つたえ切れない

章子

あっけなく繋がる
スマートフォン
すぐさま
届く
言葉

時をかけて届けた
手紙やら葉書
今はすっかり
処理に
こまっている

跡形もなく消えゆく
メッセージに
物足りなさと
気楽さを
感じている

もう文書をもらうと
処分に戸惑うように
変えられて
しまった

想いを
つたえるのは
どちらも困難

口ではつたえにくいものを
私は文書でファクスでメールで
そしてラインで
つたえてきた

今はもう
本当のところは
つたわらない
つたえ切れない事に
納得している

つたえ切れない
言葉が
私の内でうずく
なだめて日々は過ぎてゆく

つたえ切れない

つたえ切れない

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-11-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted