誰かのために戦い

森悠希

  1. 誰かのために戦い
  2. Fighting for Whom

誰かのために戦い

 朝です。朝です。朝です。……

 単調に鳴り渡る音声が、みなを優しい夢から引きずり戻す。目覚めた部屋は白一色に染まっている。シミや埃なんてひとつも見当たらない。初めの頃は快感だったが、今はただただ気色が悪い。まっさらなカーテンをあげると、真っ黒な風景画が現れた。真ん中には薄汚れた緑色の苔玉が浮いている。なんて無様な景色なんだろう。
 まずは顔を洗おう。伸びてきたヒゲも剃らなければ。寝癖がついた髪も梳かして、と。白いタンスから制服を取り出し、袖に腕を通した。ボタンをとめおえてから気づく。なんか、少しきつくなってる。

 部屋の外に出たというのに、真っ白な景色はまだ続く。同じ音声で目覚めた人たちが、何もない廊下になだれ込んできた。ほとんどの人が質素な服を身にまとい、明るい顔で挨拶を交わし合う。そして、俺と同じ制服を来ている人も何人か見かけた。表情が岩のように固くて、挨拶も、視線で頷くくらいしかしない。彼らが、この制服を気に入っていないことは明白だ。身につけているこれは、生死と、望まれない権力を表しているから。

 俺は「広場」に出た。「広場」なのに、茂みや花はない。あたり一面が雪景色のようだ。子供たちはかけっこをしたり、大きな笑い声を響かせたりすることはない。彼らは一箇所に集まって、静かに座っている。娯楽機械の画面を凝視しながら、勝利条件を満たそうとして、こもごもと作戦を練っているんだ。それを口うるさく注意しようとするご老人はおらず、彼らもまた、静かに見守る。今では、これが平和の象徴だ。

 「おーい!ケン!」

 のんびりと広場を見回しているところで、誰かに呼ばれる。確か、名前はジャックだったっけ。

 やあ。どうかしたの?
 「ああ、老いぼれたちがまた招集をかけたんだ。」
 へえ。今回の議題はなんだろう。
 「どうせまた、昔話を聞かせてくるんだろう?偉そうにしてな。」
 やれやれ。それじゃあ、ご機嫌取りに行きますか。

 二人で会議室まで歩いて行くことに。中に入ると、人はすでに揃っていた。急いで位置につき、終えると、長老の一人が前に立つ。しゃがれた声は、あまり聴き心地がよくない。我々に人類の未来がかかっているどうのこうのと、聞き飽きた内容を延々と語る。俺らはただ、頷くだけ。

 会議もどきが終わって、全員パトロールに戻った。俺はまた「広場」へと向かった。すると、一人のご老女と目があう。優しく手を振ってきたので、近くへと赴いた。

 こんにちは。お元気ですか?
 「はい、元気ですよ。お気遣いどうもありがとう。」
 それならばなによりです。

 挨拶を交わしたあと、ご老女は窓の外を見遣った。おそらく、苔玉と化した憐れな地球を見ているのだろう。垂れたまぶたの奥が悲しそうに光っている。すると、彼女は俺を向いて言った。

 「こんな目に合わせてごめんなさいね。私たちのせいで。」

 思わずパチパチと瞬きをする。
 今、なんて言ったんだ?
 ごめんなさい。謝罪の言葉。
 そうだ、彼女は人類が月に移住したときを生きた人間なんだ。俺はというと、全てが起こったあとに生まれた人間。気づいたら、ここが故郷となっていた。離れたくても離れずにいて二十数年、大人たちが叛逆したAIたちに憤る様を嫌というほど見てきた。科学を追い求めて、自分たちで作り出した産物を自分たちで一方的に責め立てて、阿呆らしい。何も関係のない未来の俺たちまで巻き込んで!そうさ、全部大人たちのせいなんだ。彼らのせいで、俺たちはこんな生活を強いられている!
 ……そして今、この人は謝っている。
 でも、それがなんだ?
 何かが変わるとでもいうのか?
 何も変わらないだろう。

 ……大丈夫ですよ。全身全霊をかけて、俺たちがみんなを守ります。

 俺はなんとか笑みを浮かべる。ご老女は、おぞましいほどシワだらけの笑顔を向けてきた。

ーービーッ、ビーッ、ビーッ。
  警戒警報。AIが基地に接近中、繰り返す、AIが基地に接近中。

 けたたましい音とともに、施設全体がぐらぐらと揺らぐ。脊髄反射と言う名の自動ソフトが起動し、俺は一般人に避難をするよう指示した。ご老人は見た目に反して素早い。しかし、子供たちはまだ混乱している。俺と、偶然近くに居合わせたジャックで、みんなを避難室に連れていくことにした。長老たちが一番安全だと主張する部屋なんだが、実際のところはどうなんだろうか。
 だけど、今は信じるしかない。子供たちやご老人たちを部屋まで案内した。全員が入ったことを確認し、俺とジャックは他の機動隊員と共に機械設備室へと向かう。本館から少し離れた場所にあり、一本の広い廊下をたどっていく。着くとすぐに、戦闘用宇宙服と電子銃で武装する。スイッチを押せば、始まりだ。背中にあるエンジンが唸り、俺たちは基地から跳び立つ。前方から、噂のAIが向かってくるのを目視。しっかりと武器を握る。

 「半径150メートル以内に突入し次第、銃撃隊は撃ちはじめろ!」

 名前は忘れたけど、我らが司令官の命令だ。
 俺は銃の先を、AIの群に向ける。
 掌から汗が滲み出るのが感じられる。
 手袋をしていてよかった。

 さあ、カウントダウンだ。
 5、
 4、
 3、
 2、
 1。

 「撃て!!!」

 合図にあわせて銃を放つ。出てくる弾は電気の弾。月の重力に逆らって、まっすぐと敵軍に飛んでいく。原理は、正直わからない。それはここにいる全員がそうだろう。それでも、俺たちは迷わずに引き金をひきまくる。AIたちも撃ちはじめた。月面に着弾する音が耳元をかする。
 それでも恐れてはならない。
 また新しい明日のために。

 全滅させたことを確認し、俺たちは基地に戻った。負傷者は何名かいた。俺もそのうちの一人だ。でも、他に死人がいなくてよかった。本当に、よかった。怪我人は、治療を受けるために安静にしていろ、と言われた。俺もそう。じっとしている。
 横で、ジャックが俺に呼びかけている。
 ただ、疲れて何を言ってるのか聞こえない。目を閉じた。
 手袋が邪魔で、最後の温もりを感じられなかった。

 あのさ。俺、自分のこの人生がすごく嫌いだったんだ。
 どうしてって、そりゃあ、ね。
 他の誰かのために、ずっと戦わなきゃいけなかったからさ。

Fighting for Whom

 Wake up! Wake up! Wake up! ......

 The monotonous sound drags everyone back from their sweet dreams. The room is all white. Not a stain to be seen. At first it meant pleasure, but now it's just creepy. I open the plain curtains and a pitch black screen appears. There is a round moss in a murky green, floating in the middle of it. How miserable the sight is.
 I washed my face. Shaved my growing beard. Combed my hair. I took out my uniform from the white drawer. It had become a bit tight for me.

 Even outside of the room, the white scenery just keeps on going. People who were awakened by the same sound is starting to flow out into the hallway. Most of them are wearing very simple clothes. They greet each other with a beaming face. I was able to see a few other people who wear the same uniform as me. Their expressions were hard as rock and they only nodded with their gaze. It was clear how they didn't like this uniform. It represented life and death as well as an unwanted authority.

 I went out to the plaza. There's no blue or green, nor yellow and brown. It is all covered in snow. The children aren't running around and making laughter. Instead, they are all sitting in one place. Staring at their game screens and mumbling about how to beat the game. The elderly people are just watching with silence. This represents peace to us now.

 "Hey! Ken!"

 As I was going around patrol, someone called me. I'm pretty sure his name was Zack or somewhat.

 Hi. Something the matter?
 "It's the old geezers. They're going to have another meeting."
 Hmm. I wonder what is there to talk about.
 "Ehh, it's just that they want us to hear their "stories" again."
 Oh well. Let's keep them happy then.

 We both went to the meeting room. Everyone else was already there. As we took our positions, one of the leaders stood in front. His shagged voice wasn't so pleasant to the ear. He kept on rambling about how the future of humanity is at stake, which is what he always says. We just nodded.

 After the meeting, we all went back to patrol. As for me, I went back to the plaza. There, I met an elderly person. She waved her hand, so I went to greet her.

 Hello miss. How are you?
 "I'm fine. Thank you for asking."
 That's good.

 She then looked outside. I was able to guess easily that she was looking at Earth. Her eyes were filled with sorrow. She then turned to me and said:
"I'm so sorry that you have to go through all of this. Even though it is our doing."

 I blinked. What did she say? She said sorry. She has lived the age when humanity had to move to the Moon. I was born after all of this happened. All of my life I have only met adults that were outraged towards the rebelling robots. I was sick of hearing those shouts when THEY were the ones who made the robots.

 Yes. It WAS their fault.
 Now. This person is saying sorry.
 But what. Does it make any difference?

 ...... Don't worry miss. We'll promise to protect you you all.

 I somehow managed to show a smile. The old lady smiled back with a hideous amount of wrinkles.

 Beep. Beep. Beep.
 Alert. Alert. Robots attacking.

 The next moment. The facility shook. Like an automatic system that has been carved into my hard disk, I shouted to the people to take cover. The elderly people were quick. But the children were confused. They are still not used to this situation. Me and Zack (who just happened to be there) carried them to the shelter room. The safest room in the facility, or so the authorities claimed.
 We moved to the machinery room, which is connected from the main facility by a corridor. As soon as we could, we wore our spacesuits and held our weapons. We turned on the switch, and we were ready to go. The engine on our suits growled and we flew out of the building. We were able to see the robots gliding towards us. We held our weapons tight.

 "Once they come in within 150 meters, the gunners shall start shooting!"

 I forgot his name, but the commander called out so.
 I pointed my gun towards the swarm.
 I felt sweat coming out of my palms.
 Lucky thing I have my gloves on.

 Five.
 Four.
 Three.
 Two.
 One.

 "Now!!!"

 According to the signal, we started shooting. The bullets were electrical balls. They ignored the gravity of the Moon, and honestly, I don't know how. In fact, I think most of us don't know how it works. But we just kept on pulling the trigger to save our lives. The robots were also shooting their weapons towards us. We could hear the sounds right next to our ears.
 But we mustn't fear.
 Or else we will have no tomorrow.

 After seeing that we have defeated them all, we went back. There were a few injuries, including mine. But no one else died. At least that was a good thing. The people who were injured were told to stay still. That was of course the same for me.
 Zack told me to stay firm.
 But I just closed my eyes out of fatigue.
 The gloves were in the way to feel the last warmth I could've felt.

 You know what. I really hated my life.
 Why? Because.
 All my life I've been fighting someone else's war.

誰かのために戦い

ディストピアジャンルをよく知らないまま書いた時のお話。お読みいただき、ありがとうございました。
I wrote this when I still didn't know about the dystopian genre very well. Thanks for reading until the end.

誰かのために戦い

過去の間違いから来るツケが、今の若者に回ってきた。そんな宇宙生活の中、今日も僕らは武器を構える。 The past mistake has come to haunt the young generation. Living in space, we take our weapons again for today.

  • 小説
  • 短編
  • アクション
  • SF
  • 青年向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted