夢の実

nekoo

今日、夢の中で憧れの人が

何だか知らないけど凄く優しかった

まるで昔からの友達みたいに

私が摘んできた見たことのない実を

「これ好きなんだ」と言ってその人は食べていた

「きみは食べないの?」と聞かれて私は

古いからいらないと答えた

本当は古くなんてない

日々増していくその実の光沢が、私は怖かった

夢の実

夢の実

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-11-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted