倒な事とか

大変なことの中にこそ

こころの成長の大切な宝物が

沢山隠れているから。。。

人と比べないで

自分にも人にも

良いところを認められるようにしたい。。。

すぐには結果が表れなくても

強引に時を急がない

自分の好きなところを探して

それを大切に伸ばして生きたいと思う。。。

息詰まったら

真っ白なこころに戻って

またやり直せばいい。。。

いつからでも

どこからでも

なんどでも

またやり直せる

大切なのは過去ではなくて

今どうしたいかだから

自分がやり直そうと思った時点が

スタートラインになるから。。。

どんな自分でも

世界にたったひとりだけの

人も自分も大切な命

生まれて来たことには

きっと意味がある

それは外側ではなく

人や自分のこころの幸せも

きっとこころの中にあるから。。。

継続は力なり。。。

わたしはけっこう飽きっぽい性格だ

何かが嫌になったと言うのではなく

何かある程度出来るようになったと感じてしまうと

他のいろいろなことに興味が行ってしまう

これは自分でも改めなければいけないと思う

何かについてわかったと思うことを

もっと深く掘り下げて行くと

あの時はまだ

本当のことは何もわかっていなかったことに気づく

何かを目指して行くと

良い時も悪い時もあり

いいことばかりではないけど

今まで気づかなかったことを知って行くとともに

苦い想い

辛い想い

痛い想いを沢山して来たからこそ今がある。。。

今までのすべての努力もみんな無駄にはならない。。。

何もない平坦な時も

それは丁度階段の踊り場のようで

次に繋がる大切な時期なのかも知れない。。。

その時はきっと見えないこころの中で

調整や熟成している時期なのかも知れない。。。

その奥にもっと素晴らしい

見たこともない世界があるかも知れない。。。

だから続けて行くことはとっても大切

今はへなちょこでもいい

続けて行けば

段々に道は出来てくるから

続けて行くこと

それだけでいい

続けていれば

何か新しい世界も見えて来るから

変わりばえのしないように思える時も

こころがスランプになってる時でも

今は何も見えなくても

星や太陽がなくなったわけじゃない。。。

地味なことを

コツコツ出来ることに

こころ感動してる。。。

調子の良い時も

上手く行かない時も

何の変化もない時も

いろいろな時があるけど

結果や

意味など

初めから

見えていなくても

無駄なことじゃない。。。

いろいろなこと

いろいろに繰り返して行けること

それだけで

知らないうちに

こころはしっかり成長している。。。

自分自身への自戒の意味も込めて

なんでもない同じようなことを

同じように繰り返せること

それはとっても素晴らしいこと

こころの成長にとっても大切な力になる。。。

その中に人生に大切な宝物が沢山隠れているから。。。

こころの夢の通り道。。。

なにか目標を持ちたいと思った

目標は目的地に辿り着くための

こころの地図になる

なんとなく月日が過ぎ去ってしまう前に

今の時間を活かしていけるように

自分の出来るほんの小さなことでいい

紙に書き出してみると

こころの中も整理されて

ずっと見通しが良くなるから。。。

なにかわからないで

モヤモヤしていた気持ちも

すっきりするかも知れない。。。

いろいろ夢について

考えてみるだけで

こころもウキウキできるし

夢に一歩でも近づいてるから。。。

こころに夢の通り道を持ちたい。。。

いつまでも純粋なこころでいられるように

いろんなことを

信じられないより

信じられる気持ち大切にしたい。。。

優しい気持ちに戻れるような

こころの夢を信じて生きたい。。。

何でもいい

自分なりの夢を

ふんわりとしたリボンで包んであげたい。。。

ポケットに入り切れないほど

たくさん夢を詰め込んで

好きな時に自由に

取り出して生きたい。。。

こころはこの空のように

なんの制限もなく

いろんな障害も

取っ払って生きて行く。。。

好きこそ物の上手なれ。。。

どんな時にも

こころにゆとりがあるのは

とても大切なことだ。。。

好きなことが

ひとつでもあることは

こころをとても幸せにしてくれる。。。

外の世界から

いろんなものを探すことも大切だけど

好きなことが

自分の本来持っている

それぞれの良いところを

上手に引き出して

こころの中にいつも寄り添っていてくれる

自分だけの特別な宝物となる。。。

好きなことがあることが

人生を彩り豊かなものにしてくれる。。。

人生の道連れとして大切にして生きたい。。。

好きなことは身を助けてくれる

運動がダメでも勉強ならできるとか

絵なら自信があるとか

何でもいいから自分なりのものを

どんな小さなことでも大切にしたい。。。

いろんなことを

変化の小さな種として

良いとっかかりを見つけて

大切に育てて行けばいい

最初はみんな初心者だから

あまり固くならずに

こころの土もやわらかく

試行錯誤しながら耕して

成長を楽しんで

伸びて行ければい

ひとそれぞれの

その人なりの良いところがある

その可能性の芽を上手に引き出して

伸ばしてあげられる人になりたい。。。

大丈夫、自分が好きなことなら

苦になるようなことでも耐えられるから

そこからいろんなことに広げて行けばいい。。。

やわらかく成長して行けるように

こころの好きを大切に伸ばして生きたい。。。

その人のその人なりの

自分には自分なりの

良いところ見つけて伸ばして生きたいな。。。

いつかこころの花を咲かせる。。。

今蒔いた種が

どんな花を咲かせるかわからない。。。

昔蒔いた種が

今になって花が咲く時がある。。。

その花に助けられたり

その逆もある

自分の中に蒔いた種は

良い種も

そうでない種も

やがて花を咲かせるかも知れない。。。

また途中で枯れてしまうかも知れない。。。

今の自分のこころの種が

すべて未来の自分に帰って来る。。。

植物の種は

根っこから生えて

栄養を吸収してから

芽が伸びてくる

人間も根っこの部分が大切。。。

こころの中で思っていることは

やがて外の世界に表れる。。。

同じ結果に見えても

想いが違っていたら

咲く花も違う

こころが先なんだ。。。

だから今の自分の

こころを大切いして生きたい。。。

行ったり来たりだけど

だんだんに良くなって行けばいい。。。

自分だけは

自分のこころの種を信じて

いつか自分の花を咲かせたい。。。

目に見えないくらい

少しずつでも

毎日少しずつ

伸びている

いつかこころの花を咲かせる。。。

それまで

自分のこころの種を信じて

大切に育てて生きたい。。。

ひとりでは生きて行けない命なのだから。。。

もしも

いまは親と仲が良くなかったとしても

生まれたての

他の力を借りなければ

生きて行けない状態で生まれ

命を見捨てずに

オムツを替えてくれた

そのことを

こころのなかで持っていれば

いまの気持ちも

ほんの少しでも

変ってくるかも知れない。。。

ひとはひとりでは生きていけない命のだから。。。

こころのツボ押し。。。

時にはこころに痛いことでも

自分のこころを

成長させてくれることかも知れない。。。

無理せず

こころに耐えられる程度の

こころのツボを押してみることも

こころの治療になるかも知れない。。。

自分のこころを

ほんの少しだけ

乗り越えて見る

まったく何もないところは

痛みもないかも知れないけど

今は大変なことでも

ひとつずつ乗り越えてみることで

後になって

自分のこころを

伸ばしてくれているかも知れない。。。

こころの整理整頓。。。

散らかった引き出しなら

次に入れる物も

ごちゃごちゃになり

取り出すのもひと苦労だ

だけど面倒でも

一度全部取り出して

一からキチンと入れ直せば

次から入る新しい物は

キチンと入れやすくなる

取り出しやすくなる

いろんなこと困難になったり

こころ息詰まったら

一旦問題から離れて

こころの引き出しも

仕切り直しして

整理して見れば

こらから新しく入ることは

キチンとわかりやすくなる

生きやすくなる

そんな一旦立ち止まって

自分を振り返って見る時期も

長い人生には

とっても必要なのだと感じる。。。

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥 。。。

時間は不思議だ

人の気持ちによって

時に伸びたり

縮んだりする

大好きな人と過ごす時間は

すごく短かったりする。。。

時に時間は

気持ちと逆行したりする

想いが

強ければ

強いほど

その想いで動けなくなる時がある。。。

やろうとすれば

するほど

出来なくなってしまうこともある。。。

感情の時間は

時刻表通りにはいかない

何故だろう。。。?

時間も生ものなのかも知れない。。。?  

ならば

それぞれに

進み方も

速度も違う

感情の時間に

無理に抗うより

天気のように移り変わる

それぞれのこころの時を待とうと思う。。。

自分のこころの時も

人のこころの時も

自然の流れのまま

それぞれのこころの時期に。。。

自然のまま咲かせてあげたいと思う。。。

それぞれに流れる

こころの時を信じて

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥 。。。

今が一番幸せに。。。

クスリも飲み方によって

毒にも薬にもなる

こころも完璧じゃないから

自分の気持ちから

悪い気持ちは受け入れなくていいんだ

人も自分も完璧じゃない

みんないい面もそうでない面もある

悪い面は忘れて手放してしまおう

良いことをこころに取り入れたら

みんな幸せ

いろんなこと

いろんな人に

教えてもらえるのは

なんて幸せなことだろう

それをちょっとした不足で

全てを捨ててしまわないように

柿がしぶかったら

渋いところだけ取って食べればいいじゃん

みんなみんなありがとう

想い出は楽しく幸せに変わる

自分のこころ次第で

どんな時も

人生で今が一番幸せなんだな。。。

恩送り。。。

こころが辛い時こそ

温かい真心の有り難さが身に染みて感じます。。。

人はみんな完璧じゃない

小さな間違いを責めたり

自分と違うことを差別したり

そんな寂しい気持ちになりたくないです。。。

ほんの少し相手の立場や気持ちを

こころにイメージすることができたら

たいていの問題は解決するような気がします。。。

小さな思いやりの気持ちで変えられるものがあります

人は人に優しくされると

他の誰かにも優しくなれます

自分だけでなく

人の気持ちを大切に

ひとりひとりが大切で

みんなが幸せになれる

互いに順繰りに

こころの恩送りができたらいいなと感じます。。。

こころに花を咲かせて。。

こころに花を咲かせて。。

こころの感じるままに。。

  • 自由詩
  • 短編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-11-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted