鮮麗に無色な我ら

森悠希

  1. 鮮麗に無色な我ら
  2. Vividly Colorless We

鮮麗に無色な我ら

――「我々は、過去に大きな間違いを犯した。
   それは、他よりも上の存在でありたいという、罪深い人間の性によるもの。
   だがこれからは、その古いやり方を捨て去ろう。
   この新たな時代で、我々は民の中にある違いを大いに尊重し、受け入れよう!
   それぞれの色に、義なる誇りを持つことが許されよう!
   差別や、固定観念や、不平等なんてものは無くなる!
   この純な計画は、我々のこの社会に繁栄をもたらす!!
   我々はこれから、鮮麗期に突入するのだ!!」



 大きくて古いスピーカーから、歓声が沸き起こった。
 喝采の音は強烈だ。
 だけど、それは、音質が悪くてノイズがプツプツと混じってるから、そう聞こえるだけなんだと、わたしは思う。拍手を送っている人たちが、心から、この「純な色彩システム」を受け入れたから、とかじゃなくてね。
 残念ながら、その場にいた人たちがどんな人たちだったのか、ここに居る人で知っている者はいない。だって、今流れているこれは、音声しかないのだから。そういうわけで、わたしは自分の考えを確かめることができない。

 途中で、スピーカーから酷いハウリングが聞こえてきた。
 これは、校長先生がそのスピーチを始めるという合図だ。それがわたしたち、生徒たちの前に立とうと、下手から現れるのが見える。
 ぶかぶかなガウンで全身を隠しているから、顔立ちも肌の色もわからない。それが覆いかぶさるその布は、正五色(せいごしき)のペンキをぶちまけられたかのような模様をしている。

 それらの色は――黒、茶、赤、白、そして、黄。

 どうして校長先生がこんな格好をしているのか、誰からも聞かされたことはない。
 多分、うちの学校のモットーが「みんなを代表すること」だからだと思う。
 そういうわけで、わたしたちは校長先生の容姿を知らないんだ。
 どうだい、すっごく、信頼できるでしょう?

 待っている中、校長先生はどこからともなく一枚の紙を取り出した。手袋に覆われた手で持ち上げて、台座の上にピラッと置く。
 準備ができたようで、それはマイクに向かって話し始めた。

「みなさん、おはよう、ございます。また、新しい日が、やってきました」

 校長先生の声が講堂の中で響き渡った。肌を少しピリっと立たせる。その理由は、まあ、なんというか……絶妙に、不自然に聞こえるから。
 女声と男声の混合。
 調子を狂わせるような、言葉の間に入る微かな止め。
 実に平坦な喋り方で、感情の起伏や訛りなどの、特徴が一切ない。
 わたしたちに与えられるヒントは、この校長先生はまだ、そんなに年を取っていないみたいだということ、ただひとつ。



「大きな尊敬の念を、持って、我々はこの、特別な出来事を、覚えるべきでしょう。我々のご先祖様の、勇敢さの象徴、なのだから。ご先祖様は、多くの困難を、乗り越えて、この平和と、調和の状態を、やっとの思いで作り上げた、のです」



 それは先ほど聞かされたスピーチについて話し始めた。
 いつものように、しなければならないように、イヤというほど褒め称える。
 前にいる他の先生たちが、にっこりと口を曲げているのが見える(それがめちゃくちゃ不気味)。彼らがこのふざけた茶番劇に飽きることは、一生なさそうだ。
 どうやらそれは、他の生徒たちにも言えることらしい。ほとんどの人の目は、糊で固められたのかと思うくらい、前をべったりと向いている。耳の穴もかっぽじっちゃってさ。愉快なもんだね、自分が暮らす世界を一度も疑ったことがないんだ。



「では、改めて、勇敢なる我らのご先祖様に、盛大なる賞揚を、送りましょう」



 校長先生のくぐもった拍手に始まり、観客であるわたしたちは、それに続いて大喝采。破裂音が講堂内でパリッと、綺麗に反響している(つまりは、うるさい)。

 これで校長先生の出番は終わり。
 だけど、先生は最初に来た方向へと戻っていかない。
 講壇の後ろには、大きな椅子が置いてある。高く丈夫そうで、段差が一つか二つほど付いている、玉座みたいに立派なものだ。話し終えたあと、校長先生はいつも、この椅子に座って、朝礼の終わりまでじっとしている。

 生徒のうち何人かはかっこいいと言って、何人かはおもしろい、おかしいと言う。
 知り合いの男子生徒は「平和の象徴としての使命を、頑張って果たしてるんじゃないかな」と、言っていたっけな。
 (ちなみに、わたしには、カルト集団の集会とその団長の構図に見えるよ。)

 誰もいなくなった講壇は、新しく、調色版(パレット)会のメンバーを迎え入れた。(この名前、毎度思うんだけど、生徒会の威厳をすごく損ねてる気がする。)彼女のネクタイにも、校長先生のガウンと似たように、正五色がパラパラと散りばめられている。姿勢を正し、明るい笑顔で話し出した。



「それでは、次に、鮮麗歌(せんれいか)斉唱。」



 全生徒が気をつけの姿勢を取ると、床が静かに揺れた。
 古いスピーカーから、ブラスバンド主体の音楽が漏れ出る。ドラムの激しい音は、力強く、豪勢なものであるべきだ。だけど、今聞こえる音は、空気をパキパキと弾けさせ、耳に棘を刺す。まるで、なんら意味のない雄叫びのように。
 見えない誰かさんが歌う主旋律に合わせて、わたしたちも歌い始めた。音質がひどくて言葉は聞き取れないけど、ちゃんと合わせて歌えられるよ。歌詞、みんな覚えてるから。
 (小学校一年のときに、歌詞のテストを受けなきゃいけなかったんだ。満点が取れるまで、何度もやらされた。)

 ここに立っているほとんどの人たちは、この時間では胸を張りながら笑う。
 わたしは、少し猫背だけど、身長が平均より低いから気付かれずにいる。先生の誰かに見つかったら、鋭く睨まれて、朝礼のあとに職員室へと呼び出されちゃうだろうなあ。

 サボってボソボソと歌っていると、ふと、校長先生の姿が目に留まった。
 ご丁寧に、膝の上に手を重ねるようにして置いている。頭はまっすぐわたしたちに向けられていて、この圧巻の声量にウンともすんとも言わずに、じっといる。

 校長先生が座ってるあの場所から見た、この景色は一体どんな感じなんだろうと、また別の考えがぽつんと浮かび上がった。

 顔まで覆い隠してしまうようなあのガウン越しに。

 ほんのりと曇った光を目に宿して上を向き、柔らかい唇からひどい歌を歌う、この数の子供たち。

 正五色によって分けられ、列を並んでいる。

 肌と色と同じ色の制服を着せられて。

 指定色の靴を履かされ、立ったままで講堂に敷き詰められて。

―― 一体、どれほど「鮮麗」な景色だと言うのだろうか。

Vividly Colorless We


―― "We have mistaken in the past.
   Because of our sinful nature of wanting to be superior than others.
   But now, let's abandon our old ways.
   In this new era, we shall respect and welcome our differences ever more!
   We shall be allowed to hold righteous pride in each of our 《《Colors》》!
   There will be no discrimination nor stereotypes nor inequality!
   This pure scheme will bring prosper to our society!!
   Let us enter into a Vivid Age!!"



 An applause occurs from the big, old speakers.
 The clapping is intense.
 But, personally, I think it's because the quality is poor and static noises intrude. Not because the people were truly approving this "pure color scheme".
 Unfortunately, no one knows what kind of people are applauding to whoever made that speech. Because it's just a sound track. So, I can't check my answer.

 In between, the speakers start to howl so harshly.
 This means the principle is gonna start their speech. We can see they coming out to stand in front of us, students.
 Fully covered in a baggy robe, so we can't see their face nor the color of their skin. The cloth which wraps they up, looks like it was splattered with the paint of those Official (Five) Colors.

―― Black, Brown, Red, White and Yellow.

 No one ever really told us about why the principle has to wear that robe.
 My guess is that it's because our school's main motto is 'to represent everyone'.
 So, we don't even know how our principle looks like.
 Very, trustworthy, isn't it.

 As we wait, the principle takes out a paper from... Somewhere. Holds it up with their gloved hands and places it on the stand.
 They face towards the microphone and starts speaking.



 "Good morning, dear students. Another, new day, has arrived."



 The principle's voice echos through the hall. It kind of tingles your skin, because it sounds... Slightly, unnatural.
 A mix of a woman and a man's voice.
 Those small, small pauses that makes you go off rhythm.
 Flat and plain, meaning no emotions nor any accents, whatsoever.
 The only thing we are allowed to estimate is that the principle doesn't seem to be too old yet.



 "With, great respect, we should remember, this significant event. It represents, the bravery, of our ancestors. They, have gone through, many hardships, and, have finally achieved, to create this state, of peace, and, harmony."



 They starts talking about the speech.
 Praising it like crazy, like they always do and is supposed to do.
 You can see the other teachers grinning so widely at the front (and they look so creepy). It's like they can never get sick of this ridiculous play.
 Although, I can't say it's different for the other students. Most of their eyes are stuck to the front like they've been covered by glue. Ears are also open wide. How delightful, they've never doubted the world they're living in.



 "Now, let's give, another round of applause, to our courageous antecedents."



 The principle starts with a muffled clap, then the audience follows. Their handclap resounds through the hall, crisp and clear (in other words, it's deafening).

 With this, the principle's speech is finished.
 But they doesn't return to where they came from.
 There's this big chair behind the stand. Tall and sturdy, with one or two steps in front, like a king's throne. After the morning speech, our principle always sits on this chair and stays on it till the end of the assembly.

 Some of the students say it looks cool, some say it's funny and peculiar.
Another guy I know shared his thoughts before, "I think they's just trying hard to do their job as a symbol of peace."
 (As for me, well, I'd say this looks like some cult gathering and its cult leader.)

 The empty stand then welcomes a member of the Student Palettes (I think that name really undermines the council's dignity). Her necktie is also sprinkled with the Colors, like the principle's robe. She stands and speaks with a bright smile.



 "Now, we would like to continue by singing, the Vivid Anthem."



 Every student straightens up their posture, making the floor hum.
 Music composed of brass sounds leaks from the old speaker. The pounding drums are supposed to be grand and powerful. But instead, they crack and sting into our ears like meaningless hollers.
 We start singing, following the unseen lead vocal, whose voice is uncomprehending. But we can still sing to it. We remember the lyrics.
 (We had to take a test in our first year of elementary school. Took it again and again until we got a perfect score on it.)

 Most of the people here smile during this time, with their chests fluffed up.
 As for me, well, I'm glad my height is shorter than average. No one can really tell that I'm sort of hunched up. If one of the teachers find me like this, they'll probably look daggers at me and call me to the office later.

 While lazily and quietly chirping, the principle caught my eye.
 Sitting politely with their hands overlapping on their lap. Their head straightly facing the crowd, not moving an inch at our voices.

 I suddenly wonder how the sight looks like from up there, where the principle is sitting.

 Through that thick robe that covers their whole face.

 This amount of children, singing to a terrible song with their soft lips and looking up with a cloudy light in their eyes.

 Divided and lined up according to the Five Colors.

 Wearing the same colored uniform as their skin and blood.

 Crammed into this hall where we have to stay standing with our colored shoes.

―― Just how "vivid" could that be, exactly?

鮮麗に無色な我ら

色鮮やかで楽園に見えるタイプのディストピアを試みた結果。お読みいただき、ありがとうございました。
An attempt to write a colorful and seemingly-utopian dystopian. Thanks for reading till the end.

鮮麗に無色な我ら

自分の色を強制的に着せられて、果たして色を尊重していると言えるのだろうか。学校の朝礼の光景を見て思う、そんな日。 Forced to wear our own color by rule, I wonder if that can be counted as 'respecting' color. A though as I stand in the school's morning assembly.

  • 小説
  • 短編
  • サスペンス
  • 青年向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted