変化を求める者たち

森悠希

  1. 変化を求める者たち
  2. The Rally of Rebellious Change

変化を求める者たち

 掟は変えられないもので、破ったらどうなるかなんて誰もがわかっていた。それでも、僕らはあえてこう言いたい。「掟は破るためにあるものだ」と。僕らの翼を捥ぎ取り、自らの国の未来を途絶えさせるようなバカバカしい掟なら、なおさらだ。

 掟は実にシンプルなものだった。だからこそ、余計につまらない。まずは甲高い鐘の音によって、僕らの長い一日がはじまる。起きたら、眠気覚ましに冷水で顔を洗い、泥と油に汗の匂いが染み付いた作業着に着替えるんだ。15歳以上の者(ちなみに僕はたしか、今年で18歳のはずだ)は、まだ幼い子たちを起こしに行かなければならない。まだ空が仄暗いときで、本当はそのままにしてあげたいところだ。そんな時間だから、ときどき泣き喚いたり、僕らを蹴ったりする子たちがいる。そうしている間、僕らは淡々と身支度を整えさせなければならない。もし、ちゃんとできなかったら、その日からもうお仕事がもらえなくなってしまうのだ。

 寮から出て少ししたところに、大きな大きな工場がある。僕ら若者は、全員そこで集合しなければならない。みんな同じ灰色の作業着をきていて、濁った瞳は地面に向けられている。息がしづらいのは、悪臭のせいだけではない。右からも、左からも、正面からも、背後からも、上空からでさえ、見られているのがわかる。黒くて冷たい目が、僕らの挙動を何一つ見逃すことなく、じっと見ているのだ。もはや、肺が貫かれるくらいに、じっと。そう、彼らはいわば番犬だ。誰かが「変」なことをしでかさないように監視しているんだ。彼らの仕事はそれだけじゃない。僕らが工場の中でしっかりと作業しているのか、それも見張るんだ。僕らに課された作業は、何に使われるのかわからない「製品」を一定の水準を達するように作ること。一列にならんで、黙々と部品を組み立てていく。もし、この水準に達せなかった場合は、何よりも過酷な仕事をこなさなければならなくなる。

 私言厳禁、公言も厳禁。読書やゲームなどのお遊戯も一切許されない。おやつすら食べられないんだ(これが一番ひどいルールさ)。そして、この国から一歩も出ることがあってはならない。これらすべて、すべてが母国に対する反逆行為として見なされる。生きる死者がはびこるだけの、僕らの母国に対するね。

 そんな中、僕を含めた若者数名で、定期的にこっそりと集まっていた。秘密の地下部屋があるのを偶然見つけたんだ(しかも、黒い番犬たちには知られていない)。集まってやることは情報交換と、ゴミ捨て場に置かれていた古い本やトランプを貸し合うこと。情報交換の内容は、主にライフハックやその日に起こった出来事。たとえば、僕がよく担当しているぽっちゃりした男の子を起こすには、まず朝ごはんだよと声をかけること。それだけで魔法がかかったようにあっさりと起きるんだ。おもしろくってしょうがない。これを共有しないという手はないだろう。

 そして、いつからだったか。僕らは、ここからどうやって出ようかひそひそと話し始めたんだ。この話題を始めたのは、若者番号10E790くん。なんでも小さいころ、まだ国の外に出ても大丈夫だったころ、よく「海外旅行」というものに行っていたらしい。今まで見た景色の説明をしたとき、僕らは想像を捗らせた。エメラルドグリーンが揺らめいて光る、果てしがない海。しだれ柳と共に、薫風になびく色鮮やかな花畑。爽快に晴れた青い空と、わたあめのようにふんわりと浮かぶ白い雲。(本当は、ただ「わた」のように、って言っていたのだけれど、僕はこっちの例えの方が気に入ってるんだ。)自然と僕たちは、自身の眼で、まだ知らない世界を見たいと望みはじめた。ゆるがない、完全な自由を。

 若者番号27990Bくん。彼は茶目っ気のある狡猾な人だ。ある日、「監視の穴が見つかった!」と言って興奮していた。なんでも、六時頃は番犬たちが夕飯にありついている時間らしい。それはつまり、建物の外には誰もいないということ。建物内はどうかというと、少数ながらも見回りに来る。けど、彼らは監視カメラに頼りがちで、よくサボっているらしい。抜け目のない27990Bくんは、カメラの死角を通る脱出ルートをすでに見つけていた。

ーーこれは、チャンスだ。

 思い立ったら吉日。僕らはまず、必要だと思うものを、各自で集めることにした。綺麗な着替えを一式、ゴミ捨て場で拾った役立ちそうな本を数冊。護身用に、作業で使う工具。そして食料……(お腹を空かせながら、一ヶ月かけて、保存がきく乾パンや水を貯蔵したんだ。仕事に集中するの、大変だったなあ)。
「一通り揃えたら、約束の日に、地下室で会おう。」
 10E790くんか、27990Bくんか。誰の声だったのかは、正直、あまり覚えていない。けど、きっと重要なことではないんだ。とにかく、出られるかもしれない。希望の光は眩しくて、僕の心を強く揺さぶった。

ーーそして、待ちに待った日が来る。

 じんわりと動悸がした。みんなの顔は、泥や煤がこびりついているにも関わらず、なんだかとても輝いているように見える。
 さて、もう一度おさらいをしよう。脱出ルート、列の順番、カメラの位置、荷物の確認。すべて把握、問題なし。
 気づけば、僕たちは円陣を組んでいた。これは、僕らの決意の表れ。両隣の肩の温もりが伝わってくる。僕も、他のみんなも、互いの肩を強く握った。
 あとは、時間になるまで待つだけ。

 一時間。
  三十分。
   十分。
    三十秒。
     十秒。
     五。
     四。
     三。
     二。
     一。

 列を乱さぬように、僕らはすらりぬらりと建物内を忍び歩いた。
 一瞬でも、足を緩めたり、目を休ませることは許されない。
 年長組の10E790くんと27990Bくんを筆頭に、カメラの死角をすり抜ける。
 番犬たちに気づかれることもなく、僕たちは外へと出られた。

 情報通り、建物の外には番犬が配置されている様子はなかった。
 でも、ぐずぐずしてはいけない。音を立てずに急がなきゃ。
 もうすぐだ。目の前に、この悪夢の境界である有刺鉄線がある。
 それを超えて、僕たちは、本当の境界線を探しに行くんだ。
 本当の境界線の先には、僕らが求めていた自由がある。

 さあ、あともう少し。
 あと数歩進むんだ。
 そうすれば、僕たちが望んでいる、本当の旅が始まる……!

ーーそう、思っていた。

The Rally of Rebellious Change

 The rules about this were set in stone, and we all knew the consequences for breaking them. But as we like to say, 'rules exist to be broken'. Especially ones that attempt to take away our wings and the possible growth of their own country.

 The rules were simple, therefore boring to us. With the shrilling sound of the bell, our long day starts. We wash our faces and change into our working clothes, which stinks of dirt, oil and sweat. Those over the age of fifteen (such as me who should be around eighteen this year) then have to wake up the younger ones, who shouldn't have to do so while the sky is still pale and gray. Sometimes they would wail and kick around, and our job is to get them changed while they are acting like that. If we can't, then we won't get any more jobs from then on.

 We all then go to a gigantic factory, where all of the young people are gathered. Everyone is wearing the same gray uniform, and their eyes, blankly looking down with no light in them. It is hard to breathe, but it is not solely because of the odor. If you look to your right, your left, your front, your back, and even above, you can see that there are eyes. Black and cold eyes staring at all of us, to the point you feel like your lungs are being pierced by their gaze. They are the watch dogs, making sure we don't do anything 'weird'. Their job is also to keep track of our job, which is standing in line and making these 'products' at a certain quality and quantity. If we can't clear these standards, there is a different job that is harder than any other waiting for us.

 We are not allowed to talk privately, nor in public. We are not allowed to read books or play games. We are not allowed to eat snacks (which is the worst thing ever). We are not allowed to go out of the country. All of this will be taken as betrayal towards our mother country, which is now just a land with living death wandering about.

 Some of us gathered secretly in an underground chamber that we found on coincidence (unknown to the black dogs). We would exchange information among ourselves and lend each other some old books or old card games which were thrown out in the trash. From a certain point, we started to whisper about how to leave this place. "#10E790", the young man that started this gathering started the topic. He told us stories of when he was little, he used to travel a lot overseas. It was amazing how he explained the scenery. The vast ocean that glimmers in emerald green, the colourful flower fields which waves in harmony with the swaying willow trees, the brilliant blue sky with white clouds that look fluffy as cotton candy (actually he said 'cotton', but I preferred it this way). We all wanted to see this with our very own eyes. We sought for absolute freedom.

 "#27990B", the sly and cunning one, found a hole in the surveillance. At six o'clock, while the dogs are munching on their supper, there is literally no one outside. Inside there are a few, but mostly, the cameras are the ones doing the job. #27990B found a route where we could hide from their view and go outside. It was our chance. We gathered our belongings (a set of clothes, our old books, and some food to fill our stomach during the trip, which took us about one month to stock up) and agreed to meet at the chamber on the promised day.

 It was finally happening. Everyone's face seemed to be shining, despite of the soot and dirt that was smudged onto their cheeks. We went through the plan once more, then we held our shoulders together as a sign of determination. Now, all we have to do is wait.

 One hour.
 Thirty minutes.
 Ten minutes.
 One minute.
 Thirty seconds.
 Ten seconds.
 Five.
 Four.
 Three.
 Two.
 One.

 We slithered though the building like a snake, bundled up into one line. Not one was allowed to rest their feet and eyes for a moment. With #10E790 and #27990B leading us, we went under the cameras and rushed though the dogs successfully.

 Outside of the building, there was indeed no sign of a dog being placed. But we mustn't linger around, make pace without sound. We were getting closer to the borderlines that would let us out of this nightmare. Then we would aim for the real borderlines that divides us from freedom. A few more steps. Then our real journey begins......

 Or so we thought it would.

変化を求める者たち

人生で初めてディストピアというジャンルを知り、初めて頑張って書いてみた掌編でした。英語が元で、日本語に訳しました。お読みいただき、ありがとうございました。
It was my very first attempt at writing a dystopian genre after learning about it. The original language is English, and I translated it to Japanese. Thanks for reading until the end.

変化を求める者たち

外の世界を見たいだけなのに、国の掟に縛られて出られない子供達が脱出を試みる。 They just want to see the outside world. So, the children attempt escape from their country.

  • 小説
  • 短編
  • アクション
  • サスペンス
  • 青年向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted